食のプラットホーム『商品づくりワーキング』の受講者募集について

公開日 2019年06月17日

 「食のプラットホーム」は、県内の食品事業者を核として、ものづくり系企業や生産者、大学などが広く参画するネットワークづくりを進め、商品開発をはじめとする様々な課題解決の仕組みを構築し、食品産業の発展につなげることを目的としております。

 本講座は、商品づくりを実践的に学ぶ個別指導を(小売用2コース、業務用2コース)を継続的に開催し、販路を見据えた商品づくりを支援しますので、ぜひご参加ください(参加料は無料です)。

商品づくりワーキング各コースの概要

コース名:【業務用】首都圏・飲食店向けの商品づくり

内容:商品の大きさや価格など、取り扱う飲食店をイメージして具体的にアドバイス
日時:6月25日(火)・26日(水)、8月20日(火)、10月17日(木)
場所:高知市内、現地訪問
専門家:(株)JEM・淺沼ゆうか氏(首都圏飲食店向け卸会社

コース名:【業務用】外食・中食向けの商品づくり

内容:飲食店や惣菜店などへの取扱いに向け、レシピ開発や加工具合の調整についてアドバイス
日時:7月9日(火)、9月10日(火)・11日(水)、11月28日(木)
場所:高知市内、現地訪問
専門家:(株)キッチンエヌ・中村新氏(大手飲食店等への商品開発支援)

コース名:【小売用】質販店向けの商品づくり

内容:地域の素材・特性を活かし、トレンドも踏まえた商品磨き上げに対してアドバイス
日時:7月17日(水)・18日(木)、9月17日(火)、11月6日(水)
場所:高知市内、現地訪問
専門家:(株)五味商店・寺谷健治氏(こだわりスーパー向け卸会社)

コース名:【小売用】添加物不使用の商品づくり

内容:食品添加物を使わないこだわり商品を作るため、代替品の紹介やより良い原材料についてアドバイス
日時:9月2日(月)・3日(火)、1月10日(金)
場所:高知市内、現地訪問
専門家:こだわり味協同組合・冨永昌良氏(無添加商品の卸会社)

【各コースの進め方】

1回目:商品企画書・試作品などを説明。改良点などをアドバイス。
2回目(2ヶ月後):現地訪問。前回アドバイスへの対応を説明。さらなる改良点などをアドバイス。
3回目:アドバイスなどを踏まえ商品化。

 

参加事業者の募集について

・各コースの詳細及び応募条件は以下よりご確認ください。

商品づくりワーキング概要[PDF:231KB]

商品づくりワーキング募集要領[PDF:111KB]

・お申し込み書にご記入のうえ、以下のお申し込み先にご送付ください。

商品づくりワーキング申込書[XLSX:15KB]

 (お申し込み先) 高知県産業振興推進部 地産地消・外商課

            担当 大崎・矢野

            (〒780-8570)高知市丸ノ内1-2-20

            TEL:088-823-9704

            Mail:120901@ken.pref.kochi.lg.jp

連絡先

高知県 産業振興推進部 地産地消・外商課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 地産外商 088-823-9753
企画推進 088-823-9738
高知家  088-823-9741
食品加工 088-823-9704
食品産業クラスター 088-823-9770
輸出振興室 088-823-9752
ファックス: 088-823-9262
メール: 120901@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード