記者配布資料(教育記者向け)

行事概要書(No.00037648)

公開日 2017年11月10日

Manabinohi
  • 行事名
    だしで味わう和食の日
  • 日時
    2017年11月17日 10時45分~12時55分
  • 場所
    芸西村立芸西小学校
  • 知事の出席
  • 副知事の出席
  • 取材ポイント
    ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化の保護・伝承の推進のため、11月24日「和食の日」を中心に、全国の保育所、学校等で「だしで味わう和食の日」を企画実施します。(主催:一般社団法人和食文化国民会議)
    平成28年度より高知県内でも実施を呼びかけており、今年度は小・中学校89校、県立特別支援学校8校、幼稚園・保育所65園、計162校・園が参加し、11月24日和食の日(または11月中の任意の日)の給食を和食給食にし、だしが感じられる汁ものとして「すまし汁」を提供します。和食の味わいの中で最も重要である「だし」、日本が世界に誇る第五の味覚であるうま味を、子どもたちが実感し、和食文化への興味を持つきっかけ作りをします。
    今回は、11月17日に「和食(わじき)」駅のある芸西小学校において、和食給食の実施と合わせ、「和食」の講話、「土佐料理司」の総料理長による「みそ汁作り」の出前授業を実施します。
  • 内容
    11月17日(金)
    10:45 3校時  「和食」の講話(和食文化国民会議)
    11:40 4校時  「みそ汁づくり」(土佐料理司の総料理長による出前授業)
    12:25 給食時間(ランチルームで全校一斉に給食を食べる)
          【献立】むぎごはん、牛乳、なすと鶏肉の揚げ煮、
               ピーマンともやしのおひたし、すまし汁、山北みかん
               ※芸西村の地場産物を使った和食給食
    12:55 給食時間終了
    
担当課:保健体育課
係・担当者:大原 佐知
電話:088-821-4751