高知県南海トラフ地震による災害に強い地域社会づくり条例

公開日 2014年03月25日

高知県南海トラフ地震による災害に強い地域社会づくり条例について

 今世紀前半にも発生するといわれている南海地震の揺れや津波による被害から、高知県民の生命、身体(心を含む。)及び財産をその南海地震から守るために、県では「高知県南海地震による災害に強い地域社会づくり条例」を平成20年4月に施行しました。
 この度、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の教訓やそれに基づく新たな南海トラフ地震の想定を受けて、発生頻度の高い一定程度の規模の地震及び津波から発生頻度の極めて低い最大クラスの規模の地震及び津波までを視野に入れ、幅を持った対策を実施するという本県の南海トラフ地震対策の方針を踏まえ、「高知県南海トラフ地震による災害に強い地域社会づくり条例」として一部改正を行いました。

1.条例一部改正の概要

 一部改正の概要 [PDFファイル/226KB]

2.条例本文

 条例本文(高知県例規集内のページへ)

3.旧条例について

 高知県南海地震による災害に強い地域社会づくり条例のページ

  

 

連絡先

高知県 危機管理部 南海トラフ地震対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整 088-823-9798
対策推進 088-823-9386
地域支援 088-823-9317
ファックス: 088-823-9253
メール: 010201@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード