先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:学校事務)

試験区分:学校事務(平成27年度採用)
所属:越知町立越知小学校
異動歴:四万十町立北ノ川中学校→現所属

学校事務の仕事風景

1. 現在の担当業務を教えてください。

 学校の教育目標を達成するために、「人」「お金」「物」「情報」の業務を中心に児童や先生方の教育活動を支える仕事をしています。

「人」・・・教職員の休暇や校外勤務等の服務の処理、児童の入学・卒業・転出入等の学籍処理

「お金」・・・学校予算の管理、学級会計の処理、職員の給与や旅費、児童の就学援助

「物」・・・物品の購入、機器の簡易な保守・修繕、施設の管理、児童の使用する教科書の手続き「情報」・・・電話対応、文書やメールの管理、HP管理、各種調査物の対応

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 大学卒業後、一度は地元の市役所に行政職として就職しましたが、中山間地域に関する業務を担当する中で、子供の成長を直に感じ、それを支える事ができる学校現場で働きたいと思うようになりました。学校現場で、様々な面から教育活動を支え、学校運営にかかわることができることに加え、自分が行政職として働いた経験も活かすことができると思い、学校事務を志望しました。

3. 採用前のイメージと採用後のイメージは違いましたか?

 公務員としての職責は自覚していましたが、各校に一人配置の『一人職場』であることが多いため、採用時や異動後、学校に赴任したその日から即戦力としての実力が求められること、また、自分の仕事の滞りは、学校の停滞や所属する教員・児童生徒の不利益を招きかねず、その職責の重さは想像以上のものがありました。
 他の面では、学校行事で子どもたちと一緒に活動をしたり、休み時間等にサッカーや一輪車の練習をしたり、思った以上に児童生徒とかかわる時間がたくさんあり、子どもたちの成長に関わることができる面白さを感じています。

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

 学校で子どもたちが未来に向かって懸命に頑張って成長していく姿を見られることはやりがいを超え、純粋に生きがいにつながっています。
 日々の授業や学校行事等、学校で過ごす1日1日の中に、子どもたち一人ひとりの成長があります。事務職員の業務を通じて、子どもたちの成長を支える仕事ができるよう日々業務に取り組むことで、やりがいが得られるものと感じています。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

 どんな仕事でも、自分で法令、条例、規則等を調べて答えを導き出すことを念頭において、それでも解決できない時は、管理職や近隣校の先輩等に相談しています。特に、事例のないケース等は、個人の判断で対応するのではなく、「報・連・相」を確実に行い、組織として対応策を考えることが重要だと思います。
 また、学校によって課題等も様々なため、実際に自校の授業を見学する等、学校を歩いて回って、学校のために自分でできることを考え続けることが、各校の課題解決につながると感じています。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 公立小中学校の学校事務職員は、一人職場であることが多く、責任は重い面もありますが、自分が仕事に向き合って踏み込んだ分だけ成果もあり、やりがいも大きくなります。時には、失敗したり、壁にぶつかったり、悩むこともありますが、同じ校舎で、未来に向かって懸命に成長している子どもたちの姿を見ていると、前に進む力をもらえます。
 学校事務は、子どもの成長に直に触れながら、自分も成長できる職場だと思います。みなさんと一緒に、高知県の未来を担う子どもたちの成長を支えることができる日を楽しみにしています。