早春の水辺で観察会(高知市鏡川)

公開日 2011年03月11日

あなたに届けたい高知の自然・景観

早春の水辺で観察会(高知市鏡川)

 3/6(日)、高知市内鏡川大橋のたもとで、鏡川こども祭実行委員会・鏡川の貝を育てる会が主催する干潟の観察会が開催されました。この様子をご紹介します。

 主催者の方は、当環境研究センターが実施した「環境教育リーダー初心者研修会」の修了者です。修了者の方がいきいきと活躍する姿を見られて本当にうれしかったです。当日は、あいにく曇り空でしたが、近隣の小学生と保護者の方がたくさん参加してくださいました。元気いっぱいの女の子は素足にサンダル...うぅ~寒そう。

 はじめに、子ども達と簡易水質測定キット(パックテスト:COD)をつかった水質調査を行いました。鏡川大橋下と江ノ口川の海老ノ丸橋付近の水を比較しました。結果は予想通り、鏡川の勝ち。江ノ口川の水の方が若干汚れている結果となりました。

鏡川:CODパックテスト値 2
江ノ口川:CODパックテスト値 4~6 
(数字が大きい方が汚れている)

 それでも、江ノ口川は、1970年代には「西日本一汚れた川」として有名だったころを考えると、ずいぶん回復したと思います。その後、干潟にすむ生物が水の汚れを浄化しているというお話を聞きました。みんな静かに座って講師の話に聞き入っていました。

 潮が引いて、干潟が顔を出したころ、お楽しみの干潟観察になりました。カキやヤマトシジミ、カノコガイなどの貝類を観察しました。子供たちは思う存分穴を掘っていました。こちらがメインだったような...。まだ、肌寒い3月ということで、カニなどの小動物の姿はあまり見られませんでしたが、参加者の中にはウナギの幼魚やテッポウエビを捕まえた子もいました。半日の日程でしたが、楽しいイベントでした。

水辺で観察会   水辺で観察会-1江ノ口川

投稿者:みちくさ特派員S

連絡先

高知県 林業振興・環境部 環境研究センター
住所: 〒780-8010 高知市桟橋通6丁目7番43号
電話: 088-833-6688
ファックス: 088-833-8311
メール: 030802@ken.pref.kochi.lg.jp