自立支援医療費制度(精神通院)について

公開日 2013年07月16日

精神疾患のために通院による治療を受ける場合、医療費に継続的な負担がかかります。そのような方々のために通院医療費の負担軽減を図る制度が、自立支援法に基づく「自立支援医療費制度(精神通院医療)」です。

対象者

統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する人で、通院による精神治療を継続的に要する程度の病状にある人。
本制度では、精神通院医療に係る往診・デイケア・訪問看護・てんかんの診療及び薬代等も対象になります。

利用者負担 

自己負担額は、原則として、医療費の1割となりますが、世帯の所得水準等に応じて一月当たりの負担上限額が設けられています。この場合の世帯の考え方は、住民票上の家族ではなく、「同じ医療保険に加入している家族」を同一世帯とします。
医療保険の加入関係が異なる場合は、税制における取り扱いに関係なく別の世帯として取り扱います。

利用者負担額について [PDFファイル/102KB]

申請手続き等

申請窓口

申請書の提出先は、お住まいの市町村の精神保健福祉担当窓口になります。

申請手続きは、18歳以上の方はご本人が行い、18歳未満の方はその保護者が申請者となります。申請書に押印が必要ですので印鑑をご持参ください。

申請書、診断書の様式は市町村の申請窓口にあります。

高知県内の市町村申請窓口一覧(H28)[XLS:38KB]

必要書類

※ 「重度かつ継続」として医療費の負担上限額の設定を申請する場合、治療している疾病が統合失調症、躁うつ病、うつ病、てんかん、認知症等の脳機能障害、薬物関連障害(依存症等)以外の場合は精神医療に一定の経験を有する医師が判断した「意見書」が必要です。

※※ 所得や収入の分かる書類等とは

  1. 生活保護受給の方・・・福祉事務所の証明書・保護決定通知書の写し 等
  2. 非課税世帯の方・・・・非課税証明書・標準負担額減額認定書 等
  3. 1.2以外の方・・・・・市長村民税の課税証明書 

精神障害者保健福祉手帳との同時申請について

手帳と自立支援制度を同時に申請する場合は、手帳用診断書のみで申請が可能です。
 「高額治療継続者(重度かつ継続)」として申請する場合は別途、「意見書」が必要な場合があります。
年金証書等の写しによる同時申請はできません。
同時申請で手帳と自立支援医療の更新を行う場合は、両方の更新可能期間が一致している場合のみ可能です。

有効期間が1年以上ある精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

有効期間が1年以上ある精神障害者保健福祉手帳(診断書の審査で交付されたものに限る)の交付を受けている方が「高額治療継続者(重度かつ継続)」に該当しない新規申請を行う場合には、手帳の写しを申請書に添付すれば、診断書の提出は必要ありません。

申請した後は

申請に基づき、審査を行い、認定された場合は知事から「自立支援医療受給者証(精神通院)」を交付します。
その際、市町村経由にて受給者証(※)を同封して本人に送付します。受診の際には、医療機関や薬局等の窓口に受給者証と自己負担上限管理票を提示していただく事になります。

※「生活保護」及び「医療保険の自己負担限度額」の方は、「自己負担上限管理票」は使用しません。
 なお、認定されなかった場合は、「自立支援医療(精神通院)支給認定申請却下通知書」をご本人あて通知します。 

医療機関・薬局等について

自立支援医療費制度が利用できる医療機関、薬局等は申請時に申請者が利用希望として記載した医療機関のみとなります。
(利用者が申請する前に医療機関、薬局等の事業者自身も指定自立支援医療機関(精神通院医療)として都道府県から指定を受けていることが必要です)          


高知県の指定自立支援医療機関(精神通院医療)一覧(高知県障害保健福祉課のホームページへリンク)

 

有効期間

 

受給者証の有効期間は1年間です。
更新申請は、有効期間満了日の3ヶ月前から手続きできますのでお早めに手続きしてください。新たな申請に基づき再審査したうえ決定します。

自己負担上限管理票の使用について

負担上限額が認定されている方には、「自己負担上限管理票」をお渡しします。この管理票は、月ごとに1ページ使用します。受診の際には、医療機関、薬局等の窓口に受給者証と合わせて管理票を提出してください。そして、その都度自己負担額を記入してもらいます。上限月額に達した場合は、それ以降のその月にかかる自己負担は免除になります。

その他の手続き 

受給者証の内容が変更になる場合は「記載事項変更届」、医療機関の変更や追加や保険変更に伴う所得区分の変更がある場合は「変更申請」、紛失または破損している場合は「再交付申請」の手続きが、それぞれ必要になりますので、必ず、お住まいの市町村に届け出、申請をしてください。
 県外から転入された方は、申請方法が異なりますのでお住まいの市町村にお尋ねください。

高知県内の市町村申請窓口一覧(H28)[XLS:38KB]

自立支援医療受給者証等記載事項変更届(精神通院)[XLS:35KB]

自立支援医療受給者証(精神通院)再交付申請書[XLS:36KB]

 

連絡先

高知県 地域福祉部 精神保健福祉センター
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸の内2丁目4番地1 保健衛生総合庁舎2階
電話: 精神保健福祉センター 088-821-4966
自殺予防情報センター 088-821-4506
ひきこもり地域支援センター 088-821-4508
ファックス: 088-822-6058
メール: 060303@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード