愛鳥週間、愛鳥モデル校

公開日 2009年03月16日

愛鳥週間

 愛鳥週間は,毎年5月10日から16日の1週間で、「野鳥を大切にし、自然を守っていこう」という気持ちを多くの人々に広げていくきっかけにしていただくための週間です。
 皆さんの身近なところにもいろいろな種類の鳥が見られると思いますので、身近にいる鳥を観察し、自然の大切さを再認識されてみてはいかがでしょうか。
 みんなで野鳥を大切に守っていくために、人が野鳥と接する時にはいくつかの注意が必要です。県民のみなさんが少しだけ気をつけることで簡単に野鳥の保護ができます。ぜひご協力ください。

野鳥の捕獲・飼養について

 
野鳥を捕まえたり飼ったりすることは、原則として法律で禁止されています。野外で自然のままの姿を鳥を驚かさないように注意しながら静かに観察するようにしましょう。


ヒナを拾わないで!


春になると、巣立ちしたばかりのヒナがうまく飛べずに地面を歩いているのを見かけることがあります。しかし,近くに姿が見えなくても,親は必ずヒナのもとへ戻って世話をします。逆に、人がヒナのそばにいると親鳥が近寄れなくなってしまいますので、できるだけ拾ったりせず、そのままそっとしておきましょう。


つり糸(テグス)をすてないで!


近年、海岸や河川敷などに放置されたつり糸で数多くの野鳥が傷つき、命が奪われています。つりをする際には、マナーを守ってつり糸やつり針などは持ち帰るようにしましょう。

 

(写真)マガモのつがい

 「愛鳥週間用ポスター」の原画募集について

毎年6月から9月上旬にかけて、愛鳥週間を普及・宣伝するための「愛鳥週間用ポスター」の原画を募集しています。
対象は県内の小学校、中学校、高等学校、特殊教育諸学校に在学中の児童・生徒のみなさんです。
毎年、募集の時期に該当する県内の学校に募集・応募の詳細について通知を差し上げています。
児童・生徒のみなさんからのご応募をお待ちしています。詳しいことは学校の美術科の先生など、ご担当の先生に相談してください。

愛鳥モデル校

現在、県内では小学校、中学校、あわせて6校を「愛鳥モデル校」として指定しています。
愛鳥モデル校では、児童・生徒のみなさんの愛鳥思想の高揚などについて取り組みを行っています。


連絡先

高知県 中山間振興・交通部 鳥獣対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎3階)
電話: 088-823-9039
ファックス: 088-823-9526
メール: 070201@ken.pref.kochi.lg.jp