先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:林業)

試験区分:林業(平成27年度採用)
所属:林業環境政策課
異動歴:中央西林業事務所→現所属

林業職の仕事風景

1. 現在の担当業務を教えてください。

 私は現在、林業環境政策課で「環境先進企業との協働の森づくり事業」という、企業・団体、市町村、高知県の三者による森林の再生と地域との交流を目的とした業務を担当しています。
 企業・団体からいただいた協賛金で、市町村は手入れの行き届いていない森林の整備と、間伐体験等を通じた交流の場を提供します。私は企業・団体と市町村の総合調整やHPでの情報発信、年に1回企業・団体が一堂に会す場として開催される県主催の協働の森フォーラムの運営準備等を行っています。

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 就職について考えた時、「高校・大学で学んでいた林業に関係する仕事」かつ「生まれ育った高知県に貢献したい」という2点を満たしている仕事を探している中で、高知県庁の林業振興・環境部が理想だと考え志望しました。

3. 採用前のイメージと採用後のイメージは違いましたか?

 採用前は机に座りっぱなしでずっとデスクワークをしているというイメージを強く持っていました。実際にそういうところもありますが、以前の職場は工事現場に行くことがメインであり、現在は企業・団体の訪問や間伐体験に参加する等、外に出て足を使う仕事も多くあるということが、良い意味で一番イメージと異なりました。
 また、職員に対しては正直お堅いというイメージがありましたが、目上の人でも丁寧な対応をしてくださる方や気さくな人ばかりで職員一人一人が働きやすい環境作りを目指しているように感じます。

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

 以前は林業振興・環境部の出先機関である、高知県中央西林業事務所にて森林土木に関する業務に従事しており、主に渓流の浸食防止や山脚(ふもと)の固定、土砂の流出防止等の目的で作られる治山ダムの設計・監督業務を担当していました。
 学生時代は林学に関して学んでいた私ですが、測量の講義が苦手だったこともあり、担当する設計・監督業務に苦手意識を持っていました。しかし、上司や同僚に恵まれ、多くの助言やサポートを受けながら構造物が完成した時はとてもやりがいを感じると同時に森林土木に関する業務の奥深さを感じました。

5. 仕事上で困ったら、どうやって解決しましたか?

 森林土木の業務では多くの専門用語が用いられ、指示内容が分からないところからのスタートでした。分からないことだらけのなか、上司・同僚の助けを借りながら言葉の意味や業務内容について調べたり、同僚の現場に同行し、分からないことを積極的に質問したりすることで知識を深めました。また、設計するうえで考慮すべき地形などの現場条件で困ったときは、上司が親身になって話を聞いてくれ、指示を出してくれました。現在の職場でもそうですが、困った時は一人で抱え込むのではなく、周囲の協力を得ながら業務を遂行することが大事だと感じています。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 高知県は全国一の森林率を誇る森林県です。また、人工林が伐採適齢期に達していることや木質バイオマスの利用拡大、CLT(直交集成材)の普及促進等の林業振興に向けた流れが来ているところです。林学を学んでいる方や、興味のある方は高知県職員としてぜひ一緒に林業を盛り上げていきましょう。