保安林について

公開日 2013年09月02日

保安林について

保安林の機能について

森林は、水源のかん養や山地災害の防止など多くの働きによって、私たちの安全で快適な暮らしを支えています。国や都道府県では、こうした森林の中で特に重要な森林を保安林に指定し、その働きが失われないように必要な管理を行っています。その管理を行うため、保安林内の立木を伐採等を行う場合にも手続きが必要になります。

様式については下記のリンクを参照してください。

申請書様式ダウンロードサービスから入り、 環境[ 森林 ]をクリックしてください。

 


 

管内の保安林種の紹介

保安林の種類(管内)
 種      類  説           明

水源かん養保安林

降った雨を蓄え、川の流れを安定させます

土砂流出防備保安林

根や下草により、表土の流出を防止します

土砂崩壊防備保安林

山崩れを防ぎ、住宅や道路等を守ります 

防風保安林

風害を防止します 

干害防備保安林

水源を守り水がかれるのを防ぎ、きれいな水を供給します

魚つき保安林

 魚類の棲息と繁殖を助けます

航行目標保安林

付近を航行する漁船等の目標になります 

保健保安林

 森林レクレーション活動の場として提供されます

 

連絡先

高知県 林業振興・環境部 中央西林業事務所
住所: 〒781-2110 高知県吾川郡いの町1381番地
電話: 088-893-3612
ファックス: 088-893-0464
メール: 030204@ken.pref.kochi.lg.jp