ウミガメの上陸・産卵状況の公表について

公開日 2016年03月15日

高知県内の砂浜に上陸するうみがめの保護と生息環境を守るため、県では、高知県うみがめ保護条例を策定し、むやみな捕獲などを規制しています。

また、うみがめの上陸・産卵状況を把握し、保護活動につなげるため、毎年県内の上陸・産卵回数を市町村別に調べています。

うみがめの行動を理解し、うみがめの命を守りましょう。

調査方法

◆平成15年~21年 県から海岸に面する市町村への照会結果

◆平成22年以降  県から捕獲等許可者・海岸に面する市町村・県土木事務所への照会結果

 

市町村別の状況について

市町村別の上陸・産卵回数については調査結果[PDF:105KB]をご覧ください。

 

うみがめの上陸・産卵・孵化シーズンについて

上陸・産卵/5月初旬から8月下旬頃までの夜間に上陸し、産卵を行います。

孵化/産卵後、およそ2カ月あまりで子ガメに孵化し、海に帰っていきます。
このため、7月から10月末頃までの明け方には、県内の海岸で子ガメが見られることがあります。

 


関連情報

高知県うみがめ保護条例について

うみがめの産卵やうみがめ・くじらの死骸を見つけたら

日本ウミガメ協議会

連絡先

高知県 林業振興・環境部 環境共生課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号
平成21年4月より高知県庁西庁舎5階南側に移転しました。
電話: 四万十川・清流担当 088-821-4863
自然保護担当 088-821-4868
カーボン・オフセット担当 088-821-4554
自然公園担当 088-821-4842
ファックス: 088-821-4530
メール: 030701@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード