真夏の稲刈り(高知市東部)

公開日 2008年07月31日

高知の自然・景観

真夏の稲刈り(高知市東部)

 高知市東部の介良・五台山地区には、昔から変らず水田が広がっている一帯があります。子供の頃、この水田越しに鏡川の花火大会を見物するのが、夏の楽しみのひとつでした。先日、この水田を横切る農免道路を走っていると、もう稲刈りが行われていました。

夏休みが始まったばかりの、青い空。
見渡す限り一面の、頭を垂れた稲穂。
運転席に日傘をつけた、赤いコンバイン。

 稲刈りというと秋のイメージですが、高知では、温暖な気候を活かして、全国でも最も早く新米を育て収穫を行っています。農家の方にお話を伺ってみると、「ナツヒカリ」という品種だそうで、毎年7月末には稲刈りを行っているとの事でした。
 高知は、二期作発祥の地でもあり、稲刈り後、早速 水が張られ、今年2回目の田植えが行われている、大忙しの田んぼもありました。(2008.7.31)

稲刈り       稲刈り-1

関連サイト

 JA全農こうちのホームページ >>> http://www.kc.zennoh.or.jp/rice.htm

連絡先

高知県 林業振興・環境部 環境研究センター
住所: 〒780-8010 高知市桟橋通6丁目7番43号
電話: 088-833-6688
ファックス: 088-833-8311
メール: 030802@ken.pref.kochi.lg.jp