先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:警察事務)

試験区分:警察事務(平成22年度採用)
所属:警察本部警務部
採用時配属先:南国警察署

警察事務の仕事風景

1. 現在の担当業務を教えてください。

 職員の各種手当に関することや、健康管理・福利厚生など、多岐にわたった事務業務です。

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 私は、学生の時に吹奏楽部だったこともあり、警察音楽隊に入隊したいと思ったのがきっかけでした。また、警察官の仕事をサポートするというのもかっこいいと思い、警察事務を志望しました。

3. 採用前のイメージと採用後のイメージは違いましたか?

 採用前は、警察事務の仕事は警察官の仕事をサポートすることだと思っていました。しかし、実際には、警察官のサポートではなく、警察官とは違う立場で業務をしています。裏方としてではなく、警察官とは別の視点で警察組織を支えているような感覚に変わりました。 

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

 健康管理、福利厚生、各種手当てに関する業務等を通じて、警察活動を効率的・合理的にサポートする活動は、派手ではありませんが、組織を陰ながら支援することには喜びを感じています。
 採用当初から音楽隊員を兼務しているのですが、派遣先で「楽しかった。」「また来てほしい。」などの声をいただく度に、音楽隊が「県民と警察を結ぶ音の架け橋」となっていることを実感し、うれしく思います。
 年に一度、四国4県の警察音楽隊による演奏会があるのですが、毎年格別な達成感と感動があります。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

 常日頃、「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」は意識しています。一人で解決できることには限りがあるので、失敗したときこそ、先輩や上司に頼る勇気が大事だと思います。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 警察組織は何かと堅いイメージを持たれがちだと思うのですが、職場は明るく風通しが良いため、やりがいを持って楽しく仕事ができています。誇りと使命を持って、警察職員として一緒に働いてみませんか?