感染症

公開日 2010年03月03日

保健所で行っている検査

エイズ検査・相談

検査も相談も無料、匿名で受けられます。検査は必ず予約が必要です。(受け付は前週の金曜日まで

検査の受付と相談は、専用電話0887−52−4594で受け付けています。性器クラミジアの検査も同時にできます。検査日程は次のとおりです。

・ 昼の部は、毎月第1、第3木曜日の13時から15時です。

・ 夜の部は、毎月第1木曜日の17時30分から18時30分です。

電話相談は月曜日から金曜日までの祝日を除く8時30分から12時までと、13時から17時までです。詳しいことはお電話でお問い合わせください。

 

肝炎検査

無料で受けられますが、必ず予約が必要です。(受付は前週の金曜日まで)。電話番号は、0887−53−0297です。

対象者は、県内に住民票のある方で、これまでに検査を受けたことがない方です。検査日程は、毎月第1、第3木曜日の13時から15時です。詳しいことはお電話でお問い合わせください。

 

感染症について

 

蚊媒介感染症

 

 蚊が媒介する感染症に注意しましょう。

 蚊は、デング熱やジカウイルス感染症などの感染症を媒介することが知られています。ただし、すべての蚊が病原体をもっているわけではありません。

 感染を予防するためには、蚊に刺されないことが重要です。また、蚊を増やさないための対策も大切です。

    詳しくは蚊が媒介する感染症に注意しましょう[PDF:209KB]を参照してください。

 

インフルエンザ

 

 インフルエンザの予防には手洗いが有効です。また、罹った人は、周囲にうつさない為にマスクの着用や咳エチケットを心がけましょう。新型インフルエンザをはじめとする感染症については、次のページを参考にして下さい。

*高知県庁内リンク(いづれも新規ウインドで開きます) 
 健康対策課のトップページへ     新型インフルエンザ、肝炎、結核等感染症に関すること。

 危機管理・防災課のトップページへ   
   新型インフルエンザ等危機管理に関すること。

*外部リンク(新規ウインドで開きます) 厚生労働省(感染症情報)のページへ

 

結核

作成中です。

 

 

ノロウィルス

 

ノロウィルスは、冬場を中心に発生する感染性胃腸炎の原因となるウィルスです。感染力が非常に強く、ごく少量のウィルスでも口から体内に入ることで感染します。特に乳幼児や高齢者は、症状が重くなることがあります。感染の予防には手洗いが大事です。感染予防策については、次のページを参考にして下さい。

※外部リンク(新規ウィンドで開きます)国立感染症研究所(感染症情報センター)のページ

 

麻しん

 

麻しんは、麻しんウイルスから感染するもので、感染力が非常に強い病気です。感染方法は空気感染(=発病者から遠く離れていても感染する場合がある)で、

予防方法は唯一、予防接種で免疫を獲得することです。マスクでの予防が難しい病気です。

10~12日間 2~4日間 3~4日間 3~4日間

潜伏期(感染はしているが、

症状がない時期)

38℃前後の発熱が続く。

倦怠感(小児の場合は不機嫌な状態)があり、

・咳・鼻みず、くしゃみ

・結膜炎症状

・コプリック斑(口の中に白いプツプツ)

感染力が一番強い時期

いったん熱が1℃程度下がるが、

半日程度でもう一度高熱が出る。

それとともに発疹がでる。

だんだんと熱が下がり、回復してくる。

発疹は色が薄くなるが、しばらくは痕が残る。

日本の発生数は次第に減少していますが、いまだに大人を巻き込んだ入院患者や死亡者の発生が各地で続いている状況です。特に20代~30代の若い世代が麻しんにかかることも多くなっています。発熱の後に発疹が出る病気は麻しん以外にもありますので、あわてず病院に行くようにしてください。

麻しんはワクチンにより発病を予防できる代表的な病気で、世界各国ともワクチンの普及により麻しんを少なくする取組がなされています。日本でも、厚生労働省が2012年までに日本から麻しんを無くすことを目的として「麻しん排除計画」を策定し実施されています。対象時期には麻しんの定期予防接種が無料で受けられます。対象者は、満1歳児、小学校入学前1年間の者、中学1年生、高校3年生です。なお、中学1年生と高校3年生は2012年までの実施です。

 

予防接種について

 

予防接種

麻しんや百日咳のような感染症の原因となるウィルスや細菌、または菌が作りだす毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、これを体に接種して、その病気に対する抵抗力を作ることを予防接種をいいます。

予防接種には、法律に基づく定期予防接種と、それ以外の任意で受ける予防接種があります。定期予防接種は、主に抵抗力の弱い乳幼児を対象に時期を定めて行われます。対象者は無料で受けられますので、詳しいことはお住まいの市町村にお問い合わせください。その他の予防接種については、電話0887−53−3190までお問い合わせください。


中央東福祉保健所のトップページに戻る

連絡先

高知県 健康政策部 中央東福祉保健所
住所: 782-0016 高知県香美市土佐山田町山田1128番1号
電話: 総務保護課(総務) 0887-53-3171
総務保護課(保護) 0887-53-0045
地域支援室 0887-53-0298
健康障害課(健康・母子) 0887-53-3172
健康障害課(障害) 0887-53-3173
健康障害課(感染症) 0887-53-0297
衛生環境課(食品保健) 0887-53-3190
衛生環境課(医事・環境) 0887-52-0004
(エイズ相談専用)0887-52-4594
ファックス: 0887-52-4561
メール: 130112@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード