記者配布資料(教育記者向け)

行事概要書(No.00036401)

公開日 2017年06月22日

  • 行事名
    Beaconを活用したスマホ向け図書館アプリ「びーこん館」の実証実験の開始
  • 日時
    2017年6月23日 9時00分
  • 場所
    高知県立図書館
  • 知事の出席
  • 副知事の出席
  • 取材ポイント
    1 高知工業高等専門学校の研究に協力し、Beaconを活用したアプリの実験を行います。
    2 Androidを搭載したスマホをお持ちの方は、どなたでも実験に参加できます。
    3 読書通帳機能や返却期限のお知らせ機能など実用的な機能も搭載しています。
    4 上記の機能を組み合わせたビーコンを活用する図書館向けアプリは、全国で初めてとなります。
  • 内容
    行事名
     Beaconを活用したスマホ向け図書館アプリ「びーこん館」の実証実験の開始
    
    日時
     平成29年6月23日(金)9時~
     (同日の15時~17時に、高知工業高等専門学校の今井一雅 教授と
      アプリ開発者の学生の方が高知県立図書館にて待機いたします。
      取材される場合はその時間でのご来訪をお勧めいたします。)
    
    場所
     高知県立図書館
    
    概要・機能
     Android向け図書館活用アプリケーション「びーこん館」
      高知県立図書館の
      ・資料の検索
      ・検索した資料付近への誘導(2F開架書架のみ)
      ・読書通帳
      ・借りている資料の返却期限日のプッシュ通知(返却期限お知らせ)
      などの機能があります。
    
     ※読書通帳や返却期限お知らせ機能を使うには、
      高知県立図書館・高知市民図書館共通利用カードを持ち、
      インターネットサービスのパスワード発行を受けている必要があります。
     ※実証実験期間中は、アンケートを除いた情報(借りた本の履歴等)は
      スマホアプリ内にのみ記録され、外部のサーバへの保存は行いません。
    
    説明
     高知工業高等専門学校 今井研究室(今井一雅 教授・同校図書館長)では研究の一環としてBeacon(BLE(Bluetooth Low Energy)を用いた発信機)を活用したスマホアプリの開発を行っており、高知県立図書館では2015年度から開発に協力してきました。
    
     その研究の成果として、Beaconを活用した図書館アプリ「びーこん館」が完成し、平成29年6月23日から、平成29年12月までの期間で高知県立図書館において実証実験を行うこととなりました。
    
     主な機能としては高知県立図書館の資料の検索や、検索した資料の近くへの誘導(同館2F開架書架のみ)、資料を借りた際の履歴を残せる読書通帳機能や、借りている資料の返却期限日のプッシュ通知などの機能があります。
    
    利用にあたって
     ○利用は無料です
     ○Google Playからダウンロードできます
     ○Androidのバージョン4.4以上が必要です
     ○アプリの全機能を使うには、Bluetoothが搭載されている必要があります
     ○アプリの動作は保証できません、アプリに起因する障害についても責を負いません
     ○iPhone等、iOSで動作する端末への対応は未定です
    
    他事例
     国内の図書館におけるBeacon活用事例としては、2014年に株式会社カーリルと名古屋大学附属図書館の実証実験、2016年の株式会社カーリルと鯖江市図書館の「さばとマップ」、共立女子大学がエム・ソフトと共同開発した専用アプリ「リブコモ!」での事例があります。
    
    備考
     オーテピアでの活用については、実証実験の状況等をふまえ、今後検討します。
    
    別紙・・・びーこん館ちらし(今井研究室 作成)
    
    アプリについての問い合わせ先
     高知工業高等専門学校 今井研究室
      〒783-8508 高知県南国市物部乙200-1
      TEL(研究室直通): 088-864-5552
    
Kouchike_logo_g1 Manabinohi
担当課:図書館
係・担当者:上岡 真土
電話:088-872-6307