トップページ > はじめに > 黒笹さんインタビュー

黒笹慈幾さんインタビュー

黒笹さん

「釣りバカ」が選んだ、最高の「終の棲み家」。

黒笹慈幾さん(63)

2012年に移住。東京都出身。「南国生活技術研究所」代表。
食、教育、観光、マンガ分野のほか、新お遍路スタイルの提案などを通じ高知県の振興に貢献されている。

 いまや高知県のシルバー移住の代表選手となっているのが、今回動画の冒頭に登場する黒笹さんだ。もはや国民的なコミック作品となった『釣りバカ日誌』(やまさき十三・作、北見けんいち・画)の主人公「ハマちゃん」のモデルとなった方で、つまり日本を代表する本当の「釣りバカ」。そんな黒笹さんが、定年退職後の人生を謳歌するために選んだ移住先が高知県。
「釣り好き」でどこかに移住をと考えている方々にはグイっと高知への移住に心を揺れ動かされるに違いない。仕事もそっちのけ(!?)で「釣り」のことで頭がいっぱいだったハマちゃん、もとい黒笹さんが定年退職を機に、新たな人生のステージをどのように考え、高知へ移住することに至ったのかを探った。

高知は「日本語の通じる外国」だ

 小学生の頃から夏休みになるとひとりでブルートレインに乗って、お母さんの生家があった広島の山奥で川釣りを楽しんでいたという黒笹さん。大人になっても釣り好きの虫は収まらず、就職先である小学館でもその釣りバカぶりは有名だったという。そんな黒笹さんを見ていた当時の上司が、釣り好きのダメサラリーマンを主人公にしたコミック作品が作れるのではないかと思いつき、初代担当者として黒笹さんを指名し、生まれたのが『釣りバカ日誌』だった。原作のやまさき十三さんとは取材を口実によく釣りに行ったというから何とうらやましい!さらにその後、創刊に関わったアウトドア雑誌BE-PALの編集部員として、日本各地の山や川、海を取材しながら、ポスト会社人生を過ごすのに適した移住先を物色していたらしい。最後に福岡と高知が候補地に残り、知り合いの多かった高知を選んだのだという。

「高知にした理由は100でも200でもあげられるよ。でも、いい釣り場がすぐ近くにあることは最優先事項だった。高知に住んでいれば、車や、バイクや自転車でもちょっと走れば短時間でいい釣り場に行くことができる。高知家の人は、これがあたりまえだと思っているかもしれないけど、県外の釣り好きから見ればこれはもう、釣り天国そのものだよ」

 また、黒笹さんは「高知は、文化も生活習慣も社会規範さえも自分が生まれ育った東京とは微妙に違う。まるで日本語が通じる外国のようだと思った」と告白してくれた。
「たとえば、宴会に時間通りに行くと、早めに来た人たちがもう飲んでいるし、ときには料理もつついたりしてる。となりで飲んでる人が次々にめまぐるしく入れ替わるので、名刺の名前と顔がなかなか一致しない。高知では、たぶん先に集まった人たちから飲み始めていいという社会の暗黙のルールがあるんだね、約束の時間より少し早めに行かないと損をするということに気づいた」と笑う。
 そういった「社会規範のゆるさ」みたいなものが、いままで何事にもきちっとしないと許されない都会のルールの中で人生の大半を過ごしてきた身には、かえって心地よいと感じたという。つまり、高知県なりの社会のルールや常識みたいなものが、人生の後半戦を生きる黒笹さんには皮肉にもマッチしたということのようだ。
「だだね、ぼくのこういう感覚は、あくまでも少数派の見方だからね。合う人には合うし、合わない人にはどこまでも合わないと思うよ、高知のこの部分は…」

黒笹さん
秋の浦戸湾の「乗っ込み」のキビレチヌ
珈琲好きの黒笹さん、ご自宅で実生の珈琲の木も栽培中
自宅の天井にはびっしりつり竿が。竹竿の中には室戸産の竹もある。
高知県でいちばん東の川、野根川の大アマゴ。西洋毛鉤釣りで釣ったもの。

「移住=田舎暮らし」のパターンにこだわらない

 BE-PALの仕事で全国を飛び回ったことが、結果的に移住先を決めるための下見にもなっていたと話す黒笹さんだが、「田舎暮らし」そのものがしたかったわけではない。「いい釣り場が程よい距離で配置されている」地方都市はどこか、というのが移住先を決める上でのポイントだった。いきなり田舎へ移住していままでの快適な都市型ライフスタイルを手放すつもりもなかったし、地域コミュニティの強いところにムリヤリ入り込むことも考えなかった。だから県庁所在地で、都会並みの都市機能が備わっているスモールシティ・高知市を選んだ。
「大都市から直行でカントリーサイドに移住というのはハードルが高いでしょ。いきなり田舎すぎるところに移らずに、まずはワンクッション、都市機能が整っている町に住んで、それからゆっくりいろいろな場所を見て、泊まって、その結果そのまま町に住んでもいいし、もっと田舎に住めるという自信ができたら、充分に準備して移ればいい」
 とこれから移住を考えている人たちにメッセージを送る。最後に、「移住については一人で決めたらぜったいにダメ!」と強調する。奥さんや子どもの賛成あるいは理解も重要なポイントとなる。奥さんにとっては心を許せる親しい友人の存在や、買い物の利便性が重要だし、子どもにとっては教育環境が重要な要素になる。そういうこともあわせて検討しながら移住先を決めなければならない。「いっときの勢いや思い込みだけで判断せず、じっくり慌てず無理をせず、移住先を選ぶべし」とアドバイスをくださった

「釣り霊場88カ所」めぐり

 いま、黒笹さんが作家の夢枕獏さんと一緒に出演している釣り番組「釣りバク日誌」で展開しているのが、お遍路さんたちがめぐる四国霊場88箇所に倣った「四国釣り霊場88箇所めぐり」だ。四国中の気に入った海や川や防波堤で釣りをしながらその場所を地図上に落として、勝手に釣りの札所に指定していくという「お大師さまに叱られちゃう勝手で壮大な(黒笹さん談)」プロジェクト。その第一番札所となったのが、今回取材をさせていただいた夜須港の防波堤だった。
 大手出版社で複数のライフスタイル雑誌の編集長を歴任した黒笹さんが、ハッピーリタイアメントの手段として高知への「シルバー移住」を選んだ。その経緯を語るときの表情には、それなりの覚悟と凄みがにじむ。しかし、ひとたび釣りの話になると黒笹さんの顔は上下ひっくり返って小学生のようなさわやかな笑顔に変わるのだった。

黒笹さん

 移住は。結婚にとても似ている。
 ともに人生の重大な決断である。
 その場所が「好き」だけで判断してはいけない。
 良いも、悪いもぜんぶ含めてその場所を「愛せる」かどうか。
 それが「YES!」ならば迷わず「GO!」だ。

はじめにに戻る

吉冨慎作さんのインタビューへ

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください。

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

高知県庁 産業振興推進部 移住促進課 移住・交流コンシェルジュ

【高知・相談窓口】

平日 8:30 ~ 17:15
住所:〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2-20 高知県庁 3階
TEL:088-823-9336/FAX:088-823-9258

土日祝 8:30 ~ 17:15
高知駅前「とさてらす」 TEL:080-1999-8050

【東京・相談窓口】
【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 6階
火~日 10:00 ~ 18:00
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月のみ】高知県アンテナショップ「まるごと高知」地下1階
月のみ 10:30 ~ 19:30
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417/080-1999-8050
※事前予約制 詳細はこちら

【大阪・出張相談窓口】
大阪ふるさと暮らし情報センター シティプラザ大阪 1階
毎月第4金・土曜日 11:00 ~ 17:00
住所:〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪 1階
ご予約・お問合TEL:088-823-9336
※事前予約制 詳細はこちら

E-MAIL(共通):iju@ken3.pref.kochi.lg.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【その他の相談窓口】

◇ 東京事務所 TEL: 03-6273-4626
◇ 大阪事務所 TEL: 06-6244-4351
◇ 名古屋事務所 TEL: 052-251-0540

移住・交流コンシェルジュについて

高知で暮らし隊 会員大募集 あなたのUJIターンを全力でサポートする7つの入会特典付き会員登録キャンペーン実施中。入会登録はこちらから!

  • まずはご相談を。移住コンシェルジュ
  • 高知家ホームパーティ(移住相談会情報)
  • 高知家で暮らす。メールマガジン配信中!ご登録はこちらから