先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:水産)

試験区分:水産(平成27年度採用)
所属:宿毛漁業指導所
異動歴:なし

水産職の仕事風景

1. 現在の担当業務を教えてください。

 宿毛市・大月町で水産業普及指導業務をしています。当所は全職員3名の少人数の職場なので、全業務に主担当・副担当として携わっています。主担当業務は、加工場への衛生指導、養殖振興や養殖魚・加工品の販促活動等で、副担当業務では、赤潮・貝毒調査、漁村女性部の活動支援、魚食普及や藻場造成等をしています。

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 私は、幼い頃から地元の土佐清水市で漁師をしている祖父母の家で過ごすことが多く、漁の準備をする祖父母や市場に水揚げされる様々な魚に触れて育ちました。そのため、漁業や水産業に興味を抱き、大学では水産を専攻しました。大学で学ぶにつれ、水産関係の職に就きたいと考えていましたが、祖父から「水産関係だけはやめておけ。」と言われ、漁師である祖父や叔父の影響を受け、水産関係への就職を考えていた私は衝撃を受けました。その時、漁業や水産業に携わっている人々が笑って「良い仕事」と言えるようにしたいと思い、県の水産職を志望しました。

3. 採用前のイメージと採用後のイメージは違いましたか?

 県を受験する前に、当時の土佐清水漁業指導所の方にお話を聞く機会があったため、採用前後でイメージに差はありませんでした。ただ、私は漁業というと地元の土佐清水市で主流の釣り漁業のイメージが強かったのですが、現在の勤務地では「まき網漁業」や「養殖業」が主体漁業であったため、一口に漁業といっても様々な種類があることを知りました。そのため、採用前後で漁業へのイメージは大きく異なりました。

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

 関係者の方々から感謝されたり、誉めていただいたりした時にやりがいを感じます。私は現在、衛生管理認証などの取得支援や管内水産物の販売促進などに取り組んでいますが、共に取組む加工場や漁協の方から「いつもありがとう。」や「毎日大変やけど頑張ってよ。」などと声をかけてもらう度、「取り組んで良かった。この人たちのためにももっと頑張ろう。」と思います。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

 新規採用職員が一人で悩んでいても物事を解決するのは難しいので、様々な方に相談して助言をいただきます。例えば、事業の手続きや過去の事例などの行政に関することは先輩や上司などに、漁業や水産物についての知見を得たい時は水産試験場などの研究機関や漁協職員の方などに相談しています。また、管内の現状や他地域の情報収集などは、漁協職員、漁業者、仲買人・流通業者や市町村など、様々な方々に助けていただいています。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 指導所の業務は、漁に同行するなど一般的にイメージする公務員らしくない業務が多いですが、より現場に沿った仕事ができます。女性部の方とすり身天を作ったり、漁協職員の方と販売促進したり、漁師さんと飲み会したりと地域の方々と交流したい人や地域に密着した仕事がしたい人に向いている仕事だと思います。
 高知県の水産業を元気にしたい方、漁業の現場に密着した仕事がしたい方、ぜひ水産振興部に来てください。