最大クラスの地震・津波が発生すると、甚大な被害が東海から九州にかけて広範囲に及ぶため、県外からの早期の支援が期待できない可能性もあります。

1)長く強い揺れ

最大クラスの地震が発生すると、高知県全域は強い揺れに襲われ26市町村が最大で震度7に、残りの8市町村でも震度6強になると想定しています。

東日本大震災の震源域は、すべて海域でしたが、南海トラフ地震の想定震源域は陸域にもかかっており、高知県もこの中に含まれています。このため揺れが大きくなります。

■震度分布図(最大クラス重ね合わせ)

揺れの強さが分かります。

(H24.12 高知県公表)

震度分布図

■地震継続時間分布図(最大クラス重ね合わせ)

体に感じる揺れ(震度3相当以上)が続く時間が分かります。

(H24.12 高知県公表)

震度継続時間分布図じしんまん「注意!!体に感じる揺れ(震度3相当以上)が3 分以上続くおそれもあるドーン!」

■ 揺れが建物等に及ぼす影響

お住まいの地域の震度を見て、被害を確認しましょう。

●気象庁震度階級関連解説表(抄)

震度
階級
人の体感・行動 固定していない
家具の状況
屋外の状況 耐震性の低い
木造建築
斜面等
5弱 物につかまりたいと感じる。
移動することがある。
まれに窓ガラスが割れて落ちることがある。 軽微なひび割れ・亀裂がみられることがある。 落石やがけ崩れが発生することがある。
5強 物につかまらないと歩くことが難しい。
倒れることがある。
補強されていないブロック塀が崩れることがある。
ひび割れ・亀裂がみられることがある。
6弱 立っていることが困難になる。
大半が移動し、倒れるものもある。
壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。 倒れるものがある。
がけ崩れや地すべりが発生することがある。
6強 立っていられず、 はわないと動け ない。 飛ばされることもある。
ほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。 補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。 傾くものや、倒れるものが多くなる。
がけ崩れが多発し、大規模な地すべりや山体の崩壊が発生することがある。
7 ほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。 補強されているブロック塀も破損するものがある。 傾くものや、倒れるものがさらに多くなる。