平成28年度 「対話と実行行脚」 第10回 馬路村

公開日 2017年03月30日

平成28年度 「対話と実行行脚」 第10回 馬路村訪問実績

日時:平成29年3月14日(火曜日)

視察地

1.馬路診療所視察
2.馬路小中学校視察
3.県道安田東洋線犬吠橋の状況確認
4.魚梁瀬50年記念イベントの活動報告及び地方創生課長を交えた魚梁瀬地区役員との活性化に関する意見交換
5.馬路村デイサービスセンター視察
6.「朝日出山の大杉」の見学
7.馬路村農業協同組合の事業展開について意見交換
8.「馬路村若者座談会」メンバーの活動報告

視察の様子

1.馬路診療所

1.馬路診療所視察

村内唯一の医療機関である、馬路診療所を視察させていただきました。
平成28年2月に新設されたリハビリ棟等を拝見し、災害を想定した研修や講習の取組等について説明いただくとともに、馬路村の医療の状況や課題についてのお話をお伺いしました。
地域に密着した取組と、医療提供から住民サービスの向上を目指すという心強いお言葉に、大変感銘を受けました。

2.馬路小中学校

2.馬路小中学校視察

小中一貫校である、馬路小中学校での学校運営と、「馬路式」お弁当の日の取組内容について説明をいただきました。
教育の課題に対して、小中一貫校であるメリットを活かした小中連携の取組と、とてもおいしそうなお弁当の写真を拝見し、中学校卒業と同時に村を離れる子ども達の自主性や自己管理能力を育てるため、自分で弁当を作る取組についてのお話をお伺いしました。
どちらの取組も、地域との協働により、児童・生徒を育てていく土壌が育まれていることを強く感じ、中山間地域の教育振興の展開に期待が高まりました。

3.犬吠橋

3.県道安田東洋線犬吠橋の状況確認

平成21年6月に国の重要文化財に指定された、県道安田東洋線犬吠橋について、平成28年9月に損壊が確認されて以降、仮設迂回路による通行となっている現状を視察させていただき、今後の対応策などのお話をお伺いしました。

4.魚梁瀬地区

4.魚梁瀬50年記念イベントの活動報告及び地方創生課長を交えた魚梁瀬地区役員との活性化に関する意見交換

魚梁瀬50年記念イベントに合わせて創作された「魚梁瀬ダムカレー」の昼食をいただいた後、魚梁瀬50年記念イベントの活動報告をお聞きするとともに、魚梁瀬地区役員の方々との意見交換をさせていただきました。
「魚梁瀬ダムカレー」の完成度の高さに感銘を受け、魚梁瀬地区の活性化に向けた地域の方の声とその熱い思いに、中山間地域の振興に向けた取組の重要性を再確認するとともに、観光産業を中心とした今後の展開に期待が高まりました。

 

5.馬路村デイサービスセンター

5.馬路村デイサービスセンター視察

村内唯一の介護保険事業所として活動を行う馬路村デイサービスセンターを視察させていただきました。
介護事業の現状やあったかふれあいセンターでの取組についてお話をお伺いし、住民サービスに熱心に取り組まれている姿に感銘を受けました。

6.朝日出山

6.「朝日出山の大杉」の見学

馬路村の天然記念物に指定されている「朝日出山の大杉」まで、森林浴をしながら村公認「むらの案内人クラブ」のガイドの方から大杉の成り立ちなどのお話をお伺いしました。
登山口から徒歩で10分ほどで見られる大杉は、非常に雄大な姿をしており、気軽に訪れることのできる観光資源としての魅力を十分に感じることができました。

7.馬路村農業協同組合

 7.馬路村農業協同組合の事業展開について意見交換

ユズ加工品の製造・販売に取り組み、中山間地域における六次産業化の事業者として有名な馬路村農業協同組合の従業員の方々と、今後の事業展開について意見交換をさせていただきました。
製造ラインの整備やポン酢等のペットボトル化、化粧品の開発、アンテナショップの出店などに積極的に取り組まれている姿勢に感銘を受け、従業員の方々の事業を通した地域振興に対する思いをお伺いできたことは、大変貴重な経験になりました。

8.若者座談会

8.「馬路村若者座談会」メンバーの活動報告

村内の若者同士が事業体の垣根を越えて、村の将来について語り合える環境作りを目的として、平成28年から活動を開始した「馬路村若者座談会」のメンバーの方々から、活動報告をいただきました。
村の次世代を担うメンバーから、率直な意見や現在の課題、今後の展開についてお話をお伺いでき、非常に頼もしく感じました。

連絡先

高知県 総務部 広報広聴課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎2階)
電話: 広報担当 088-823-9046
広聴担当 088-823-9898
ファックス: 088-872-5494
メール: 111301@ken.pref.kochi.lg.jp