オオキンケイギクは特定外来生物です。

公開日 2017年02月20日

オオキンケイギクは植えないで!駆除しましょう!

オオキンケイギク オオキンケイギク2 P1070614

毎年5~7月頃にかけて、鮮やかな黄色の花を咲かせるオオキンケイギク。

県内でも、土手や川原などで見られます。

コスモスの花に似てきれいですが、実は、外来生物法で特定外来生物に指定されている植物です。

自宅の庭や花壇には植えないでください。

                 【特定外来生物 オオキンケイギク防除チラシ】 

              両面-黄

           チラシPDF(黄色)[PDF:1MB]  チラシPDF(白色)[PDF:1MB]

オオキンケイギクが特定外来生物に指定された理由

オオキンケイギクは、強靱でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、苗が販売されていました。

しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、栽培、譲渡、生きたままの運搬などが禁止されました。

※自宅の庭や花壇で栽培(水やりや施肥などのお世話)をすると違反になります。

 

オオキンケイギク(Coreopsis lanceolata )の特徴

キク科の多年生草本で、高さは0.3~0.7m程度。

土手、河川敷き、道路わき、街路樹の下、線路沿い、海岸、空き地など開けた場所分布が確認されている。

開花期は5~7月。

 

駆除方法

オオキンケイギクは多年草のため、繁殖を防ぐには、根から抜き取ってしまうのが効果的です。

広範囲で根からの抜き取りが難しい場合は、地上部を刈り取る方法もあります。なお、この場合は、同年中に地上部が再生し、再び開花することもあります。

また、オオキンケイギクの種子は、長期間発芽可能な状態で地中に残るため、その年に生えていた個体を全て駆除したとしても、翌年再び生えてくることがあります。

種ができてから抜き取りや刈り取り等の作業をすると、種をばらまくおそれがあります。花が咲く前か、なるべく花が咲いている間に駆除をお願いします。

抜き取った個体は、飛び散らないように袋などに入れ、植物が枯死したのちに燃えるゴミとして処分してください。

 

その他

・庭先にオオキンケイギクが生えている場合は、ご自身で駆除をお願いします。
公園や川原、土手など公共の場所に生えている場合は、その管理者と相談しながら駆除を進めていく必要があります。

・オオキンケイギクの栽培が禁止されている原因は、強靱な性質のため在来生態系に被害を与えるからです。個体に毒が含まれていて危険であるなどの報告は、現在のところありません。

 

関連情報 (環境省のホームページ)

◆オオキンケイギクのパンフレット http://www.env.go.jp/nature/intro/5pr/files/r_ookinkeigiku_shikoku.pdf

◆オオキンケイギクの解説 http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/list/L-syo-01.html

◆見分け方(オオキンケイギク他、特定外来生物の植物全般) http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/manual/shokubutsu2.pdf

◆外来生物法  http://www.env.go.jp/nature/intro/

 

連絡先

高知県 林業振興・環境部 環境共生課
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号
電話: 四万十川・清流担当  088-821-4863
牧野植物園整備担当  088-821-4868
環境企画担当     088-821-4554
自然保護・公園担当  088-821-4842
ファックス: 088-821-4530
メール: 030701@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード