『食のプラットホーム』第2回セミナー&交流会の参加者募集について

公開日 2017年08月08日

「食のプラットホーム」は、県内の食品事業者を核として、ものづくり系企業や生産者、大学などが広く参画するネットワークづくりを進め、商品開発をはじめとする様々な課題解決の仕組みを構築し、食品産業の発展につなげることを目的としております。

第2回目となる今回は、㈱福島屋 代表取締役会長 福島徹氏をお招きし、スーパーマーケット「福島屋」の取組事例から学ぶ消費者を引き付ける商品づくりや高知の食を見つめ直し、食を中心としたコミュニティづくりなどをテーマとするセミナー・交流会を開催します。

食品に携わる皆様にとりまして、地域食材を活用した商品開発、日々変化していく市場の動きや新たなネットワークづくりなど、今後目指すべき姿を考える機会になると思いますので、是非ご参加ください。

 

1.日時・会場

○日時:平成29年9月16日(土)

    セミナー 15:00~17:20

    交流会  17:30~19:30

○会場:高知会館(高知市本町5-6-42)

 ※セミナーは、白鳳(高知会館 2階)で、交流会は、飛鳥(高知会館 3階)で開催します。

2.内容

○第一部:セミナー 15:00~17:20/会場:白鳳(高知会館2階) 

 Ⅰ 基調講演(講演者: ㈱福島屋 代表取締役会長 福島 徹 氏)

○テーマ:『地域コミュニティで解く!「現代版!!商品作り、事業作り方程式」』 
独特の手法で創業以来40年黒字を続けるスーパーマーケット「福島屋」。安全安心でおいしいものの追求、地域密着型など消費者を惹きつける商品づくりのヒントを福島屋の取組から学びます。また、食を本来あるべき形に整える「F-DESIGNプロジェクト」を通して、高知の食を見つめ直し、食を中心としたコミュニティづくりに何ができるかを考えます。

 Ⅱ パネルディスカッション

○テーマ:『高知の食をF-DESIGNする』

食を本来あるべき形に整える「F-DESIGNプロジェクト」を通して、高知の食を見つめ直し、生産者・食品製造加工者・販売者・購入者に何ができるかを考えます。

  ・パネラー:生産者・食品製造加工者・販売者・消費者の各代表、福島 徹 氏

  ・コーディネーター:受田 浩之 氏(国立大学法人 高知大学 副学長)

○第二部:交流会 17:30~19:30/会場:飛鳥(高知会館3階)

 Ⅲ 懇親会 17:30~19:30

   セミナー参加者のネットワーク作りを目指します。名刺交換会、情報交換会等

 Ⅳ 試食試飲会 17:30~18:00

   高知県内の食品について、福島徹氏によるブラッシュアップに向けたアドバイスをいただきます。

3.対象者

食品に関連する事業者、生産者、大学関係者等の皆様

4.講演者紹介

福島 徹 氏(株式会社福島屋 代表取締役会長)

【プロフィール】

1951年東京都羽村市生まれ。スーパーマーケット「福島屋」経営者として40年間、これからの食のあり方を考え、全国津々浦々に赴き、その土地の生活に根ざした食を自分の舌で味わい、自然で健康的な美味しさを発掘してきた。これまで自家栽培農家や製造加工者とのコラボレーションによる福島屋オリジナル商品を多数開発。2014年には都内5店目となる六本木店「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」をオープン。2016年、F-DESIGNプロジェクトをスタート。  

5.参加費

○セミナー:無料
○交流会:5,000円(実費)

以下の案内をご確認いただき、申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールで下記までお申込みください。

【案内】第2回事業者セミナー&交流会について(食のプラットホーム) [PDF:2MB]

6.お申し込み・お問い合わせ先

土佐FBC倶楽部(食のプラットホーム事務局) 

〒781-3406 高知県土佐郡高須305 NPO法人れいほく活性化機構内

担当:高橋、田上

TEL:0887-70-9820 FAX:0887-70-9821 

E-mail:kochi@food-platform.jp

http://food-platform.jp/

 

連絡先

高知県 産業振興推進部 地産地消・外商課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 地産外商 088-823-9753
企画推進 088-823-9738
高知家  088-823-9741
食品加工 088-823-9704
食品産業クラスター 088-823-9770
貿易振興 088-823-9752
ファックス: 088-823-9262
メール: 120901@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード