小春日和にイカゆらり

公開日 2007年01月25日

高知の自然・景観

小春日和にイカゆらり(大月町)

  高知では一日干しを「ひいといぼし」と言います。冬とはいえ、南国高知の日差しは意外に強く、冷たい寒風とともにスルメイカに旨みの魔法をかけます。一日干しは完全に乾燥させないので半生状態。炭火であぶられ、金網の上でゆっくり起きだすアツアツのイカを一口噛めば、ほんのり利いた塩味と甘いイカの味が口いっぱいに広がります。黒潮と季節の恵みに感謝しながら、一日干しを地酒のアテにほうばりながら、高知の冬の夜はふけていきます。スルメイカの干物は高知の冬の風物詩の一つとなっています。(2007.1.25)

イカの一日干し

 関連サイト

 高知県大月町ホームページ >>> http://www.town.otsuki.kochi.jp/

連絡先

高知県 林業振興・環境部 環境研究センター
住所: 〒780-8010 高知市桟橋通6丁目7番43号
電話: 088-833-6688
ファックス: 088-833-8311
メール: 030802@ken.pref.kochi.lg.jp