鳥インフルエンザの対応について

公開日 2011年04月01日

◆県民の皆さまへ

平成23年4月1日

危機管理・防災課

 昨年度は、家きんや野鳥が鳥インフルエンザウイルスに感染する事例が全国で多発しましたが、本県でも、平成23年1月25日に仁淀川町で発見されたオシドリが高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1 亜型陽性・強毒タイプ)であると確認され、県では、高知県高病原性鳥インフルエンザ危機管理本部を設置し、養鶏場の防疫体制や野鳥の監視体制の強化など、全庁を挙げての対策に取り組んでまいりました。

 その後、鳥インフルエンザの発生が見られた地域では小康状態または沈静化の傾向となり、西南日本を中心に渡り鳥の渡去が進んでいることを受け、環境省は警戒レベルの引き下げを決定したことを踏まえ、本県では、平成23年4月1日をもって高知県高病原性鳥インフルエンザ危機管理本部を解散いたしました。

 しかしながら、今年度も鳥インフルエンザの発生は懸念されておりますので、引き続きご注意頂きますとともに、飼育されている鳥に異常(原因がわからないまま大量に死亡するなど)がみられた場合や、野鳥が死亡(明らかに鳥インフルエンザではないと思われる場合を除く)しているのを発見した場合には、まずは触らず、下記まで連絡していただきますようお願いします。

 なお、鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密に接触する等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられており、日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後に手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

記 

【死亡野鳥】

鳥獣対策課

  高知市丸ノ内1−2−20(TEL:088−823−9039) 

【家きんや愛玩鳥の異常】

中央家畜保健衛生所

 土佐市高岡町乙3229(TEL:088−852−7730)

田野支所

 安芸郡田野町903−8(TEL:0887−38−2543)

香長支所

 香美市土佐山田町加茂777(TEL:0887−52−3069)

嶺北支所

 土佐郡土佐町田井1370−7(TEL:0887−82−0054)

西部家畜保健衛生所

 四万十市具同相の沢5208(TEL:0880−37−2148)

高南支所

 高岡郡四万十町榊山町2−12(TEL:0880−22−1124)

檮原支所

 高岡郡檮原町檮原1629(TEL:0889−65−0392)

畜産振興課

 高知市丸ノ内1−7−52(TEL:088−821−4553) 

※ 夜間及び土日は、死亡野鳥や家きん等の異常については、088−823−1111(県庁)へ連絡してください。

◆その他

家きんや愛玩鳥に関する情報については、畜産振興課ホームページをご覧ください。

野鳥に関する情報については、鳥獣対策課ホームページをご覧ください。

国からの情報は、以下をご覧ください。

野鳥に関する情報については、環境省のホームページをご覧ください。

家きんや愛玩鳥に関する情報については、農林水産省のホームページをご覧ください。


連絡先

高知県 危機管理部 危機管理・防災課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 危機管理担当 088-823-9320
防災担当 088-823-9320
情報担当 088-823-9311
総務担当 088-823-9018
ファックス: 088-823-9253
メール: 010101@ken.pref.kochi.lg.jp