≪ 非行防止対策 ≫見守り雇用主登録制度について

公開日 2017年04月25日

 無職の非行少年等を見守りしごと体験講習などで受け入れ、青少年の健全育成に取り組む企業を「見守り雇用主」として登録する制度です。

 対象の少年が、登録された「見守り雇用主」の中から企業を選び、面接等を経たうえで、見守りしごと体験講習を受講します。

1 見守り雇用主の責務

 見守り雇用主には次のような責務があります。

(1)非行歴を有する無職の非行少年の自立した社会生活を営む基礎づくりに向けて、非行少年を積極的に雇用し、立ち直りを助ける「見守り雇用主」の活動を理解し、非行少年に対する理解と熱意を持って「見守りしごと体験講習」で受け入れ、職場適性を慎重に見極めたうえで、積極的に雇用についても検討していただきます。

(2)見守り雇用主は、見守りしごと体験講習を受け入れるに当たり知り得た少年及びその家族の情報を他に漏らしてはいけません。

2 見守り雇用主の要件(主なもの)

(1)事業所を高知県内に有する雇用保険適用事業所

(2)関係法令を遵守していること

(3)見守りしごと体験講習の実施に当たって、指導者をつけるなど、講習生としての位置付けが明確にできる事業所

3 お願い

 現在、見守り雇用主の登録数が少なく、事業所の所在地及び業種が偏在しています。

 県内のあらゆる地域の少年が利用できますよう、見守り雇用主の趣旨に興味を持たれた雇用主の方には制度のご説明に伺いますので、高知県地域福祉部児童家庭課までご連絡をお願いします。

見守り雇用主登録

 

連絡先

高知県 地域福祉部 児童家庭課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画・青少年 088-823-9637
児童福祉 088-823-9655
ひとり親家庭 088-823-9654
子育て支援 088-823-9641
ファックス: 088-823-9658
メール: 060401@ken.pref.kochi.lg.jp