障害者の就労支援について

公開日 2014年05月01日

障害者就労支援チームについて

沿革

平成19年4月 健康福祉部障害福祉課に、専任職員3名で、障害者就労支援チームを新設。
平成20年4月 商工労働部が所管していた障害者就労支援関連業務を障害者就労支援チームに移管し、県における障害者の就労支援窓口を一元化。
平成26年4月現在

専任職員4名、非常勤・臨時職員3名及びワークステーション1名の計8名体制。

目指すもの

障害のある人の自立した地域での生活の実現に向けて、障害のある人個々の能力・適性・意欲に応じた安定した収入の確保の実現を目指します。

 

取り組み

 障害者就労支援チームでは、障害のある人の就労の支援と、施設利用者の工賃水準の向上を目指した取り組みを進めています。
 障害者就労支援チームの取組みの概要について、以下のPDFファイルリンクからご覧いただけます。
 また、視覚に障害がある方向けに、文章読上げ機能に対応したテキストファイルも掲示していますので、ご利用ください。
  障害者就労支援チームの取組み概要(文書版) [PDFファイル/117KB]
  障害者就労支援チームの取組み概要(読上げ機能対応版) [その他のファイル/11KB]

障害のある人の就労支援

 企業での雇用の場の確保や障害者雇用に関する啓発活動等を、ハローワーク、特別支援学校、障害者就業・生活支援センタ−などの就労支援機関と連携して、取り組んでいます。
 具体的な取り組みは、一般就労に向けた取り組み [PDFファイル/2MB]をご参照ください。
 一般就労を目指す障害者の職場実習を受け入れている企業等については、障害者職場実習受入企業等(平成24年4月1日現在) [PDFファイル/88KB] をご覧ください。 

障害福祉サービス事業所利用者の工賃水準向上の支援

 工賃水準向上に取り組む事業所に対して、「工賃向上計画」に基づいて支援します。
 具体的な支援策等は、工賃水準の向上に関する取り組みについてをご覧ください。

障害福祉サービス事業所の授産品目等のご紹介

 障害福祉サービス事業所では、生産活動やその他の活動を通じて、一般就労を目指す人のための訓練を行ったり、一般就労が難しい人のために就労の機会を提供したりしています。
 こうした生産活動は授産事業として各事業所が独自の工夫を凝らして展開しており、自主製品を製作・販売したり、企業や公共団体等からの作業を請負ったりしています。
 授産事業を通じて、障害のある人が地域の皆さんと触れ合う機会も多くあり、障害のある人が地域社会との関わりを深める大切な機会にもなっています。
 各地域にお住まいの方々や企業関係者の皆様には、こうした授産事業等の活動の趣旨をご理解頂き、自主製品の購入や作業の発注を進めて頂きたいと思います。
 各事業所の授産品目等(請負作業含む。)については、障害者の雇用事例と施設の製品紹介をご覧ください。

 障害者優先調達推進法に基づく、高知県における物品等の調達について

 国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)に基づく、高知県の物品等の調達方針等については、障害者就労施設等からの物品等の調達をご覧ください。

 

お問い合わせ

障害保健福祉課障害者就労支援チーム
Tel :088-823-9560
Fax :088-823-9260
E-mail :job-support@ken4.pref.kochi.lg.jp

連絡先

高知県 地域福祉部 障害保健福祉課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎1階東側)
電話: 企画調整担当 088-823-9633
地域生活支援担当 088-823-9634
社会参加推進担当 088-823-9663
事業者担当 088-823-9635
精神保健福祉担当 088-823-9669
障害者就労支援チーム 088-823-9560
ファックス: 088-823-9260
メール: 060301@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード