宏観異常現象について

公開日 2016年05月10日

1 宏観異常現象とは

 昔から、大きな地震の前には井戸水に変化があったり、普段と違った光や雲、虹が見られたなどという話や、近年では電磁波やイオン・ラドン濃度の変化など前兆現象があるということが言われています。
 このような前兆現象を、中国では「宏観(こうかん)異常現象」と呼んでいますが、現在のところ科学的根拠や統計的な裏付けなどにより地震との因果関係が解明されていません。
 しかしながら、地震と無関係とは言いきれないことから、高知県内で起こった現象についての情報を収集することとしました。

2 情報の受付について

 地下水の変化や地鳴り、動物の異常行動などの現象について過去3ケ月以内に高知県内で確認した内容をお知らせください。 
 お知らせ
いただく情報は、自らが見たり感じたりした実際に起こった現象とします。(他人からの情報、いわゆる「また聞き」は除きます。)
 
頂いた情報は現象ごとに集計し、件数を公表します。
  (個人情報については公表致しません。)

1)お知らせいただく内容

〇 ご自身の名前、住所、電話番号は必ずお知らせ下さい。

〇 過去3ケ月以内に高知県内で起こった現象の内容
 いつ(何月何日 何時何分頃、または何日から何日まで) 
 どこで(現象のあった具体的な場所 字・集落名、川または沢、山、海岸などの名前)
 何が、どの程度、どうしたのか

【現象例】
 「地下水の変化」
  水位の上昇・下降、濁り、匂い、噴き上げ、枯渇など
 「気象現象」
  空の色や月の光が普段と違っているなど
 「地鳴り」
  雷のような音、風が吹くような音、爆発のような音など
 「動物の異常行動」
  普段と違って暴れる、鳴く、吠える、逃げだすなど

2)ご連絡方法

宏観異常現象についての情報は、手紙、FAX、電子メールでお寄せ下さい。
高知県  危機管理部  南海トラフ地震対策課 企画調整担当
〒780-8570 
高知県高知市丸ノ内一丁目2番20号
FAX 088-823-9253
メール:koukangensyou@ken.pref.kochi.lg.jp

 

3 現在までの受付件数

2016年度 地下水の変化 気象現象 地鳴り 動物の異常行動 その他
4月

 

2013年度宏観異常現象受付件数一覧表[PDF:69KB]

2014年度宏観異常現象受付件数一覧表[PDF:47KB]

2015年度宏観異常現象受付件数一覧表[PDF:69KB]

<免責事項>
  ・高知県は、利用者がこのページの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。
  ・高知県は、利用者が当サイトにアクセスしたために被った損害、損失に対して、いかなる場合でも一切の責任を負いません。

 

4 関連外部リンク

独立行政法人 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター

地震に関連する地下水観測データベース

連絡先

高知県 危機管理部 南海トラフ地震対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整 088-823-9798
対策推進 088-823-9386
地域支援 088-823-9317
ファックス: 088-823-9253
メール: 010201@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード