高知大学医学部附属病院との電子カルテ相互参照を始めます。

公開日 2017年12月01日

 あき総合病院では、高知大学医学部附属病院との間で、四国内では初めてとなる電子カルテの相互参照システムを構築しました。
 相互に医療情報を共有することにより、詳細な診療情報を迅速、正確に得られることから、紹介、転院後の治療をシームレスに行うことが可能となるなど、より質の高い医療の提供に繋がることが期待されます。
 なお、運用開始は個別に同意を得られた患者さんを対象に、平成30年1月4日を予定しております。

相互参照調印式
H29.11.29 電子カルテ相互参照協定締結式
横山彰仁高知大学医学部附属病院長(左)と前田博教あき総合病院長(右)