梅ノ木ファームによるスギのコンテナ苗栽培の取組について

公開日 2017年08月17日

平成28年度 地域の皆さんの活動(地域支援企画員からの報告)

高知市の取組(高知市ブロック)

 「梅ノ木ファーム」は、高知市鏡梅ノ木集落にある、集落営農組織です。2009年に設立し、それ以前の集落協定のころから都市住民との体験交流などに取り組み、県が進める「こうち型集落営農」のモデル集落となっています。

 同ファームでは、これまで水稲や梅、タケノコなど地域の多様な農産物の作業受託を展開してきましたが、今年度、新たな産業構築の可能性を探るため、杉のコンテナ苗の栽培事業にチャレンジすることにしました。

梅ノ木ファーム2梅ノ木ファーム1

 林業用苗木の栽培については、畑、コンテナのいずれかの培地で苗木を育てる方法に大別されます。コンテナとは多数の苗木を育てる穴が付いた容器で、これを用いて育てた苗をコンテナ苗と呼びます。コンテナ苗栽培は、畑栽培に比べ生産効率が良いなどといった理由から、近年全国的に導入が進められています。

 コンテナ苗の分野では、既に大豊町西峰地区の集落活動センターで事業化が進んでいますが、同ファームでは、西峰地区の取組をモデルとして、まずは試験栽培から始めることにしました。

梅ノ木ファーム3

 地域支援企画員の活動としては、同ファームに対して西峰地区の取組の紹介をすることや、同ファームのメンバーによる西峰地区や香美市の生産者の産地視察を行うなどのサポートを行いました。

 

梅ノ木ファーム4

 また、毎月行われる同ファームの役員会に参加し、試験栽培において必要となるコンテナや種子等の資材の調達支援、また、事業に参加するための資格講習の情報提供等、産地での各種調整を行っています。

 平成29年4月には種を蒔き、その2、3週間後には発芽した苗をコンテナに移し替え、試験栽培をスタートさせる予定です。

 

〈この記事に関するお問い合わせ〉
 高知市地域支援企画員 電話:088-872-5885

連絡先

高知県 産業振興推進部 計画推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当 088-823-9333
成長戦略担当 088-823-9049
地域産業担当 088-823-9334
地方創生担当 088-823-9335
ファックス: 088-823-9255
メール: 120801@ken.pref.kochi.lg.jp