講演会『ひきこもりとつながり―支援が暴力にならないために―』

公開日 2018年05月25日

講演会『ひきこもりとつながり―支援が暴力にならないために―』のお知らせ

(ひきこもり地域支援センター普及啓発講演会事業)

なかなか家から出られない、人との交流が持てない、そんなひきこもりの状態にある人を周囲や支援者はどのように理解することができるでしょうか。またどのような関わり、支援が本人や家族の助けになるでしょうか。

今回、長谷川俊雄先生を講師にお迎えし、「ひきこもりとつながり~支援が暴力にならないために~」と題してお話をしていただきます。

「ひきこもり状態」と一言で表現しても、本人の思い、家族や環境、年齢や経過、お一人お一人、多様な状況があります。関わる側の価値観や、枠組みを押しつけて、働きかけることで、本人、家族を追い詰めたり、助けになるサポートから遠ざかってしまうことがあります。長年、当事者や家族と向き合ってきた先生のお話をとおし、どう理解し、関わることが助けになるのかを、考えていきたいと思います。

支援に関わる関係機関職員だけでなく、関心をお持ちの方どなたでも参加いただけます。多くの方のご参加をお待ちしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

講演会ちらし・申込書[PDF:139KB]

連絡先

高知県 地域福祉部 精神保健福祉センター
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸の内1丁目7-36 高知興林会館4階
電話: 精神保健福祉センター 088-821-4966
ひきこもり地域支援センター 088-821-4508
ファックス: 088-822-6058
メール: 060303@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード