太陽光発電施設の設置・運営等に関するガイドラインについて

公開日 2016年09月08日

 平成24年7月の固定価格買取制度開始以降、太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入が全国的に増加しており、高知県内においても急激に増加しています。

 太陽光発電の導入が進む中、施設の設置・運営そのものに関する規制等がないため、全国的に事業者と地域住民との間でトラブルが発生しており、高知県内でも問題となるケースが生じています。

 このため、県では、太陽光発電事業者の皆さまに県内での事業実施にあたって法令等の規制がない場合でも遵守していただきたい事項を例示し、事業者の自主的な取組により太陽光発電事業が地域と調和した事業となることを目的として、本ガイドラインを平成28年3月28日に策定しました。

○ガイドラインの対象

 高知県内における出力50kW以上の事業用太陽光発電施設(建築物へ設置するものを除く)であって、固定価格買取制度における設備認定を受け、全量売電を主たる目的とするもの

※原則、本ガイドライン策定後に工事に着手する事業者が対象となりますが、既に工事に着手している若しくは発電を開始している事業者におかれましても、可能な限り、本ガイドラインの趣旨に沿った対応をお願いいたします。

○事業者の遵守事項

 本ガイドラインでは、通常の太陽光発電事業化の手続きに加えて、太陽光発電施設が適切に設置・運営されるための新たな手続きを定めています。

①市町村への事業内容の事前届出等

 工事の着手前に、設置を予定している市町村へ事業概要書(別紙様式)を提出してください。

事業概要書[DOC:46KB]

②地域への事業内容の事前説明・協議

 法令等により地域との合意形成が求められていない場合であっても、工事の着手前に、地元の関係者に対し事業内容を説明・協議し、地域の合意を得た上で事業を進めるようにしてください。

③施設の施工・維持管理・廃棄等に関する地域との合意形成

 工事の着手までに、施工・維持管理・廃棄等の事業内容に関し、地域の合意を得てください。

④適切な施工・維持管理・廃棄等

 合意内容に基づき、適切な施工・維持管理・廃棄等に努めるようお願いします。

○太陽光発電施設の設置・運営等に関するガイドライン(平成28年3月策定)

太陽光発電施設の設置・運営等に関するガイドライン[PDF:560KB]

 第1 ガイドライン策定の目的

 第2 ガイドラインの対象

 第3 事業者の遵守事項等

 第4 市町村及び県の役割

 第5 その他

 (参考) 事業化にあたって必要となる主な手続き(関係法令等)

 事業概要書

 市町村担当課一覧

○太陽光発電事業関係手続き等に関する説明会の開催

 県では、平成28年8月31日(水)に、県内で太陽光発電事業を検討している事業者向けに太陽光発電事業関係手続き等に関する説明会を高知市内で開催しました。
 この中でガイドラインについての説明を行い、事業者への周知を図りました。
説明会の様子

<配付資料>
次第[PDF:93KB] 
資料1 太陽光発電事業関係手続き等に関する説明会資料[PDF:4MB]
資料2 太陽光発電施設の設置・運営等に関するガイドライン

 

○参考

ガイドライン策定の背景[PDF:711KB]

ガイドラインの概要[PDF:664KB]

ガイドラインについて(事業者の皆さまへ)[PDF:821KB]

連絡先

高知県 林業振興・環境部 新エネルギー推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号
電話: 新エネルギー担当 088-821-4538
温暖化対策担当 088-821-4841
ファックス: 088-821-4530
メール: 030901@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード