ダイオキシン類の公表

公開日 2014年10月16日

ダイオキシン類とは(ダイオキシン類対策特別措置法の概要)

ポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)及びコプラナ−ポリ塩化ビフェニル(co−PCB)の総称です。
 平成12年1月15日にダイオキシン類対策特別措置法が施行され、耐容一日摂取量(TDI)が4pg−TEQ/kg/日とされました。
 主な発生源はゴミ焼却による燃焼ですが、製鋼用電気炉、自動車排ガス、かつて使用されたPCBや一部の農薬の不純物等が指摘されています。

ダイオキシン類対策特別措置法について(届出様式)

一定規模以上の焼却炉などの施設を設置しようとする(している)事業者には、届出が義務付けられています。

環境中のダイオキシン類の調査結果について

 

ダイオキシン類対策特別措置法に基づく自主測定結果について

ダイオキシン類対策特別措置法第28条の規定により、特定施設の設置者は、排出ガス、排出水等について、ダイオキシン類濃度を毎年1回以上測定し、県に報告することが義務付けられています。

 

廃棄物焼却炉について

廃棄物焼却炉について

届出様式について

各種届出様式

ダイオキシン類対策について(環境省)

ダイオキシン類対策(環境省)

 

連絡先

高知県 林業振興・環境部 環境対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎5階)
電話: 計画推進・一般廃棄物 担当 088-821-4522
産業廃棄物処理推進 担当 088-821-4595
産業廃棄物 担当 088-821-4523
環境・再生利用 担当 088-821-4524
ファックス: 088-821-4520
メール: 030801@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード