室戸海洋深層水について

室戸海洋深層水とは

地球規模の海水大循環(Brockersら 1985より)地球規模の海水大循環(Brockersら 1985より)

海洋深層水とは、深海すなわち陸棚外縁部より深いところ、およそ水深200~300メートル以深にある海水のことです。 海洋深層水の代表格は、北大西洋のグリーンランド沖合で冷やされた海水が深層へ潜り込み、南極を回って北上するものが有名です。 太平洋で表層へ出た流れが、インド洋、大西洋へと流れていき、北大西洋にもどってまた潜り込む、という大循環が海洋では起きているといわれています。これは片道2000年の旅といわれていますが、この海洋深層水を恒常的に汲み上げている施設はありません。

室戸海洋深層水は、この大循環とは別の流れで、太平洋の北部(オホーツク、アラスカ付近)から深層へ潜り込み、北太平洋の中層(水深約1000メートル)を時計回りにまわり、東経120度、北緯20度付近から日本へ向かって北上する「北太平洋中層水」と呼ばれる海水が起源であると考えられています。 室戸海洋深層水の研究は、1985年に科学技術庁(現文部科学省)のアクアマリン計画「海洋深層水資源の有効利用技術に関する研究」のモデル海域に室戸岬海域が指定されたことから始まりました。 1989年には、我が国初の陸上での海洋深層水取水施設、高知県海洋深層水研究所が開設されました。

高知県海洋深層水研究所・地図高知県海洋深層水研究所・地図
高知県海洋深層水研究所・外観高知県海洋深層水研究所・外観
高知県海洋深層水研究所内
高知県海洋深層水研究所内
高知県海洋深層水研究所内

なぜ室戸?

湧昇流湧昇流

室戸岬の東側には、南西から北東に流れる海流があります。室戸は陸から急に水深が深くなっており、この壁に深層からの海流が当たり昇ってきます。こういった流れを「湧昇流」といいます。

こうした湧昇域は、全世界の海域で0.1%しか存在しないのに対し、そこでの漁獲量は全漁獲量の3分の2を占めるといわれています。

栄養分が深層から湧き上がることで非常によい漁場になっており、室戸岬の東側では古くから定置網漁が盛んです。

ブリ、マグロ、さらにはクジラまでもが現れるのは、湧昇により豊富な栄養分が得られ、プランクトンから小型、そして大型の魚というように食物連鎖を呼ぶ海域だからというわけです。

室戸岬周辺の漁師は、この湧昇流のことを昔から経験的に知っていたそうです。

海洋深層水は、もともとは水産利用を前提とした研究から始まっています。

室戸が研究対象に選ばれたのは、海底地形的な条件、湧昇域があることとあわせて、室戸岬が歴史的に漁業が盛んであったことも研究のために最適な条件であったからです。