高知県地球温暖化対策実行計画(区域施策編) ~高知県全域における地球温暖化対策~

公開日 2017年03月31日

高知県地球温暖化対策実行計画(区域施策編) ~高知県全域における地球温暖化対策~

 産業革命以降、人類は、石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料を消費することによって社会経済システムや生活水準を飛躍的に発展させてきました。しかし、その反面、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスを大量に大気中に排出し続けてきました。その結果、世界の平均気温や海水温は上昇し、海面水位も上昇し続けています。また、地球温暖化に伴い気候システムが影響を受け、集中豪雨、巨大台風、大規模干ばつといった極端な気象現象が世界各地で観測されるようになっています。人類が、現在のように温室効果ガスを大気中に大量に排出し続ける限り、こうした傾向は今後も悪化し続けることとなり、人類や生態系にとって深刻で広範囲にわたる不可逆的な影響を生じる可能性が高まっているといわれています。そうした影響を及ぼすこととならない水準で大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ、地球温暖化を防止することは人類共通の課題となっています。

 こうした課題に対処するため、国際社会では、2015(平成27)年に、すべての国が参加する初めての地球温暖化対策の枠組みである「パリ協定」が採択され、翌年11月に発効しました。我が国も気候変動枠組条約事務局に、温室効果ガスの排出を2030(平成42)年度までに2013(平成25)年度比で26%削減することを内容とする「約束草案」を提出しました。

 本県では、これまでも、2011(平成23)年度に策定した「高知県地球温暖化対策実行計画」に基づき、地球温暖化対策を総合的・計画的に実施してきましたが、こうした国内外の動きを受けて、国の地球温暖化対策計画の内容を踏まえて県計画を見直し、普及啓発や教育の強化、ZEH・ZEB、次世代自動車、高効率給湯器といった最新の省エネ設備等の普及促進等を盛り込んだ内容に県計画を改定しました。また、既に温暖化がある程度進行し、その影響と考えられる現象が本県でも表れている中で、その影響に適切に対応する「適応策」についても取り組んでいくこととしました。

 この改定された「高知県地球温暖化対策実行計画」に基づき、「こうちの自然や資源を活かし、豊かに暮らす低炭素社会」を目指して、本県の豊かな自然環境や地域資源を最大限に活用した地球温暖化対策を関係機関と連携・協働しながら実施してまいります。

 

1 高知県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)[PDF:6MB]

2 資料編[PDF:1MB]

連絡先

高知県 林業振興・環境部 新エネルギー推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号
電話: 新エネルギー担当 088-821-4538
温暖化対策担当 088-821-4841
ファックス: 088-821-4530
メール: 030901@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード