野鳥における高病原性鳥インフルエンザへの対応について

公開日 2016年12月18日

  本年度は、野鳥や家きんにおいて、高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が多数発生しています。このため現在、「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」に基づき、野鳥サーベイランスにおける全国の対応レベルを「対応レベル3」として対応しています。
 高知県では、野鳥の高病原性鳥インフルエンザ感染を監視するため、国の定めたマニュアル(基準)に基づいて死亡野鳥の検査を行いますので、引き続き、情報をお寄せくださいますようお願いします。


 マニュアル(死亡野鳥調査のあらまし)


 明らかに事故死などの場合を除き、同じ場所でたくさん死んでいたり、次々に連続して死亡するなど、鳥インフルエンザの感染が疑われる野鳥を見かけた場合は、下記までご連絡をお願いします。なお、野鳥との接し方を参考にしていただき、冷静な行動をお願いします。

 
 野鳥との接し方について [PDFファイル/71KB]

 環境省の高病原性鳥インフルエンザ関係の資料等については、次のページをご覧ください。

 「鳥インフルエンザに関する情報(環境省)」

 
鳥獣対策課(平日088−823−9042:休日088−823−1111(代表))

 

連絡先

高知県 中山間振興・交通部 鳥獣対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎3階)
電話: 088-823-9039
ファックス: 088-823-9526
メール: 070201@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード