新着動画のご紹介(3月26日更新)

公開日 2014年03月26日

こうちインターネット放送局 こうちインターネット放送局(http://movie.pref.kochi.lg.jp/)に新たに掲載した動画をご紹介します。

平成26年3月26日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「南国市・なの市・なのカフェ」』(平成26年3月23日放送)

高知市から香美市土佐山田町まで全面開通した国道195号、通称「あけぼの街道」。

今年4月、この通り沿いで農産物直販所「あけぼの街道・なの市」と併設された「なのカフェ」がオープンします。

今回は、「あけぼの街道・なの市」「なのカフェ」による地域産品の販売や交流人口拡大の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「南国市・なの市・なのカフェ」』

平成26年3月25日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「少年非行の防止対策」』(平成26年3月23日放送)

高知県の刑法犯少年の人数は減少傾向にあるものの、依然として全国平均を上回る厳しい状況にあります。

そこで、県では去年6月に「高知家の子ども見守りプラン」を策定。

県や警察、県教育委員会が一体となって少年非行防止に向けた取り組みを進めています。

今回は、少年非行の防止に向けた取り組みについて、コンビニと提携した万引き・深夜徘徊防止の取り組みを中心に紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「少年非行の防止対策」』

平成26年3月20日(1本追加)

こうちの憩い(県立美術館 ボストン美術館ミレー展)

4月6日まで高知県立美術館では
「ボストン美術館 ミレー展」を開催中。

3大ミレーといわれる作品が高知県に揃うのはこれが初めて!

ミレーを堪能できる5部構成の展示も見応え充分です

高知県立美術館のHP」もご覧ください。

こうちの冬(県立美術館 ボストン美術館ミレー展)

平成26年3月19日(1本追加)

おはようこうち「集落活動センター・夢の郷にこにこ西川笑楽幸」(平成26年3月16日放送)

県では、県土の約9割を占める中山間地域にお住まいの皆様が
いつまでも安心して暮らしていただくため、集落活動センターをはじめとする
中山間対策に取り組んでいます。

集落活動センターは、廃校や集会所などを拠点に、地域の課題やニーズに応じた
活動を地域住民が主体となって行う取組です。

現在、県内11ヵ所で開設されています。
今回は、集落活動センターによる地域活性化の取組について、去年4月に開設した
香南市香我美町西川地区の集落活動センター「夢の郷・にこにこ西川笑楽幸」から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「集落活動センター・夢の郷にこにこ西川笑楽幸」(平成26年3月16日放送)

平成26年3月14日(2本追加)

「在宅医療事例紹介及び啓発」(医療政策・医師確保課)

在宅医療についての紹介と実際の事例をご紹介した動画を制作しました。
ぜひご覧ください。

おはようこうち『さんしんGO!「幡多地域の自転車観光の推進」』


「小児救急啓発 お子さんの急病対応ガイド」(医療政策・医師確保課)

県内の小児科医等の協力により、発熱や嘔吐(おうと)など、
よくある症状ごとに、観察のポイントや家庭での対応をわかりやすくまとめた
小児救急啓発DVD「お子さんの急病対応ガイド」を作成しました。

お子さんの具合が悪くなった時に、しばらく様子を見てもいいのか、
医療機関に急いで受診した方がいいのかなど症状に合わせて具体的な対処法
をまとめていますので、急病時の判断の目安に役立てていただけたら幸いです。

小児救急啓発 お子さんの急病対応ガイド

平成26年3月13日(1本追加)

こうち旬のスポット(アマチュアスポーツの合宿支援するぜよ)

あったか高知で合宿しませんか?

高知県は気候も温暖で、食事も美味しいと評判!

まさにアマチュアスポーツ合宿の最適地。
さらに高知県の助成も受けられるので
ぜひ合宿地を探す際には高知県を!

こうち旬のスポット(アマチュアスポーツの合宿支援するぜよ)

平成26年3月12日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「本山町・ブランド米を使った焼酎造り」』(平成26年3月9日放送)

四国山地の中に位置する本山町。

ここで作られるブランド米「土佐天空の郷」は「お米日本一コンテスト in しずおか2010」で
最優秀賞に輝くなど、全国から高い評価を受けています。

現在、本山町ではこの「土佐天空の郷」を使った焼酎造りが進められており、
今年2月に販売をスタートしたところです。

今回は、ばうむ合同会社による焼酎造りの取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「本山町・ブランド米を使った焼酎造り」』

平成26年3月11日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「高知東部自動車道・新区間の開通」』(平成26年3月9日放送)

高知市から安芸市に向かって延びる高知東部自動車道。

3月9日、香南のいちインターチェンジと香南かがみインターチェンジの区間が
開通し、香南市野市町から芸西村まで高速道路が繋がります。

開通した高速道路には、早期高知東部自動車道では初めて緊急避難施設が
整備されており、生活の利便性向上や渋滞の緩和に加えて、防災の効果も
期待されています。

今回は、高速道路の早期整備に向けた取り組みについて、
新区間が開通する高知東部自動車道から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「高知東部自動車道・新区間の開通」』

平成26年3月7日(1本追加)

高知の春(土佐路を疾走 第2回高知龍馬マラソン)

去年を約1400人上回る4853人が参加した
第2回高知龍馬マラソンランナーたちは
高知の街並みや自然を楽しみながら
ゴールの春野陸上競技場を目指します。

高知の春(土佐路を疾走 第2回高知龍馬マラソン)

平成26年3月5日(1本追加)

おはようこうち「土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)」(平成26年3月2日放送)

ビジネスを進めるうえで必要な知識を「まるごと」身に付けていただこうと開講している
「土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)」。

平成25年度も「ガイダンス・入門編」から「応用・実践編」まで、5ジャンル・33科目に
のべ1600人以上の方が受講されました。

今回は、「土佐MBA」による産業人材の育成について、実際の講義風景やビジネスプランの
作成に取り組む受講者の様子を通して紹介します。

土佐まるごとビジネスアカデミーのHP」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)」(平成26年3月2日放送)

平成26年3月3日(1本追加)

こうち旬のスポット(街が宴会場! 日本一の大おきゃく)

高知の街が大宴会場に変身!

3月8日・9日の2日間高知市中心部のアーケードや中央公園で
「日本一の大おきゃく」が開催されます。

高知の美味しい料理をが勢ぞろいするこのイベント。
完全前売り制で3月7日までにチケット購入が必要です。

土佐のおきゃく2014のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(街が宴会場! 日本一の大おきゃく)

平成26年2月26日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「しまんとマルシェ四万十の蔵」』(平成26年2月23日放送)

一昨年、高知市南久保に開店した四万十町アンテナショップ「しまんとマルシェ四万十の蔵」。
毎朝、四万十町から運ばれてきた新鮮な野菜などが並び、お客さんの好評を博しています。

今回は、去年12月に施設をリニューアルし、より一層四万十町のPRに取り組む「しまんとマルシェ四万十の蔵」を紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「しまんとマルシェ四万十の蔵」』

平成26年2月25日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「若者サポートステーション」』(平成26年2月23日放送)

若者サポートステーションは、15歳から39歳までの若者に対して就労・就学に向けた支援を行う機関です。

県内では、高知市のふくし交流プラザ内をはじめ6ヶ所に開設されており、教員免許を持つスタッフによる
就学サポートやキャリアコンサルタントによる就労サポートなど、幅広い取組を行っています。

今回は、「若者サポートステーション」の取組について、高知市の「こうち若者サポートステーション」から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「若者サポートステーション」』

平成26年2月21日(2本追加)

平成26年2月14日の知事記者会見

(記者との質疑応答)
・南海トラフ地震対策(1)
・当初予算のポイント(1)
・南海トラフ地震対策(2)
・第1次産業の競争力強化(1)
・当初予算のポイント(2)
・土佐電気鉄道
・当初予算のポイント(3)
・新図書館及び新資料館
・移住促進
・女性の活躍の場の拡大
・南海トラフ地震対策(3)
・米軍機の低空飛行訓練
・第1次産業の競争力強化(2)

・添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します

平成26年2月14日の知事記者会見

平成26年2月20日(1本追加)

高知の冬(土佐の旬と会話を楽しむ・日曜市)

高知市の追手筋で約500軒の
街路市が並ぶ「日曜市」

買い物だけではなく、美味しい食べ方など
会話を楽しめるのが魅力の一つ。
旬の食材も数多く並ぶ日曜市に
ぜひ行ってみませんか。

こうちの冬(土佐の旬と会話を楽しむ・日曜市)

平成26年2月18日(1本追加)

おはようこうち「お薬手帳」(平成26年2月16日放送)

「お薬手帳」とは、自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。
活用していただくことで、副作用のリスクを減らし、飲み合わせの悪い薬の処方を予防することはもちろん、
旅行先での急病や救急、災害時の薬の処方にも役立ちます。

県では県薬剤師会と連携し、2月からスマートフォンで利用できる「電子版お薬手帳」の運用を行うなど、
普及啓発に向けた取り組みを進めているところです。

今回は、「お薬手帳」の重要性や正しい使い方について紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「お薬手帳」(平成26年2月16日放送)

平成26年2月14日(1本追加)

平成26年2月14日の知事記者会見(1)(知事説明)

・平成26年度一般会計当初予算の概要
・第2期日本一の健康長寿県構想Ver.3のポイント
・高知県建設業活性化プラン

・添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します
 

平成26年2月14日の知事記者会見(1)

平成26年2月12日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「土佐清水市の移住・定住促進」』(平成26年2月9日放送)

高知県の最南端にある土佐清水市では、少子高齢化による人口減少が課題になっており、
地域移住サポーターの委嘱やお試し移住施設の整備など、移住・定住促進に取り組んでいます。

今回は、土佐清水市の移住・定住促進による地域活性化の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「土佐清水市の移住・定住促進」』

平成26年2月10日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「高知県地場産業大賞」』(平成26年2月9日放送)

高知県産業振興センターでは、高知県内で作り出された優秀な地場産品や地域産業の
振興に貢献のあった活動を顕彰する「高知県地場産業大賞」を実施しています。

28回目となる今年は49件の応募をいただき、特に優秀と認められた14の製品・活動が入賞しました。
県では、これらの取組を応援することで、県経済の活性化を進めていきます。
今回は、「高知県地場産業大賞」の取組について、入賞企業の紹介とあわせてお伝えします。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「高知県地場産業大賞」』

平成26年2月7日(1本追加)

こうち旬のスポット(高知県のヒト・モノ・コトを紹介)

東京都中央区銀座にある
高知県アンテナショップまるごと高知。

高知県自慢の食材・日本酒の販売の他
レストランではかつおのわら焼きの実演も
東京にいながら、高知県を味わえるお店です。

こうち旬のスポット(高知県のヒト・モノ・コトを紹介)

平成26年2月6日(1本追加)

こうち旬のスポット(見所いっぱい!四国の最南端)

四国の最南端の足摺岬周辺には見どころがいっぱい
「唐人駄場遺跡」「ジョン万次郎記念館」など
歴史に触れながら楽しむことができます。

そして2月9日は足摺岬周辺で椿まつりも行われます
家族で楽しめるイベントが盛りだくさん
ぜひこの機会に足摺岬へ足を延ばしてみませんか。

こうち旬のスポット(見所いっぱい!四国の最南端)

平成26年2月5日(1本追加)

こうちの冬(冬の高知で食べたい!旬のグルメ)

平冬の高知に来たら是非食べてもらいたい海の幸をご紹介。
県外ではあまり食べられない、また今が旬のグルメをご紹介します。

こうちの冬(冬の高知で食べたい!旬のグルメ)

平成26年2月4日(1本追加)

おはようこうち「消防団の活動」(平成26年2月2日放送)

消防団は、常勤の消防職員が勤務する消防署とは異なり、
地域の方が火災や大規模災害発生時に自宅や職場から
現場へ駆けつけ、消火活動・救助活動を行う消防機関です。
地域に密着した消防団は防災の要であり、県としても団員確保に向けた
様々な取組を行っています。

今回は、地域で活動する消防団について、いの町枝川分団から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「消防団の活動」(平成26年2月2日放送)

平成26年2月3日(2本追加)

平成26年1月23日の知事記者会見

(記者との質疑応答)
・日米共同統合防災訓練(1)
・公共工事の入札不調問題(1)
・土佐電気鉄道
・「高知家の食卓」県民総選挙
・日米共同統合防災訓練(2)
・旭食品との地産外商の連携
・談合問題
・公共工事の入札不調問題(2)
・高知家
・東京都知事選
・日米共同統合防災訓練(3)

平成25年を迎えるにあたって

平成26年1月31日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「海の駅 東洋町」』(平成26年1月26日放送)

おはようこうち『さんしんGO!「海の駅 東洋町」』(平成26年1月26日放送)火災によって焼失していた
「海の駅 東洋町」が、1月12日、およそ1年半ぶりに再オープンしました。

地元の魚や野菜を販売するほか、観光案内コーナーも設置し、高知県の東の玄関口としての役割が
期待されています。

今回は、新たなスタートを切った「海の駅 東洋町」を紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「海の駅 東洋町」』

平成26年1月30日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「子どもたちの体力向上」』(平成26年1月30日放送)

県では「平成27年度までに体力合計点を全国平均以上にする」ことを目標に、
子どもたちの体力向上に取り組んでいます。

昨年12月には、文部科学省が実施した平成25年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果が発表。

高知県は、調査が開始された平成20年度時点で全国最低の水準でしたが、
今回の調査結果では小学5年女子の順位が初の20位台になるなど、上昇傾向にあります。
今回は、子どもたちの体力向上について、地域と一緒になって活動する高岡第二小学校の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「子どもたちの体力向上」』

平成25年1月29日(1本追加)

こうちの憩い(世界の三大穀物 ~イネ・ムギ・トウモロコシ~)

私たち人間が世界で主食としている
米になるイネ、パンや麺になるコムギ、そしてトウモロコシ
身近な作物でありながら、知っているようで知らない
イネ・ムギ・トウモロコシの起源や利用法など
分かりやすく説明していきます

こうちの冬(本物の「遅咲きのヒマワリ」が見られる!?)

平成25年1月23日(1本追加)

こうちの彩り(四国霊場開創1200年)

弘法大師が開いた四国八十八ヶ所霊場。
平成26年に開創1200年の節目の年を迎える
各寺院では特別開帳や、節目ならではの特典など
が予定されている。

若い人たちにも広がりをみせるお遍路文化
ぜひこの機会に巡礼してみてはいかがでしょうか?

こうちの冬(本物の「遅咲きのヒマワリ」が見られる!?)

平成26年1月22日(1本追加)

「安田町津波CG」(南海地震対策課)

この映像は、安田町が、町民の皆さんの津波から迅速に避難するという意識を高めるために、
普段見慣れた町の風景に津波が襲来したとき、どのような状況になるか、より具体的にイメージできるよう、
コンピュータグラフィックスの技術を用いて映像化したものです。

他の市町村においても、南海トラフ地震に伴う津波が発生した場合、沿岸部の多くの集落で同じような状況と
なることが想定されることから、ご家庭や自主防災組織等でご覧いただき、津波からの避難を考える資料としてご活用ください。

※県が公表している「南海トラフの巨大地震による震度分布・津波浸水予測(南海地震対策課)」もご覧ください。

「安田町津波CG」(南海地震対策課)

平成26年1月21日(1本追加)

おはようこうち「園芸農業の推進」(平成26年1月19日放送)

県では、園芸農業の振興を目指し、天敵昆虫による害虫の駆除などの技術を
用いた環境保全型農業の技術導入など、全国に先駆けた取組を行っています。

その一環として、県では、平成21年に園芸農業の先進国であるオランダの
ウェストラント市と友好園芸農業協定を締結。人材・技術交流を深めており、
今年1月には、オランダの農業コンサルタント・アルコさんによる、芸西村や
安芸市の農家へのアドバイスが行われました。

今回は、園芸農業の推進に向けた取組について紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「園芸農業の推進」(平成26年1月19日放送)

平成26年1月15日(1本追加)

おはようこうち「知事新年インタビュー」(平成26年1月12日放送)

1月12日(日曜日)の放送は知事にインタビュー。「高知家」の取り組みや
南海トラフ地震対策などの重点施策について紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「知事新年インタビュー」(平成26年1月12日放送)

平成26年1月14日(2本追加)

平成25年12月18日「対話と実行座談会」(魅力ある観光地づくりについて)

平成25年12月18日に新ロイヤルホテル四万十で行われた
「対話と実行座談会」(魅力ある観光地づくりについて)の様子です。

・知事説明
・参加者からの取組発表及び意見交換
・知事のあいさつ

平成25年12月18日「対話と実行座談会」(魅力ある観光地づくりについて)』


こうち旬のスポット(土佐のおさかなまつり)

1月19日に高知市中央公園で
第4回土佐のおさかなまつりを開催します

高知県の獲れたてで新鮮な水産物が大集合。
昨年は準備した商品が昼には底をつくほどの大盛況。

イベントも盛りだくさんで皆様をお待ちしています

高知のお魚まるごとネット」もご覧ください。

こうち旬のスポット(土佐のおさかなまつり)

平成26年1月9日(1本追加)

「津波から命を守るために…」(南海地震対策課)

海トラフ地震に伴う津波から命を守るためには、大きな揺れから身を守り、揺れが収まった後、
すぐに避難することが重要です。

そのためには、東日本大震災での津波の体験を忘れることなく、事前に備えておくことが、自分や
大切な人の「命」を守ることに繋がります。

この映像では、津波に対する知識や危険性、また、県民の皆様が「今すぐできる備え」について
知っていただくため、東日本大震災における津波の実写映像や避難された方々のインタビューに
加え、南海トラフ地震の津波の想定や備えについてご紹介をします。

ご家庭や地域の自主防災活動等においてご活用ください。

※県が公表している「南海トラフの巨大地震による震度分布・津波浸水予測(南海地震対策課)」もご覧ください。

「津波から命を守るために…」(南海地震対策課)

平成26年1月8日(2本追加)

平成25年12月27日の知事記者会見

(記者との質疑応答)
・2期目の折り返しを迎えた感想
・特定秘密保護法
・シキボウ跡地の利活用
・安倍首相の靖国参拝(1)
・有効求人倍率と産業振興計画
・南海トラフ地震対策(1)
・防災関連産業
・はた博と東部博
・南海トラフ地震対策(2)
・日米合同防災訓練
・安倍首相の靖国参拝(2)
・「高知家の食卓」県民総選挙

・添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します

平成25年を迎えるにあたって

平成26年1月7日(2本追加)

平成26年を迎えるにあたって

(知事の年頭所感(平成26年を迎えるにあたって))
・高知家元年
・産業振興計画の推進
・日本一の健康長寿県づくり
・南海トラフ地震対策
・教育改革の推進
・中山間対策
・国への対応
・県勢浮揚を目指して

(記者との質疑応答)
・今年のキャッチフレーズ
・少年非行の防止対策
・移住促進の取り組み
・少子化対策と男女共同参画の抜本強化
・減反政策の見直し

・添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します

平成25年を迎えるにあたって

平成26年1月6日(1本追加)

平成26年1月6日の仕事始め式

平成26年1月6日に行われた仕事始め式を掲載しました

平成26年1月6日の仕事始め式

平成26年1月4日(1本追加)

こうち旬のスポット(「高知家」の食卓」県民総選挙2014)

県民を挙げて観光客にオススメする
「飲食店」と「メニュー」を選ぶ総選挙が
開催されるその名も「高知家の食卓」県民総選挙2014

地元の食をこよなく愛する高知県民が選ぶおススメは!?

こうち旬のスポット(「高知家」の食卓」県民総選挙2014)

平成26年1月3日(1本追加)

おはようこうち「南海トラフ地震への備え」(平成26年1月3日放送)

県では、東日本大震災の教訓や最新の知見に基づいた被害想定を踏まえ、
今年6月に高知県南海トラフ地震対策行動計画を作成し、南海トラフ地震への
備えを進めています。

南海トラフ地震から生命を守るためには、県や市町村の取り組みに加え、
各ご家庭での準備が必要です。

そのため、県では防災啓発冊子「南海トラフ地震に備えちょき」を改訂し、
来年1月中に各ご家庭へ配布するよう準備を進めています。

今回は、家具転倒防止をはじめとした、家庭内でできる南海トラフ地震への備えについて紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「南海トラフ地震への備え」(平成26年1月3日)

平成25年12月29日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「大学生による地域応援」』(平成25年12月15日放送)

おはようこうち『さんしんGO!「大学生による地域応援」』(平成25年12月15日放送)物部川地域では、地域と大学などの学生との交流機会を増やし、地域の活性化を
目指す取り組みが進んでいます。

今回は、香美市の観光スポット「龍河洞」でクリスマスキャンドルナイトの準備を行う
高知工科大学の学生グループの活動を紹介します。

龍河洞HP」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「大学生による地域応援」』

平成25年12月27日(1本追加)

平成25年12月27日の仕事納め式

平成25年12月27日に行われた仕事納め式を掲載しました

平成25年12月27日の仕事納め式

平成25年12月25日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「楽しまんと!はた博の成果」』(平成25年12月22日放送)

幡多地域6市町村の自然を体験し、地域の食材や産物の恵みをPRする観光キャンペーン「楽しまんと!はた博」。

7月1日の開幕以降、約50の体験プログラムを新設するなど、幡多地域の観光振興に向けて様々な取り組みを、
進めており観光施設の入込客数が増加するなどの成果が表れています。

今回は、「楽しまんと!はた博」を通じた地域観光振興の取り組みや、12月31日閉幕に向けて開催される様々な
イベントを紹介します。

楽しまんと!はた博HP」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「楽しまんと!はた博の成果」』

平成25年12月13日(1本追加)

こうちの冬(本物の「遅咲きのヒマワリ」が見られる!?)

平成24年に放送された四万十市が舞台の
テレビドラマ「遅咲きのヒマワリ」

そのロケ地に現在約100万本のヒマワリの種が
植えられている。
四万十市勝間・四万十市田出ノ川・四万十市安並付近の3か所
初めての試みで不安も残るというが・・・
多くの方に「遅咲きのヒマワリ」を見てもらいたいと
地元では期待を寄せている

こうちの冬(本物の「遅咲きのヒマワリ」が見られる!?)

平成25年12月10日(1本追加)

こうちの憩い(高知県立美術館 草間彌生 永遠の永遠の永遠)

世界的な現代美術家として活躍する
草間彌生さんの最新の作品が一堂に会する
初公開となる巨大彫刻や、LEDの光を使った作品など
ジャンルを超えた芸術世界を体感いただけます

こうちの憩い(高知県立美術館 草間彌生 永遠の永遠の永遠)

平成25年12月9日(1本追加)

おはようこうち「がん検診の受診促進」(平成25年12月8日放送)

県民のおよそ4人に1人が、がんで亡くなっており、死亡原因の第1位となっています。
そのため、県では第2期健康長寿県構想の一環として、がん対策の推進に力を入れています。

がん検診の受診促進も対策の一つ。今年度は住所地に関係なく市町村がん検診が
受診できる取り組みや、郵送による大腸がん検診などを行っています。

今回は、がん検診の取り組みについて、香我美町のがん健診会場から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「がん検診の受診促進」(平成25年12月8日放送)

平成25年12月5日(1本追加)

平成25年11月29日の知事記者会見

平成25年11月29日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(記者との質疑応答)
・南海トラフ地震対策(1)
・高知家
・新資料館及び新図書館
・消費税の軽減税率
・南海トラフ地震対策(2)
・参院選1票の格差
・軽自動車税の増税
・カゴメとの包括協定
・土佐電気鉄道

添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年11月29日の知事記者会見

平成25年12月4日(1本追加)

こうちの秋(高知の秋まつり 一條大祭 いの大国様)

四万十市で行われる一條大祭
応仁の乱を逃れこの地に来た一條教房を偲ぶ祭りで
「いちじょこさん」の愛称で親しまれています。

また「いのの大国さま」で知られるいの大国祭は
いの町椙本神社で行われ、五穀豊穣を願う祭りです。

こうちの秋(高知の秋まつり 一條大祭 いの大国様)

平成25年12月3日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「佐川町の観光推進」』(平成25年12月1日放送)

江戸時代から続く老舗酒蔵や歴史的建造物など、豊富な観光資源に恵まれた県中北部の高岡郡佐川町。
ここでは観光により地域活性化を目指し、観光ボランティアによる街歩きや「さかわ観光協会」による情報発信の
取組が進んでいます。

今回は、佐川町の観光振興に向けたNPO法人「佐川くろがねの会」と「さかわ観光協会」の取組を紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「佐川町の観光推進」』

平成25年12月2日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「リョーマの休日・物部川エリア・室戸ジオパーク高知東海岸エリア」』(平成25年12月1日放送)

観光キャンペーン「リョーマの休日」では、県内をいくつかのエリアに分け、
地域の魅力を満載したエリアキャンペーンを展開しています。

10月からは、「物部川エリア」や「室戸ジオパーク高知東海岸エリア」でもキャンペーンがスタート。
第1回地場もん国民大賞で銀賞に輝いた「ごめんシャモスキやき」などのグルメや、
今年新たに誕生した「田野町完全天日塩製塩体験施設」など、様々な観光商品が楽しめます。

今回は、地域の魅力を生かした「物部川エリア・室戸ジオパーク高知東海岸エリア」の
キャンペーンを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「リョーマの休日・物部川エリア・室戸ジオパーク高知東海岸エリア」』

平成25年11月29日(1本追加)

平成25年11月29日の知事記者会見

平成25年11月29日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(知事説明)
「12月補正予算(案)の概要について」

1.南海トラフ地震対策のさらなる充実強化・加速化
2.産業振興計画の推進
3.その他

添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年11月12日の知事記者会見

平成25年11月27日(1本追加)

こうちの冬(高知城 冬のお城まつり)

11/30~12/8までの9日間、開催される
このイベントではキャンドルの煌めく炎が高知城を彩ります。

飲食コーナーやステージイベントをはじめ
期間中の金・土・日は夜9時まで懐徳館も開館しています。

よさこいネット 高知城 冬のお城まつりのページ」もご覧ください。

こうちの冬(高知城 冬のお城まつり)

平成25年11月26日(1本追加)

平成25年11月18日「対話と実行座談会」(移住の促進について)

平成25年11月18日に県庁本庁舎1階正庁ホールで行われた
「対話と実行座談会」(移住の促進について)の様子です。

・知事説明
・出席者の自己紹介及び近況などの紹介
・意見交換
・知事のあいさつ

平成25年11月18日「対話と実行座談会」

平成25年11月25日(1本追加)

おはようこうち「防災教育の取り組み」(平成25年11月24日放送)

県では、様々な災害から子どもたちの命を守るため、防災教育に取り組んでいます。

平成24年度には「実践的防災教育推進事業」による、南海トラフ地震対策を進める市町村や学校への支援を開始。
また、今年度には南海トラフ地震をはじめ、交通事故や犯罪被害など様々な危険から子どもたちを
守る安全教育の指針として、「高知県安全教育プログラム」を作成しています。

今回は防災教育について、取り組みを進める学校現場から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「防災教育の取り組み」(平成25年11月27日放送)

平成25年11月19日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「北川村ゆず王国」』(平成25年11月17日放送)

県東部の北川村は県内有数のユズの産地。

そこで活動する北川村ゆず王国株式会社は、日本で初めてユズ玉の海外輸出を行うなど、
精力的な活動を行っています。

今回は北川村ゆず王国によるユズの販路拡大の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「北川村ゆず王国」』

平成25年11月18日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「港を生かした地産外商」』(平成25年11月17日放送)

県では県経済を支える物流交流拠点として、高知新港の更なる利活用と利便性の向上に取り組んでおり、
その活動は集荷・航路誘致やクルーズ客船の誘致など多岐にわたります。

また、港を通じた国際ネットワーク組織(INAP)にも高知県は参加しており、
11月21日から23日には「第2回ものづくり総合技術展」との併催で「INAP2013アジアフェア」が開催されます。

今回は高知新港を活用した地産外商の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「港を生かした地産外商」』

平成25年11月13日(1本追加)

平成25年11月12日の知事記者会見

【高知家】プロモーション第2弾「高知家の唄」完成記者会見

・知事挨拶
・「高知家の唄」PV上映
・岡本さんと島崎さんからの応援コメント
・「高知家の本気」宣言
・「高知家の唄」の活用上の留意事項
・「高知家」撮影セットの公開
・記者との質疑応答

平成25年11月12日の知事記者会見

平成25年11月12日(1本追加)

おはようこうち「高知家のいい物・おいしい物発見コンクール」(平成25年11月10日放送)

では、第2期産業振興計画の柱の一つとして、地産地消・外商の推進に取り組んでいます。
その一環として、県内事業者の商品開発を後押しし、全国にPRする「いい物・おいしい物発見コンクール」を
2年ごとに実施しており、今年度も応募総数114品の中から10品の入賞が決定しました。

今回は「高知家のいい物・おいしい物発見コンクール」の加工食品部門、非食品部門で大賞を受賞した商品や、
コンクールを通した県の地産地消・外商への支援策について紹介します。

高知家のいい物・おいしい物HPのページ」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「高知家のいい物・おいしい物発見コンクール」(平成25年11月10日放送)

平成25年10月31日(2本追加)

平成25年10月31日の知事記者会見

平成25年10月31日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(記者との質疑応答)
・やなせたかし氏
・ねんりんピックよさこい高知2013
・日米共同統合防災訓練(1)
・TPP
・土佐電気鉄道
・減反政策(1)
・全国学力・学習状況調査
・南海トラフ巨大地震対策特別措置法案
・集団的自衛権
・減反政策(2)
・特定秘密保護法案
・日米共同統合防災訓練(2)
・県民世論調査

添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年10月31日の知事記者会見

平成25年11月8日(1本追加)

のいち動物公園「シロテテナガザルとブチハイエナの赤ちゃん」

・シロテテナガザルの赤ちゃん
9月30日にシロテテナガザルのニタ(オス)とチャコ(メス)の間に
赤ちゃんが誕生しました。
展示場では、お母さん(チャコ)のお腹にしっかりとしがみついている
赤ちゃんの姿を見ることができます。

・ブチハイエナの赤ちゃん
8月20日にブチハイエナのブッチー(オス)とエナ(メス)の間に
双子の赤ちゃんが誕生しました。
出産後は、体が小さいほうの赤ちゃんが元気がなく心配でしたが
今では、母子3頭で仲良く展示場に出ています。

のいち動物公園

平成25年11月6日(1本追加)

こうちの憩い(高知県立歴史民俗資料館 備前焼~薪と炎が織りなす土の美)

備前焼の歴史と美の世界を岡山県立博物館が
所蔵する優品をメインに展示

重要文化財をはじめ、歴史的にも貴重な作品が勢ぞろい

薪と炎が織りなす土の美「備前焼」を堪能下さい

高知県立歴史民俗資料館のページ」もご覧ください。

こうちの憩い(高知県立歴史民俗資料館 備前焼~薪と炎が織りなす土の美)

平成25年11月5日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「新しい酪農経営・岡崎牧場」』(平成25年11月3日放送)

高知市にある岡崎牧場は、酪農経営に加え、
観光地や教育の場として牧場の活用を進めています。

今回は岡崎牧場による酪農教育ファームの取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「幡多地域の自転車観光の推進」』

平成25年11月4日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「開館20周年!高知県立美術館」』(平成25年11月3日放送)

高知県立美術館は平成5年11月3日の開館以来、優れた芸術鑑賞を通じて芸術に対する理解を深め、
また、生活の中に潤いや安らぎを感じていただくために様々な活動を行ってきました。

開館20周年を迎える今年は様々なイベントを企画しており、皆さまのご来場をお待ちしています。

今回は高知県立美術館の取り組みを紹介します。

高知県立美術館HP」もあわせてご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「学力向上の取り組み」』

平成25年11月1日(1本追加)

こうち旬のスポット(室戸ジオパーク 東海岸エリア)

四国で唯一「世界ジオパークネットワーク」に
認定された室戸地域。

この地域は地学的価値だけではなく、
歴史や文化、新鮮な食と魅力が盛りだくさん。

空海が悟りを開いたと言われる神秘的な洞窟も
是非ご覧ください。

こうち旬のスポット(室戸ジオパーク 東海岸エリア)

平成25年10月31日(1本追加)

こうち旬のスポット(高知市桂浜公園 龍馬に大接近)

龍馬と同じ目線で太平洋を見てみませんか?

高知市桂浜公園内の坂本龍馬像の脇にある
特設展示台から望む景色は絶景!
11月24日までの期間限定です。

11月15日は高知市内で龍馬生誕祭も行われます。

こうち旬のスポット(高知市桂浜公園 龍馬に大接近)

平成25年10月28日(1本追加)

おはようこうち「産業振興センター・外商支援部の活動」(平成25年10月27日放送)

仁淀川・四万十川流域など清流が流れる山間地域で栽培されている高知県のお茶。
しかし近年、お茶(荒茶)の需要低下や価格低迷などによって生産量は減少傾向にあることから
、県では生産者や関係団体と協力し、ブランド茶「土佐茶」として高知県のお茶の消費・販路拡大に取り組んでいます。

今回は、官民協働で取り組む「土佐茶」振興の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「産業振興センター・外商支援部の活動」(平成25年10月27日放送)

平成25年10月22日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「学力向上の取り組み」』(平成25年10月20日放送)

県では、「高知県教育振興基本計画・重点プラン」を策定し、「小学校の学力は全国上位に」、「中学校の学力は全国平均に」
それぞれ引き上げることを目標に学力向上の取り組みを進めています。

8月に発表された「全国学力・学習状況調査」の結果によると、小・中学校ともに学力が改善傾向にあるものの、
思考力や表現力が必要な問題への対応に課題があることから、県教育委員会では学校現場と連携して思考力・表現力向上に取り組んでいます。

今回は香美市立山田小学校から、学力向上の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「学力向上の取り組み」』


おはようこうち『さんしんGO!「幡多地域の自転車観光の推進」』

県西部・幡多地域では、四万十市西土佐商工会が中心となって自転車観光の推進に取り組んでいます。

レンタサイクル事業を始め、「自転車の駅」の設置や全国規模のサイクリングイベントなども開催されるなど、
その取り組みは大きく広がっています。

今回は地域活性化を目指した自転車観光の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「幡多地域の自転車観光の推進」』

平成25年10月17日(1本追加)

のいち動物公園「ミナミコアリクイとチンパンジーの赤ちゃん」

今年のいち動物公園はベビーラッシュでした。
今回は、その中からミナミコアリクイとチンパンジーの赤ちゃんを紹介します。

〈ミナミコアリクイの赤ちゃん〉
木登りが得意なミナミコアリクイ。ぐんぐんと木の上を渡っていく母の背中に
赤ちゃんはしっかりとしがみついています。

〈チンパンジーの赤ちゃん〉
人工飼育のため、公開時間中は展示場横の保育器で過ごす赤ちゃん。
飼育係が一緒に居る時は、母親がするように可能な限り抱っこしての育児です。

のいち動物公園

平成25年10月16日(1本追加)

平成25年9月25日「対話と実行座談会」
(介護福祉を目指す若者たちの思いを聴く ~とびだせ!!高知のヘルプマン~!)

平成25年9月25日に県庁本庁舎1階正庁ホールで行われた「対話と実行座談会」(護福祉を目指す若者たちの思いを聴く ~とびだせ!!高知のヘルプマン~!)の様子です。

・各養成学校の取組説明
・意見交換
・全体での意見交換

平成25年8月28日の知事記者会見

平成25年10月15日(1本追加)

おはようこうち「産業振興センター・外商支援部の活動」(平成25年10月13日放送)

県では、第2期産業振興計画の柱の一つとして「力強いものづくり産業への体質強化」に取り組んでいます。

その一環として、高知県産業振興センターでは平成24年4月に外商支援部を開設。
メイド・イン高知の優れた製品の地産外商を積極的に支援しています。

今回は、産業振興センター・外商支援部の活動について、県内でものづくりを行う様々な企業とともに紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「産業振興センター・外商支援部の活動」(平成25年10月13日放送)

平成25年10月10日(1本追加)

こうちの秋(越知町コスモス祭り開幕!)

今年も越知町でコスモスまつりが開幕しました。

宮の前公園に咲き誇る約150万本のコスモスは圧巻です。
露店やステージイベントをはじめ家族で楽しめるイベントが満載です。
10/20まで開催のコスモスまつりにぜひお越しください。

「越知観光協会のページ」もご覧ください。

こうちの秋(越知町コスモス祭り開幕!)

平成25年10月8日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「楽しまんと!はた博」』(平成25年10月6日放送)

県の西南部「幡多地域」では、12月31日まで広域観光キャンペーン「楽しまんと!はた博」を開催しています。

期間中は幡多地域の自然を生かした体験プログラムや食材・物産・地域文化を体感するイベントを実施しており、
県内外の皆様に楽しんで頂ける内容になっています。

今回は、これから楽しめる体験プログラムなど、「楽しまんと!はた博」の魅力を紹介します。

「楽しまんと!はた博」公式HP」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「楽しまんと!はた博」』


おはようこうち『さんしんGO!「嶺北地域の移住促進の取り組み」』

嶺北地域への移住者が中心となって、移住促進の活動に取り組む「れいほく田舎暮らしネットワーク(RIN)」。

HPで嶺北地域の情報や空き家の紹介を行っているほか、移住ツアーの開催や
移住者と住民に交流の場づくりも行っています。

今回は、「れいほく田舎暮らしネットワーク(RIN)」の活動や、新たな交流の場として本山さくら市にオープンした
「REIHOKU FARMER'S CAFE」など、嶺北地域における移住促進の取り組みを紹介します。

「れいほく田舎暮らしネットワークのHP」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「嶺北地域の移住促進の取り組み」』

平成25年10月3日(2本追加)

こうち旬のスポット(楽しまんと!はた博 イベント開催中)

12月31日まで行われているはた博の
これからのおススメのイベントを紹介。

かつお祭りやどぶろく祭りなどそこでしか味わえない魅力が盛りだくさんです。

こうち旬のスポット(楽しまんと!はた博 イベント開催中)


こうちの憩い(高知県立坂本龍馬記念館 「土佐の武術展」)

現在高知県立坂本龍馬記念館では「土佐の武術」展を開催中。

江戸時代の土佐で学ばれた主な武術と流派を紹介する。
土佐の武術を通じて幕末の志士たちをより深く知ることができる。

こうちの憩い(高知県立坂本龍馬記念館 「土佐の武術展」)

平成25年9月30日(1本追加)

おはようこうち「障害者施設の工賃向上の取り組み」(平成25年9月29日放送)

県では、障害がある方の経済的な自立を目指し、障害者施設の工賃向上に取り組んでいます。
施設にアドバイザーを派遣し、商品開発・品質管理・市場開拓などの指導、助言を行う
「工賃向上アドバイザー制度」もその一環であり、取り組みによって様々な新商品・改良商品が
生まれています。

今回は、障害者施設の工賃向上の取り組みについて、
9月19日に行われた工賃向上アドバイザーの成果発表・展示即売会の現場から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「障害者施設の工賃向上の取り組み」(平成25年9月29日放送)

平成25年9月27日(2本追加)

平成25年9月19日の知事記者会見

平成25年9月19日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(記者との質疑応答)
・南海トラフ地震対策
・高知おおとよ製材
・消費税の引き上げと経済対策
・県内雇用情勢
・日米合同防災訓練(1)
・2020年東京オリンピック
・日米合同防災訓練(2)
・移住ホームページ
・日米合同防災訓練(3)

添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年8月28日の知事記者会見

平成25年9月25日(1本追加)

おはようこうち「林業振興の取り組み」(平成25年9月22日放送)

全国一の森林率84%を誇る高知県。

この豊富な森林資源を生かして所得の向上を図るため、
産業振興計画では林業分野の取り組みを行っています。

その一環として、8月には大豊町に大手集成材メーカー「銘建工業」と高知県森林組合連合会などが
出資する大規模製材工場「高知おおとお製材」が稼働開始。

その他、原木生産の増加や木材の地産地消・外商、木質バイオマスの利用促進など、
林業振興に向けて様々な活動が進んでいます。

今回は、県の林業振興について、多岐にわたる取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「林業振興の取り組み」(平成25年9月22日放送)

平成25年9月20日(1本追加)

のいち動物公園「ジャングルミュージアムの動物」

ジャングルミュージアムでは、熱帯雨林に生息するさまざまな動物たちに出会えます。

【ナマケモノ】
睡眠時間が1日20時間といわれるナマケモノです。
この個体はメスの「キュウ」です。

【ウンピョウ】
からだの模様が「雲」に似ているので「ウンピョウ(雲豹)」といいます。この個体は、オスの「リュウ」です。

【ビントロング】
木登りが得意なピントロング。
8月、展示場のタワーを新しく組み直したばかりです。
この個体はオスの「ソルト」です。

【南米水槽】
シルバーアロワナ、タンスイエイ、タイガーシャベルノーズキャット
キザミネヘビクビガメが水槽内で泳いでいます。

のいち動物公園

平成25年9月19日(1本追加)

平成25年9月19日の知事記者会見

平成25年9月19日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

・9月補正予算の概要
・まるごと高知の状況

添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年9月19日の知事記者会見

平成25年9月18日(2本追加)

こうち旬のスポット(土佐の豊穣祭)

2013年秋土佐の豊穣祭が高知県内7会場で行われます。

豊かな食の國、高知の海・山・川・里の幸!
是非この機会に高知の食を食べつくしてください。

「土佐の豊穣祭のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(土佐の豊穣祭)


こうち旬のスポット(高知龍馬マラソン)

昨年初めて開催された高知龍馬マラソン2013が
今年も平成26年2月16日に開催が決定。

日本陸上競技連盟公認で太平洋を望みながら
走ることができるコースが特徴。

平成25年10月31日まで申し込み受付中。

「高知龍馬マラソンのページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(高知龍馬マラソン)

平成25年9月17日(1本追加)

おはようこうち「認知症の早期発見」(平成25年9月15日放送)

全国に先駆けて高齢化が進む高知県。それに伴って認知症高齢者の増加が見込まれることから、
県では「第2期日本一の健康長寿県構想」の一環として認知症対策に取り組んでいます。

今年度からの新たな取り組みとして、認知症に関する研修を受けた医師等を「こうちオレンジドクター」として登録し、
相談しやすい体制を整備するなどの取り組みを進めているところです。

今回は、認知症対策について紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「認知症の早期発見」(平成25年9月15日放送)

平成25年9月11日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「幼児教育の取り組み」』(平成25年9月8日放送))

県では平成24年度に「高知県教育振興基本計画 重点プラン」を策定し、「知」「徳」「体」それぞれの分野で
目標を定めて教育改革を進めています。

幼児教育もそのひとつ。県では保育・教育の質を向上させるため、県内を13ブロックに分け、
各ブロック内の保育所・幼稚園の交流や研修により、地域のネットワーク化に取り組んでいます。

今回は、香南市の赤岡保育所から、ブロック研修を活用した取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「幼児教育の取り組み」』


おはようこうち『さんしんGO!「南国市・ごとおち市」』

今年3月、南国市の十市パークタウン内にオープンした「ごとおち市」。

JA十市の直販所「ひかり市」を移転・拡張したこの施設では、
地域の生産者が出荷する手造りの野菜や加工品、工芸品が販売されています。

今回は、「ごとおち市」による生産者の意欲向上と地域活性化の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「南国市・ごとおち市」』

平成25年9月9日(2本追加)

こうち旬のスポット(今が旬!高幡エリア)

高幡エリアはドライブにぴったりのエリア

名物グルメを楽しみ、歴史ロマンに触れたあとは、
日本三大カルストで高原の爽やかな風に癒されよう!

こうち旬のスポット(今が旬!高幡エリア)


こうちの夏(熱闘!第22回まんが甲子園)

8月3日・4日高知市に全国から高校ペン児が集結し「第22回まんが甲子園」が開催されました。

全国311校の中から予選を勝ち抜いた30校の熱い戦いの行方は?

全国の頂点に立つのは一体どの学校なのでしょうか?

こうち旬のスポット(熱闘!第22回まんが甲子園)

平成25年9月6日(1本追加)

おはようこうち「ねんりんピックよさこい高知2013」(平成25年9月1日放送)

9月1日(日曜日)の放送は「ねんりんピックよさこい高知2013」について。

10月26日(土曜日)から開催し、60歳以上の方々がスポーツや文化活動を
通じて交流を深める「ねんりんピック」の取り組みについて紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「ねんりんピックよさこい高知2013」(平成25年9月1日放送)

平成25年9月4日(2本追加)

平成25年8月28日の知事記者会見

平成25年8月28日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(記者との質疑)

応答添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年8月28日の知事記者会見

平成25年8月23日(2本追加)

こうち旬のスポット(高知旅の玄関口 こうち旅広場!)

高知の観光の第一歩は陸の玄関口こうち旅広場から。

観光情報はもちろん、幕末へタイムスリップできる「幕末志士社中」。

さらに土・日にはご当地アイドル「土佐おもてなし勤王党」
のステージやよさこい踊りも楽しめます。

こうち旬のスポット(高知旅の玄関口 こうち旅広場!)


こうちの憩い(高知県立文学館 スヌーピーの小さな幸せ探し展)

高知県立文学館では「スヌーピーの小さな幸せ探し展」を開催中です。

カラフルな絵本の森を迷子になりながら探検すると知らず知らずのうちに彼らの仲間になっているかも。

小さな幸せをたくさん見つけて持ち帰りましょう。

こうち旬のスポット(高知県立文学館 スヌーピーの小さな幸せ探し展)

平成25年8月19日(1本追加)

おはようこうち「南海トラフ地震への備え」(平成25年8月18日放送)

県が市町村と連携しながら進めている南海トラフ地震対策。

県では、昨年12月に公表した震度分布・津波浸水予測を基に、高知県版の被害想定を5月15日に公表しました。
この中には、人的被害や建物被害のほか、県、市町村、県民がそれぞれの対策を進めることで、被害を確実に減らせることも示しています。

今回は、各家庭でできる南海トラフ地震への備えと、9月1日(日曜日)に各市町村で開催される県内一斉避難訓練について紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「南海トラフ地震への備え」(平成25年8月18日放送)

平成25年8月12日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「乳幼児健診の受診勧奨」』(平成25年8月11日放送))

県内各市町村では、子どもが健康で順調に育っているかを確認するとともに、
成長や発達の上での心配ごとや病気など調べ、子育てのアドバイスを行う
1歳6か月児と3歳児を対象に乳幼児健診を実施しています。

一方で、乳幼児健診の受診率が全国最下位と非常に厳しい状況であることから、
県では受診率向上に向けた取り組みを行っています。

今回は、高知市が実施した乳幼児健診の様子と、県の受診勧奨に向けた取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「乳幼児健診の受診勧奨」』


おはようこうち『さんしんGO!「よさこい文化の継承と発展」』

今年で60回目を迎える「よさこい祭り」。
よさこい鳴子踊りの魅力を年間を通じて発信するための取り組みが進んでいます。

今回は、今年4月にオープンした「高知よさこい情報交流館」による観光振興や、毎週日曜日のはりまや橋商店街における
よさこい鳴子踊りの披露による地元商店街活性化の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「よさこい文化の継承と発展」』

平成25年8月8日(2本追加)

平成25年7月31日の知事記者会見

平成25年7月31日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(記者との質疑)

応答添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年7月31日の知事記者会見

平成25年8月7日(1本追加)

平成25年8月5日の知事記者会見

平成25年8月5日に行われた知事の記者会見を掲載しました。
・知事挨拶
・「高知家の唄」プロジェクト
・岡本真夜さん応援コメント
・「高知家の本気」施策
・記者との質疑応答
・「高知家」バス出発式

平成25年8月5日の知事記者会見

平成25年8月6日(1本追加)

おはようこうち「リョーマの休日・高幡エリアキャンペーン」(平成25年8月4日放送)

多くの著名な漫画家を輩出し、まんがを文化として親しむ県民性を持つ「まんが王国・土佐」。

観光キャンペーン「リョーマの休日」では、県内をいくつかのエリアに分け、
地域の魅力を満載したエリアキャンペーンを展開しています。

7月からは、「高幡エリア」や「幡多エリア(楽しまんと!はた博)」でもキャンペーンがスタート。
特に「高幡エリア」では、風の里公園や四国カルストに代表される自然体験、
梼原町の歴史に触れる「梼原千百年物語り」など様々な観光商品が楽しめます。

今回は、地域の魅力を生かした「高幡エリア」のキャンペーンを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「リョーマの休日・高幡エリアキャンペーン」(平成25年8月4日放送)

平成25年8月2日(1本追加)

こうちの憩い(高知県立美術館 塩田千春展-ありがとうの手紙)

高知県立美術館では9月23日まで「塩田千春展−ありがとうの手紙」を開催中

展示室全体を使い、毛糸で人間関係を表現
県民からの感謝の手紙を募集し、作品の一部として展示

高知県立美術館のページ」もご覧ください。

塩田千春さんのページ」もご覧ください。

こうちの憩い(高知県立美術館 塩田千春展-ありがとうの手紙)

平成25年8月1日(1本追加)

こうち旬のスポット(本場高知のよさこい情報発信!)

よさこい祭り60年を記念してオープンした高知よさこい情報交流館

よさこい祭りのテーマパークともいえるこの施設は
よさこいの歴史から踊りの体験までいろいろな楽しみが詰まっています。

高知よさこい情報交流館のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(本場高知のよさこい情報発信!)

平成25年7月31日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「森林環境税の活用」』(平成25年7月28日放送))

森林環境の保全や、森林への理解を深め広げることを目的に活用する森林環境税。
平成15年のスタートから11年を迎え、3期目の取り組みがスタートしました。

従来の取り組みに加え、今年度から新たにシカによる被害から森林環境を守る対策の支援を開始するなど、
森林環境税は様々な取り組みに利用されています。

今回は、森林環境税を活用した取り組みについて、甫喜ヶ峰森林公園から紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「森林環境税の活用」』


おはようこうち『さんしんGO!「天日塩づくりを観光に活用」』

県東部の田野町で天日塩づくりに取り組む田野屋塩二郎。
活動の一環として塩づくり見学を積極的に受け入れており、その数は年間1000人以上に上ります。

さらに、田野町では県の補助金を活用して塩づくり体験施設を整備。
地域おこし協力隊とともに塩づくりを町の観光に生かそうと取り組みを進めています。

今回は、田野屋塩二郎と地域おこし協力隊、田野町が連携して進める塩づくりを活用した観光の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「天日塩づくりを観光に活用」』

平成25年7月24日(2本追加)

こうち旬のスポット(モネの庭は花盛り!)

高知県北川村にある「モネの庭マルモッタン」
フランスの画家クロードモネの愛した庭を再現したものです。

この場所ではフランスのモネの庭から譲り受けた色とりどりの
睡蓮が見ごろを迎えています。

「モネの庭のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(モネの庭は花盛り!)


こうち旬のスポット(楽しまんと!はた博 開幕!!)

今年の12月まで開催される「楽しまんと はた博」がついに開幕!
自然に触れ合い、思い出に残る様々なイベントが盛り沢山。
黒潮、清流、里山の恵みを体感しよう!
どこで?何が?いつ?
まずはHPをチェック!

「楽しまんと!はた博のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(楽しまんと!はた博 開幕!!)

平成25年7月22日(1本追加)

おはようこうち「まんが甲子園と県内クリエイターの支援」(平成25年7月21日放送)

多くの著名な漫画家を輩出し、まんがを文化として親しむ県民性を持つ「まんが王国・土佐」。

県では、まんが文化をさらに発展させていくため、高校生が積極的に参加できるイベントとして「まんが甲子園」を主催しています。
今年度の開催は8月3日(土曜日)・4日(日曜日)です。

あわせて、県ではまんがをはじめとしたコンテンツ産業を振興し、県経済の活性化に結び付けるため
県内クリエイターの支援に取り組んでおり、セミナーや個別指導も開催しています。

今回は、「まんが甲子園」に出場する県立山田高校マンガ部の活動と、県による県内クリエイター支援の取り組みを紹介します。

「まんが甲子園のページ」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「まんが甲子園と県内クリエイターの支援」(平成25年7月21日放送)

平成25年7月18日(1本追加)

のいち動物公園「アメミキリンの朝 動物舎から展示場へ」

アメミキリンが、朝動物舎から展示場へ出て行く様子を紹介します。
飼育員が無線で連絡を取り合いながら、2人がかりで送り出します。

サバンナ展示場には、グランドシマウマからセーブルアンテロープ、
アメミキリンの順に送り出します。

これは順位の高い動物が展示場に入ると順位の低い動物が
展示場に出にくくなるためです。

のいち動物公園

平成25年7月17日(3本追加)

「産業振興計画シンポジウム(高幡会場)」

6月7日に、 酒蔵ホール 葉山の蔵で開催された
「飛躍への挑戦!高知県産業振興計画シンポジウム」
 広げよう土佐の産業おこしの「志」
(高幡会場)

知事講演
「飛躍への挑 戦!官民協働による産業の振興」

民間事業者の方々の取り組み事例発表
発表者
・桐島畑 桐島 正一 さん、美郷 さん
・株式会社満天の星 代表取締役 竹村 典徳  さん
・宗田節をもっと知ってもらいたい委員会 徳村 佳代 さん

事例発表の方々とのパネルディスカッション

「産業振興計画シンポジウム(高幡会場)」 「産業振興計画シンポジウム(高幡会場)」

平成25年7月16日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「農業経営の法人化」』(平成25年7月14日放送)

県では、第2期産業振興計画の農業分野において、10年後に農業産出額1,050億円を目指し、
官民一体での取り組みを進めています。

その取り組みのひとつである「農業経営の法人化」。
農業経営力の強化や対外信用力の向上、人材確保など様々なメリットがあることから、県では法人化に向けた支援を行っています。

今回は、実際に農業経営の法人化を行った「有限会社大地の自然の恵み」の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「農業経営の法人化」』


おはようこうち『さんしんGO!「土佐香南まるごと旨市」』

産四万十町広瀬地区を中心に活動する一般社団法人「土佐香南まるごと旨市」。

県東部の香南市観光協会では、香南市をまるごと売り出す市民参加型プロジェクト「香南まるごとプロジェクト」を推進しています。

地場産品が揃うギフトカタログや通販サイトの制作もその中のひとつ。地場産業の発展とともに、
地域の紹介を行うことで香南市及び近接する観光地の宣伝も行っています。

今回は、香南市観光協会が発行するギフトカタログ「土佐香南まるごと旨市」に携わる人々の取り組みを紹介します。

「土佐香南まるごと旨市のページ」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「土佐香南まるごと旨市」』

平成25年7月9日(1本追加)

おはようこうち「少年非行の防止対策」(平成25年7月7日放送)

県内における20歳未満の人口1000人あたりの非行率は、
平成21年から3年連続でワースト1位、平成24年は2位と厳しい状況にあります。

この状況を改善するため、県や教育委員会、警察など少年非行の問題に携わる機関が連携して、
対策や今後の目標を取りまとめたトータル・プラン「高知家の子ども見守りプラン」を策定しました。

県では今後、このプランに基づき、少年非行を防止するための取り組みを進めていきます。

今回は、少年非行の防止対策の一環として、高知市立旭中学校の生徒たちが主体となった活動や、
警察による非行防止教室の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「少年非行の防止対策」(平成25年7月7日放送)

平成25年7月8日(3本追加)

「産業振興計画シンポジウム(仁淀川会場)」

5月24日に、すこやかセンター伊野で開催された
「飛躍への挑戦!高知県 産業振興計画シンポジウム」
 広げよう土佐の産業おこしの「志」
(仁淀川会場)

知事講演
「飛躍への挑戦!官民協働による産業の振興」

民間事業者の方々の取り組み事例発表
発表者
・有限会社手箱 建設 代表取締役 山本 周児 さん
・株式会社屋形船仁淀川 代表取締役 田中 覚 さん
・八重丸水産 中野 陽美  さん

事例発表の方々とのパネルディスカッション

「産業振興計画シンポジウム(仁淀川会場)」 「産業振興計画シンポジウム(物部川会場)」

平成25年7月04日(1本追加)

こうち旬のスポット(映画「県庁おもてなし課」のロケ地を巡ろう!)

高知県公認ガイドブック「県庁おもてなし課」を持って
ロケ地を巡りませんか?

映画のロケ地でありながら、そこは魅力たっぷりの観光スポット!
ガイドブックを片手に高知を楽しみましょう!

「県庁おもてなし課」を読み解く!のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(映画「県庁おもてなし課」のロケ地を巡ろう!)

平成25年7月02日(1本追加)

こうち旬のスポット(写真家・高橋さんが語る仁淀ブルーの魅力)

写真家高橋さんが語る仁淀ブルーの魅力

仁淀ブルーの名付け親でもあり、長年に渡り仁淀川を
撮り続けてきた写真家の高橋宣之さんが仁淀川の魅力を語ります。
仁淀ブルーの旬について教えてくれるかも!?

仁淀川地域観光協議会のページ」もご覧ください。

こうち旬のスポット(写真家・高橋さんが語る仁淀ブルーの魅力)

平成25年7月1日(2本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「ものづくり地産地消センターの取り組み」』(平成25年6月30日放送)

県では、県内で必要とされる機械設備の製造や食品加工などの付加価値を生み出す「ものづくり」の工程を、
できる限り県内で行えるよう「ものづくりの地産地消」に取り組んでいます。

「ものづくりの地産地消」の拠点として平成23年6月に開設した「ものづくり地産地消センター」では、
昨年度400件の相談があり、77件の事業者間のマッチングを行いました。

今回は、開設2周年を迎えた「ものづくり地産地消センター」の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「ものづくり地産地消センターの取り組み」』


おはようこうち『さんしんGO!「いなかパイプ」』

産四万十町広瀬地区を中心に活動する一般社団法人「いなかパイプ」。

都会の若者たちへのインターンシップ斡旋や閉校した小学校を利用したシェア・オフィスの賃貸など、
地域活性化を目指して活動しています。

今回は、「いなかパイプ」による都会と田舎をつなぐ取り組みを紹介します。

いなかパイプのページ」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「いなかパイプ」』

平成25年6月28日(2本追加)

のいち動物公園「ワオキツネザルの赤ちゃん・ブチハイエナ家族展示」

・ワオキツネザルの赤ちゃん

4月18日にのいち動物公園に新しい命が誕生しました。
ワオキツネザルの男の子です。すくすくと成長し、家族の仲睦ましい光景を
見ることができます。

名前は3つの候補(シイバ・ワッカ・リジュン)から公募を行い、
誕生日の4月18日にちなんだ「シイバ」に決定しました。

いつもお母さんの背中にくっついてます。
時折一人で恐る恐る歩こうとする姿も見られます。

・ブチハイエナ家族展示

今年4月、国内初となるブチハイエナの家族展示がスタートしました。
昨年10月に子どもの「とーふ」が生まれ、半年間はお母さんのエナと一緒に生活していましたが、
徐々にお父さんのブッチーとも対面し、3頭一緒に展示場に出られるようになりました。

ブッチーは、初めエナととーふに追いかけられ逃げ回っていましたが、だんだん仲良くなり
今では3頭でじゃれ合っている姿も見られます。

ワオキツネザルの赤ちゃん 「ブチハイエナ家族展示」

平成25年6月27日(2本追加)

「産業振興計画シンポジウム(嶺北会場)」

5月14日に、本山町プラチナセンターで開催された
「飛躍への挑戦!高知県産業振興計画シンポジウム」
 広げよう土佐の産業おこしの「志」
(嶺北会場)

知事講演
「飛躍への挑戦!官民協働による産業の振興」

事例発表の方々とのパネルディスカッション

「産業振興計画シンポジウム(嶺北会場)」 「産業振興計画シンポジウム(嶺北会場)」

平成25年6月25日(3本追加)

おはようこうち「楽しまんと!はた博」 (平成25年6月23日放送)

県西南部の幡多地域では、7月から広域観光キャンペーン「楽しまんと!はた博」を開催します。

このキャンペーンでは、地域の自然を生かした体験型プログラムや、地域文化を感じられる
参加型イベント、大自然がはぐくんだ食材、産物の恵みなど、幡多地域でしか味わえない魅力が満載です。

今回は、土佐清水市竜串のスペシャルプログラムをはじめ、「楽しまんと!はた博」の魅力を紹介します。

「楽しまんと!はた博のページ」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「楽しまんと!はた博」


おはようこうち「南海トラフ地震対策」(平成25年6月16日放送)

県が市町村と連携しながら進めている南海トラフ地震対策。

県では、昨年12月に公表した震度分布・津波浸水予測を基に、高知県版の被害想定を
5月15日に公表しました。
この中には、人的被害や建物被害のほか、県、市町村、県民がそれぞれの対策を進めることで、
被害を確実に減らせることも示しています。

今回は、県が発表した被害想定や、その内容を踏まえて進めていく南海トラフ地震対策について、
知事にインタビューします。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「南海トラフ地震対策」


おはようこうち「魅力ある県産品の地産地消・外商」(平成25年6月9日放送)

県では農林水産業や食品加工分野において、高品質・高付加価値なものづくりや、
販路の拡大に取り組んでいます。

その取り組みの一つとして、5月28日には「高知県地域産品商談会」と「高知県農産物加工相談会」を開催。
数多くの小売業者や食品関連の事業者、生産者が集まり、商談や交流を行いました。

今回は、「高知県地域産品商談会」と「高知県農産物加工相談会」の会場から、
県産品の地産地消・外商を進めるための取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「魅力ある県産品の地産地消・外商」

平成25年6月19日(2本追加)

こうち旬のスポット(映画セットが県庁に!!)

「県庁おもてなし課」の映画セットが
高知県庁内に再現されました。
実際に撮影に使われたセットに触れられ、
映画セットのこだわりやリアルさを体感できます。
高知県の観光パンフレットも手に入ります。

公開期間:2013年4月20日(土曜日)から2013年9月23日(月・祝) 09時00分から16時30分(最終入場16時00分)

こうち旬のスポット(映画セットが県庁に!!)


こうちの憩い(高知県立文学館 有川浩のセカイとコトバ展)

高知県立文学館  有川浩のセカイとコトバ展

数々の作品が映画化されている
高知県出身の作家有川浩さん
注目度抜群の有川さんの生み出す作品のセカイと
読者の心 を魅了するコトバを中心に紹介する企画展
が高知県立文学館で開催されています。

こうちの憩い(高知県立文学館 有川浩のセカイとコトバ展)

平成25年6月18日(3本追加)

「産業振興計画シンポジウム(物部川会場)」

5月13日に、グレース浜すしで開催された
「飛躍への挑戦!高知県産業振興計画シンポジウム」
 から広げよう土佐の産業おこしの「志」から
(物部川会場)

知事講演
「飛躍への挑戦!官民協働による産業の振興」

民間事業者の方々の取り組み事例発表
発表者
・奥ものべじじばばあんぜん会 会長 公文 寛伸 さん
・香南市観光協会 内村 幸子 さん
・株式会社安芸水産 監査役 山本 美栄 さん

事例発表の方々とのパネルディスカッション

「産業振興計画シンポジウム(物部川)」 「産業振興計画シンポジウム(物部川会場)」

平成25年6月13日(2本追加)

平成25年6月7日の知事記者会見

平成25年6月7日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

(知事説明)
「6月議会の議案について」

(記者との質疑)

応答添付資料及びテキストは準備ができ次第掲載します。

平成25年6月7日の知事記者会見

平成25年6月12日(1本追加)

FM高知「聞かせて高知県」(【高知県版】南海トラフ地震の被害想定と被害軽減に向けた取り組み)(平成25年6月6日放送)

今回の放送では、

5月15日に公表された
【高知県版】南海トラフ地震の被害想定と被害軽減に向けた取り組み

について、知事が番組パーソナリティーと対談します。

(注)画像は静止画のみです

FM高知「聞かせて高知県」(平成25年6月6日放送)

平成25年6月6日(1本追加)

平成25年6月4日の知事記者会見

平成25年6月4日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

「高知県プロモーションの実施について」

・尾﨑県知事 挨拶
・コンセプトコピーの発表
・「高知家」についての説明
・高知家応援隊長の就任
・カツオ人間からの質問
・記者との質疑応答
・表札の掲示

平成25年6月4日の知事記者会見

平成25年6月5日(2本追加)

おはようこうち『さんしんGO!!「ドラゴン広場」』 (平成25年6月2日放送)

この施設は、地元商店街の活性化を目的に、スーパーの跡地を活用して整備され、
鮮魚店や地域産品の直販所、飲食店などが出店しています。

今回は、「ドラゴン広場」を活用した、地域の活性化と地域住民の交流に向けた取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「ドラゴン市場」』


おはようこうち『ズームアップ高知「防災関連産業の振興」』

産業振興計画の改定のポイントの1つ、「力強いものづくり産業への体質強化」。

南海トラフの巨大地震への備えと連動させた防災関連産業の振興は、その中のひとつであり、
県では県内企業がつくる防災関連製品の地産地消・地産外商の取り組みを進めています。

今回は、室戸市で防災製品の開発を行う「室戸マリンフーズ」の活動を通して、
防災関連産業の振興の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知ズームアップ高知「防災関連産業の振興」』

平成25年5月30日(1本追加)

平成25年5月15日の知事記者会見

(知事説明)
・【高知県版】南海トラフ巨大地震による被害想定の概要

(記者との質疑応答)

平成25年5月15日の知事記者会見

平成25年5月29日(1本追加)

のいち動物公園「サバンナ展示場の仲間(シマウマ、アミメキリン)」

「「シマウマ」
昨年末、山口県と大阪府からやってきたリク(2才)とミライ(1才)が、
3月2日より公開となりました。

「アミメキリン」
のいち動物公園には、4頭のキリン、メスの「フーピー」「ジャネット」、
オスの「ティファニー」「リンタロウ」がいます。
オス同士はライバル関係になるので、衝突を避けるために、展示場には
オスのティファニーとリンタロウは日替わりで出ています。

おはようこうち「よさこい健康プラン21」(平成25年5月26日放送)

平成25年5月28日(1本追加)

おはようこうち「よさこい健康プラン21」(平成25年5月26日放送)

県では「第2期日本一の健康長寿県構想」の一環として、今年度改訂した「よさこい健康プラン21」による
生涯を通じた健康づくりに取り組んでいます。

特に、「働き盛り世代の健康対策」と「子どもの頃からの健康的な生活習慣定着」の取り組みは
「よさこい健康プラン21」の重点課題です。

今回は、「働き盛り世代の健康対策」の中から喫煙対策や高血圧対策の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「よさこい健康プラン21」(平成25年5月26日放送)

平成25年5月21日(2本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「西宮産業」』(平成25年5月19日放送)

県では、南海地震への備えと連動させた防災関連産業の振興を図っており、県内事業者によって多くの製品が誕生しています。

高知市にある西宮産業も防災関連製品を作る企業の一つで、代表的な製品である
トンネル壁面のコンクリート剥落防止用ネット「フィットメッシュ」は平成24年度高知県地場産業大賞で地場産業賞を受賞しました。

今回は、西宮産業による防災関連製品づくりの取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「西宮産業」』


おはようこうち『ズームアップ高知「集落活動センター」』

地域集落の維持・再生を目指し、県が進める中山間対策。

集落活動センターは地域の廃校や集会所を拠点に、地域住民が課題やニーズに応じた活動を行う
中山間対策の取り組みのひとつです。

今回は、今年3月に黒潮町北郷地区で開設した「集落活動センター北郷」の活動を紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「集落活動センター」』

平成25年5月16日(1本追加)

おはようこうち「移住促進策の抜本強化」(平成25年5月12日放送)

今年度、県では移住促進策の抜本強化に取り組んでいきます。

移住促進によって人口減少の歯止めや地域の担い手確保、経済波及効果などが期待されることから、
県では市町村との連携を強化するとともに、県外の方に向けた段階ごとの取り組みを強化していきます。

今回は、年間移住者500組を目指して進めていく、移住促進の取り組みを紹介します。

UJIターン・移住・田舎暮らしのポータルサイト「高知で暮らす。」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち「移住促進策の抜本強化」(平成25年5月12日放送)

平成25年5月14日(2本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「企画・ど久礼もん企業組合」』(平成25年5月5日放送)

県内外から多くのお客さんが訪れる中土佐町久礼大正町市場。

この市場の課題である高齢化や後継者不足を解決するため、平成19年に「企画・ど久礼もん企業組合」を設立。

地元の魚を使った加工品づくりや雇用の場の創出に取り組んでいます。

今回は、「企画・ど久礼もん企業組合」の取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『さんしんGO!「企画・ど久礼もん企業組合」』


おはようこうち『ズームアップ高知「土佐まるごとビジネスアカデミー(MBA)」』

ビジネスの基礎から応用・実践まで、受講者のニーズやレベルに応じて身に付けられる
人材育成研修「土佐まるごとビジネスアカデミー(MBA)」。

「全国一学びの機会が多い県」を目指して開講したこの研修に、昨年度は延べ1600人以上の方が参加されました。

今年度はカリキュラムの多様化、高度化など、研修内容をさらにパワーアップし、実践者の広がりと実践力の
向上に向けて取り組んでいきます。

今回は、バージョンアップした土佐MBAの取り組みを紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分

おはようこうち『ズームアップ高知「土佐まるごとビジネスアカデミー(MBA)」』

平成25年5月9日(2本追加)

平成25年4月30日の知事記者会見

平成25年4月30日に行われた知事の記者会見を掲載しました。

  • 記者との質疑応答

平成25年4月30日の知事記者会見

平成25年5月8日(1本追加)

おはようこうち「映画を活用した観光の推進」(平成25年4月28日放送)

5月11日(土曜日)に全国東宝系でロードショーされる映画「県庁おもてなし課」。

収録の約9割を高知県内で行い、高知の魅力が詰まったこの映画の公開を高知県観光の
推進に生かそうと、県では県庁本庁舎と議会棟を結ぶ渡り廊下に実際の映画でも使われた
ロケセットを再現。

入場無料で一般公開しているほか、観光ガイドによる県内観光地の案内も行っています。

今回は、映画「県庁おもてなし課」を活用した観光の推進と県内各地のGW観光情報を
紹介します。

高知県の観光情報サイト「よさこいネット」内のロケセット情報」もご覧ください。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分まで

おはようこうち「映画を活用した観光の推進」(平成25年4月28日放送)

平成25年4月26日(1本追加)

おはようこうち『さんしんGO!「室戸ドルフィンセンター」』(平成25年4月21日放送)

「人とイルカとが触れ合い、コミュニケーションをとりながら一緒に楽しむこと」を目指し、イルカのふれあい体験やアニマルセラピーに取り組む室戸ドルフィンセンター。

しかし、混雑時には体験希望者が定員を超えてしまい、体験を断らなければならないこともありました。

そこで、今年4月14日、室戸ドルフィンセンターは施設をリニューアル。施設の充実や飼育するイルカを増やすことで、状況の改善に取り組んでいます。

今回は地域の観光拠点としてさらに発展した室戸ドルフィンセンターの取り組みを紹介します。

室戸ドルフィンセンター」のページもあわせてご覧ください。

(室戸ドルフィンセンター)

平成25年4月25日(1本追加)

おはようこうち『ズームアップ高知「第2期産業振興計画」』(平成25年4月21日放送)

県の経済の活性化を進めるための大きな柱、第2期産業振興計画。

今年度は「移住促進の抜本強化」をはじめとする5つのポイントを中心に改定を行い、大幅なバージョンアップを実施することで、「地産外商が進み、地域地域で若者が誇りと志を持って働ける高知県」を目指して、更なる取り組みを進めていきます。

今回はバージョンアップした第2期産業振興計画について、その概要を紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から7時14分まで

おはようこうち『新年度知事インタビュー』(平成25年4月21日放送)

平成25年4月23日(1本追加)

こうちの春(春のさかな)

(高知といえば…やっぱりカツオ!)
カツオ一本釣りの町・高知県中土佐町で今年も『かつお祭り』が開かれます。
昨年開催されたかつお祭では、県内外から1万6千人もの人たちが訪れ、本場のカツオを堪能しました。

(高知のカツオは空も飛ぶ!?)
日本一の水揚げを誇るカツオ船団を擁する黒潮町では、空飛ぶカツオが人気です。
初夏の青空を彩るのは、こいのぼりならぬ“かつおのぼり”です。
カツオ漁の盛んな町ならではの光景です。
ユニークなこいのぼりですが、高知には他にも驚きのこいのぼりがいるんです。

(清流に泳ぐ紙のこいのぼり!?)
高知県いの町は“土佐和紙の町”
清流・仁淀川を泳ぐこいのぼりは丈夫で破れにくい紙“不織布”で作られています。
毎年ゴールデンウィークに行われるイベント『仁淀川紙のこいのぼり』です。
高知県の清流をぜひご堪能ください。

(カツオのぼり)

平成25年4月18日(1本追加)

おはようこうち『第2期日本一の健康長寿県構想』(平成25年4月14日放送)

県民が住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らし続けることができる高知県を目指し、県では「第2期日本一の健康長寿県構想」を進めています。

これまでの取り組みにより見えてきた成果や課題を検証し、見直しを行った結果、第2期日本一の健康長寿県構想を「バージョン2」として改訂しました。

保健・医療・福祉の各分野の取り組みのバージョンアップに加え、医療機関や社会福祉施設の地震対策などにも取り組んでいきます。

今回は、「日本一の健康長寿県」を目指し取り組みを進める「第2期日本一の健康長寿県構想バージョン2」の概要を紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時から午前7時14分まで

おはようこうち『第2期日本一の健康長寿県構想』(平成25年4月14日放送)

平成25年4月16日(1本追加)

FM高知「聞かせて高知県」(25年度予算運営(2))(平成25年4月4日放送)

今回の放送では、

・25年度予算運営

について、知事が番組パーソリティーと対談します。

(注)画像は静止画のみです。

おはようこうち『新年度知事インタビュー』(平成25年4月7日放送)

平成25年4月11日(1本追加)

FM高知「聞かせて高知県」(25年度予算運営(1))(平成25年4月2日放送)

今回の放送では、

・25年度予算運営

について、知事が番組パーソリティーと対談します。

(注)画像は静止画のみです。

おはようこうち『新年度知事インタビュー』(平成25年4月7日放送)

平成25年4月8日(1本追加)

おはようこうち『新年度知事インタビュー』(平成25年4月7日放送)

平成25年度最初の放送は尾﨑知事へのインタビューです。

5年連続で前年度を上回る4,456億円を確保した当初予算の概要、5つの基本政策や
中山間対策など今年度の主要な取り組みをご紹介します。

おはようこうち」(高知放送) 毎週日曜日 午前7時45分から59分まで

おはようこうち『新年度知事インタビュー』(平成25年4月7日放送)

平成25年4月4日(1本追加)

こうちの春(春の花々)

(印象派の巨匠・モネゆかりの睡蓮)
フランスの画家クロード・モネが愛した睡蓮が水面に浮かんでいます。
その光と色彩は日本の浮世絵に影響を受けたモネの世界を印象づけます。
北川村にあるモネの庭マルモッタンは
モネの愛したフランス・ジヴェルニーの“モネの庭”を再現したものです。
睡蓮に代表されるモネの絵画と同じ風景に高知で出会ってみませんか。

(バラの公園に初夏の陽射し)※枝川公園
いの町にある枝川公園はたくさんのバラが花盛り。
枝全体を覆い隠すように咲き誇るのは『バレリーナ』という名のバラです。
バラの甘い香りに包まれた女性は美人になるという言い伝えが…。
香りが強いのは朝9時頃までとか。
初夏のバラの公園は朝の散歩がおすすめです。

(丹精込めたさつきの彩り)
高知県立牧野植物園で開かれた『さつきまつり』
赤・白・ピンクの色鮮やかなさつきの盆栽約60鉢が並びました。
花物盆栽の代表格とされるさつき。
“山越えて 遠津の浜の 岩つつじ わが来るまでに 含みてあり待て”
万葉集に詠まれた“いはつつじ”はさつきの原種とされています。

(印象派の巨匠・モネゆかりの睡蓮)

平成25年4月2日(1本追加)

四季折々の植物に出会おう!(県立牧野植物園)

高知県立牧野植物園では「五台山花絵巻 四ノ巻 土佐の國の春」を開催中です。(5月12日まで)
「花皿鉢の庭」や「曲水の庭」など五台山の自然が織りなす美しい春の風景を楽しめます。

また四季を通じていろいろな花を楽しめます。

牧野植物園「五台山花絵巻 四ノ巻 土佐の國の春」のページもあわせてご覧ください。

四季折々の植物に出会おう!(県立牧野植物園)

平成25年4月1日(2本追加)

平成25年4月1日の職員への知事講話

平成25年4月1日に行われた職員への知事講話です。

平成25年4月1日の職員への知事講話


平成25年4月1日の新規採用職員辞令交付式

平成25年4月1日に行われた新規採用職員への辞令交付式です。

・辞令交付
・宣誓
・知事あいさつ
 

平成25年4月1日の新規採用職員辞令交付式

連絡先

高知県 総務部 広報広聴課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎2階)
電話: 広報担当 088-823-9046
広聴担当 088-823-9898
ファックス: 088-872-5494
メール: 111301@ken.pref.kochi.lg.jp