宿毛湾貝毒情報(二枚貝類の採取及び出荷の自主規制要請)

公開日 2018年11月15日

宿毛湾貝毒情報 (二枚貝類の採取及び出荷の自主規制要請)


 平成30年11月8日に宿毛湾で採取したヒオウギガイより、同年11月15日に規制値(4.0マウスユニット/g)を超える4.9マウスユニットの麻痺性貝毒を検出しました。

 この貝毒は、貝毒の原因となるプランクトンを二枚貝が摂食することにより、一時的に二枚貝の体内に毒素が蓄積するものです。

 このことから県では、宿毛湾周辺住民や漁業関係者に対し、宿毛市、大月町及び近隣漁協を通じ、ヒオウギガイやアサリなどの二枚貝類の採取及び出荷を自粛するよう要請しました。

 今後は、この海域の貝毒原因プランクトンの発生動向を調査するとともに、貝毒量が規制値以下になるまで貝毒検査を継続し、随時その結果をお知らせしていきます。

 

採取日 結果判明日 検査対象 麻痺性貝毒量(MU/g)
平成30年11月8日 平成30年11月15日 ヒオウギガイ 4.9MU/g


   現在県内において、宿毛湾以外の海域では貝毒発生は確認されておりません

   (他海域貝毒情報ページ)http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/040401/2018041100168.html

 


貝毒とは?


■貝毒とは

 二枚貝(アサリ、カキ、ムラサキイガイなど)が貝毒の原因プランクトンを餌として食べることにより体内に毒素を蓄積させる現象のことです。

 

■貝が毒化する仕組み

 貝はプランクトンを餌としています。プランクトンの中には貝毒の原因となる毒素を持つものがあり、海域でこれらのプランクトンが発生すると、貝がこれらのプランクトンを食べ、徐々に毒素を体内に蓄積し毒化していきます。ただし、貝毒の原因プランクトンは常に発生しているわけではありませんので、常時、貝が毒化しているものではありません。また、貝毒は、原因プランクトンが海域からいなくなると徐々に貝の体内から減っていきます。

 

■貝毒の種類と症状

 貝毒はその症状により麻痺性貝毒、下痢性貝毒などがあります。

貝毒の種類

原因プランクトン 症状
麻痺性貝毒 アレキサンドリウム・カテネラ
アレキサンドリウム・タマレンセ
ギムノディニウム・カテナータム
など
食後30分程で舌、唇、顔面、手足のしびれなどが起こり、最悪の場合は呼吸麻痺などで死亡することがあります。
下痢性貝毒 ディノフィシス・アキュミナータ
ディノフィシス・フォルティ
など
食後30分~4時間以内に下痢、腹痛、嘔吐及び吐き気が起こり、通常は3日以内に回復し、現在のところ死亡例はありません。

 

■貝毒の監視及び規制

 県では、アサリやヒオウギガイなど二枚貝の食品としての安全性を確保するために、貝毒の原因プランクトンの発生状況調査と二枚貝の毒量の検査を定期的に行っています。
 この検査で規制値を超える毒量(下表参照)となった場合は、出荷の自主規制が行われます。また、マスコミなどを通じて、潮干狩りの方々などにも注意を呼びかけます。

貝毒の種類 規制値 概要
麻痺性貝毒 4.00MU(マウスユニット)/gを超える値 麻痺性貝毒の場合、1MU/gはむき身の抽出液1mlを体重20gのマウスの腹腔部に注射したとき、マウスを15分で死亡させる毒量のことです。
下痢性貝毒 0.05MU(マウスユニット)/gを超える値 下痢性貝毒の場合、1MU/gは貝のむき身の抽出液1mlを体重20gのマウスの腹腔部に注射したとき、マウスを24時間で死亡させる毒量のことです。

  ※ 麻痺性貝毒の人の最低致死量は、体重60kgの人で約3,000MUといわれています。

 

■本県における近年の麻痺性貝毒発生状況

規制開始日 海域 検体 毒量
平成14年4月24日 野見湾 アサリ 4.2MU/g
平成15年4月25日 須崎湾 アサリ 20.5MU/g
平成22年7月12日 宿毛湾 ヒオウギガイ 4.5MU/g
平成23年5月11日 宿毛湾 ヒオウギガイ 14MU/g
平成24年5月16日 宿毛湾 ヒオウギガイ 30MU/g
平成25年7月10日 宿毛湾 ヒオウギガイ 9.8MU/g
平成26年5月14日 宿毛湾 ヒオウギガイ 15.0MU/g
平成28年3月22日 宿毛湾 ヒオウギガイ 5.0MU/g
平成29年3月30日 宿毛湾 ヒオウギガイ 35.0MU/g
平成29年4月17日 野見・須崎湾 カキ 12.0MU/g
平成30年4月19日 甲浦港 カキ 45.9MU/g
平成30年6月13日 宿毛湾 ヒオウギガイ 4.5MU/g

プレスリリース[PDF:1MB]

出荷自粛要請区域[PDF:183KB]

貝毒とは[PDF:47KB]

本県における近年の麻痺性貝毒発生状況[PDF:21KB]

 

連絡先

高知県 水産振興部 漁業振興課
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎6階)
電話: 資源・生産 088-821-4829
構造改善 088-821-4613
内水面振興 088-821-4606
ファックス: 088-821-4528
メール: 040401@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード