南海トラフ地震

想定される被害と対策を進めることによる減災効果

1)想定される被害

最大クラスの地震・津波が発生すれば、死者数約4万2千人、全壊・焼失建 物棟数約15万3千棟といった甚大な被害が想定されますが、事前に備えてお けば被害は大きく減らすことができます。

人的・物的被害の想定(H25.5 高知県公表) 人的被害(死者数)が最大となるケースで想定

想定される主な被害

全壊・焼失建物棟数 約153,000棟
負傷者数 約36,000人(うち重傷者数約20,000)人
死者数 約42,000人
断水人口 約575,000人(給水人口の約82%)
停電軒数 約521,000軒(停電率約99%)
避難者数 約438,000人

全壊・焼失建物棟数の内訳

液状化 約1,100棟
揺れ 約80,000棟
急傾斜地崩壊 約710棟
津波 約66,000棟
火災 約5,500棟
合計 約153,000棟

地震・津波の設定

  • 揺れ:陸側ケース(高知県の直下で強い揺れが発生するケース)
  • 津波:ケース④(四国沖で大きな津波が発生するケース)

負傷者・死者数の内訳

  負傷者数 死者数
建物倒壊 約33,000人 約5,200人
急傾斜地崩壊 約140人 約110人
津波 約2,900人 約36,000人
火災 約300人 約500人
合計 約36,000人 約42,000人

時間・条件の設定

  • 時間帯:冬深夜
  • 住宅の耐震化率:74%
  • 津波早期避難率:20%

6)対策を進めることによる減災効果

減災効果