少子化の現状・課題

公開日 2017年05月30日

少子化の現状・課題

 高知県では、1990(平成2)年から出生数が死亡数を下回る人口の自然減の状態が続いています。こうした中で、2015(平成27)年の出生数は5,052人と低い水準にとどまっており、少子化が進行しています。
 少子化の進行は、地域の活力の低下や経済規模の縮小、社会保障負担の増大など、子ども達の将来に深刻な影響をもたらすほか、子ども自身の健やかな育ちへの影響なども懸念されます。
 こうしたことから、高知県では、安心して子どもを生み育てることができる環境づくりに向けて結婚・妊娠・出産・子育てなどのライフ・ステージに応じた総合的な少子化対策を推進しています。

高知県の少子化の現状と課題[PDF:416KB]

連絡先

高知県 地域福祉部 少子対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 088-823-9640
ファックス: 088-823-9658
メール: 060501@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード