我が家で

非常持ち出し品と備蓄品の準備

南海トラフ地震を生き抜くために備えるべきことはたくさんありますが、まずはすぐにできることから始 めましょう。

Q. 「非常持ち出し品」ってなに?

A.地震の後、安全に避難するために必要最低限、持ち出すものです。
地震が起こった時、できるだけ身軽に避難できるようにするため、持ち出し品は避難に必要な物品や 貴重品に限りましょう。非常持ち出し品は袋に入れ、逃げ出す時の通り道、目につくところ、寝室の 枕元などに置いておきましょう。

非常持ち出し品

Q. 「備蓄品」ってなに?

A.地震の後、ライフライン(電気、水道、ガス)が止まったときに備えて家などに蓄えておくものです。
地震が起きた直後は、水、食料、日常生活用品もすぐには入手できません。救援活動が受けられるま での間の水や食料などを各家庭で蓄えておく必要があります。3日分以上の備蓄は必要!

備蓄品

参考図書:「家族を守る、あなたを守る わが家の防災対策」東京都葛飾福祉工場編

Q. 被災後の生活に役立つ品は?

生活用品

A.
生理用品
ラップ、使い捨てカイロ、筆記用具(油性の太字ペンなど)、ビニール袋(ゴミ袋)、ガムテープ、普段飲んでいる薬、お薬手帳(お薬情報)、メガネ、入れ歯、寝袋・毛布、雨具、貴重品・現金(小銭も)、身分を証明するもの
… など

衛生用品

衛生用品
タオル、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ(手や体を拭く大判のものが便利)、着替え(衣類・下着類)、生理用品、マスク、うがい薬、水のいらないシャンプー
… など

トイレ対策

トイレ対策
トイレットペーパー、簡易トイレ、ビニール袋、おむつ、消臭剤
… など

緊急時にも「おくすり手帳」が役立ちます

おくすり手帳

常備薬は必ず身近に置きましょう

<非常持ち出し品や備蓄品の備え方>
●夜の地震に備えて、枕元に、懐中電灯、ラジオ、靴などの非常持ち出し品を備えましょう。
● 水・食料品は日常的に多く備蓄し、定期的に買い替えて、古くなったものから順に使用しましょう

日ごろから家族で話し合おう