ようこそ知事室へ

平成26年仕事納め式での知事あいさつ

公開日 2014年12月30日

平成26年仕事納め式での知事あいさつ

平成26年12月26日(金曜日) 正庁ホール

【動画】知事あいさつ

 県庁職員の皆様、平成26年、この1年間大変お疲れさまでございました。皆様には本当に大変頑張っていただきまして、大変忙しかったですけれども、その分、充実感を味わうことができた、一定成果も収めることのできた、そういう1年ではなかったかなと思っております。正直、大変忙しく、なかなか厳しい局面もありました。多くの皆様、大変ご苦労をされたことと思いますけれども、それぞれ鋭意工夫をこらしてくださいまして、そして一生懸命努力をしていただきまして、一つ一つ成果を挙げてきた、そういう1年ではなかったかなと思います。


 この1年間を振り返ってみますと、大きく言いますと3つに分類されるのかなと思っています。1つ目が5つの基本政策をはじめとしました諸課題への対応ということになります。平成26年度のさまざまな諸施策と言いますのは、平成24年度、25年度までの取組の成果の上に立って、いろんな形でバージョンアップした取組が多くございます。産業振興計画にいたしましても、かなり大型の施策が展開されていこうとしています。これは長寿県構想しかり、南海トラフ地震対策しかり、インフラ整備しかり、教育振興のための取組しかり、全てであります。また、中山間、少子化対策、女性の活躍促進、これについても言えることだと思います。それぞれにつきまして、皆様がしっかりと5W1Hを定め、PDCAサイクルを回していただいて、時にうまくいかない時も何とか成果を求めて頑張っていただいた、そういう取組をしていただいたおかげで、いわば県民の皆様に対して誠意を持って頑張っていただいたおかげで、それぞれ成果が出てきているのかなと思っています。移住促進もその前の年の2倍になった。その前年と比べても、現在も上回りまして推移していると。地産外商の取組も大体同じぐらいで推移をしている状況にあります。これはほんの一例でありますけれども、皆々様方に頑張っていただいている表れであろうかなと思っているところです。ただ、やはり非常に厳しい状況に変わりはありませんし、また残念なこともいろいろございます。引き続き、皆様とともに来年、努力を重ねていかせていただければなと思います。


 振り返りますことの2点目。今年は非常に災害の多い年でありました。特に8月、よさこい祭りの時に台風が来ると。さらに鏡川、鏡ダムの操作を手動でマニュアル外の対応をするというのを、本当に何十年振りぐらいの事態でありました。これに象徴されますように、本当に皆様方、大変ご苦労があられたことと思います。土佐弁で言うところの「ぞうをもむ」という言葉がぴったりだと思った日々が続いたわけでございました。そして、その後の復旧・復興対応、それぞれ現地事務所の皆さんを含め、大変お忙しかったことと思いますが、そしてまだ引き続きその取組が続いているわけでありますが、それぞれ皆さん方、大変頑張っていただきました。本当に心からお疲れさまでございました。申しわけないと思っております。南海トラフ地震対策をはじめ、災害対応に終わりはありません。今年大変苦労した分、ここで培ったノウハウを生かして、さらなる取組を来年以降進めていきたいと考えますので、よろしくお願い申し上げます。


 そして、振り返ったところの3点目ということになりますが、今年は国に対する政策提言なども従前以上に活発に展開をした年であったかなと思います。一つは我々として蓄積したノウハウが大きくなってきたということがあります。そしてもう一つは、地方創生、少子化対策という形で、私どもが取り組んできたことがまさに国全体のアジェンダとなってきたということもあろうかと思います。課題先進県だからこそ、課題解決の先進県となって我々が得たノウハウを全国に示して、全国を我々の味方につけるということで取組を進めてまいりましたが、まさにそういう形になってきた1年であったかなと思います。私もどれだけ東京へ行ったか分からんというぐらい行きました。でも、私は行って提言してくるわけですが、それに併せて皆さんは、たっぷりいろんな準備をしてくださったということかと思います。前後左右、いろんな意味で忙しかっただろうなと思いますが、本当に皆さん頑張っていただきました。おかげで、今度総合戦略が新しく出ますが、高知県から提言した言葉がたくさん載っています。全国移住促進センター、小さな拠点、これはほんの一例でありますけども、そういう言葉がたくさん盛り込まれているようになってきています。CLTは当たり前になりつつある。素晴らしいことだと思っています。本当に皆さん大変に頑張っていただきましたこと、本当に心からお礼を申し上げたいと思います。


 大きな形での打ち込みが今年成功したと思っています。来年以降、より細かい制度設計において本県に力を呼び込んでくるための取組をしていかなくてはならんなと思っているところでございます。また、ぜひよろしくお願いをいたします。その他、とさでん交通の発足でありますとか、本当に大きな事案の多い、大変忙しい1年間でございました。皆様、本当に心から私からもお礼申し上げたいと思いますし、そしてお疲れさまでございましたと申し上げたいと思います。


 明日からは9連休ということでございますので、大いに皆様お休みいただきたいと思います。去年も言いましたけど、そんなこと言ってもあなたが宿題出すので全部は休めないという人もいるかもしれません。ちょっとお許しをいただきたいと思います。私もできる限り、9連休全部というわけにはいかないんですけど、できる限り休んで家族ともゆっくりしたいと思っているところであります。年明けいきなり忙しくなりますので、その分も含めぜひ大いに英気を養っていただきたいと思います。


 本当に皆さん、今年1年大変ありがとうございました。良き年をお迎えくださいませ。そしてまた新年、県勢浮揚に向けまして、ともに頑張らせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いをいたします。本当に、今年1年どうもありがとうございました。

 

高知県 総務部 秘書課

住所:〒780-8570 高知市丸ノ内1-2-20

電話:088-823-9151 ファックス:088-824-7745

メール:110101@ken.pref.kochi.lg.jp