所報 第61号(2015)

公開日 2014年11月18日

第61号(2015)

所報 表紙

諸  言

 平成26年度に当衛生研究所が行った調査研究の成果と、行政依頼や感染症発生動向調査事業を主とする保健衛生に係る検査や測定結果の概要を高知県衛生研究所報第61号として、取りまとめました。ご一読いただき、ご意見・ご助言をいただければ幸いです。
 さて、本年5月から6月に韓国で多数の患者が発生し、本邦への上陸が懸念されました中東呼吸器症候群(MERS) への対応、また、昨年度の西アフリカ地域におけるエボラウイルス病の流行や、70年ぶりに発生したデング熱の国内での流行への対応等、地域や国の枠を超えて人的・物的交流が行われる現代社会において、新興・再興を含む感染症や食品・医薬品、自然毒等による健康被害を最小限に抑え込むための活動が地方衛生研究所に求められています。
 こうした社会ニーズに的確に対応するためには、平常時における正確かつタイムリーな試験検査や調査研究の積み重ねと技術レベルの向上を通じて、健康危機事象発生時に迅速に原因を特定し、医療機関や関係行政機関等が必要な措置を講じるための技術の研鑽や次世代職員への伝承、更には、機器の整備や情報の収集と提供がこれまで以上に必要となっています。
 このため、本年度から日常業務や調査研究事業を通じた技術の研鑽等のソフト面の対策に加えて、ハード面についても、南海トラフ巨大地震発生時にもその機能を維持し、県民の安心、安全を守る使命を果たすことを目的として、免震構造を取り入れた庁舎の改築を実施することとなりました。
 平成27年度はまず、老朽化した機械室や自走式駐車場を撤去し、完成後には当所が移転する予定の第1期棟の建設工事が平成29年1月を竣工予定として開始されました。
 また、その後に工事が予定されている第2期棟の完成に併せ、将来的には現在高知市桟橋通にある高知県環境研究センターとの合同庁舎として、施設や機器の拡充を図り、研究機関としての機能の強化をさらに進めてまいります。
 今後も、様々な取り組みを通じて、県民の安心・安全を守るため、検査研究機能の強化とその信頼性の確保に努め、迅速かつ正確な健康情報の発信に努めてまいりますので、皆様の忌憚のないご意見を賜りますよう、お願い申し上げます。

平成27年10月吉日
高知県衛生研究所長  岡林 康夫

調査研究報告

No 課  題 担当者

高知県におけるマダニ相および日本紅斑熱リケッチア調査

戸梶 彰彦・森光 俊晴・松本 道明・岡林 康夫・安藤 徹

保育施設における感染症拡大の予防並びに意識向上につなげるための研究

金山 知代・高橋 富世・戸梶 彰彦・松本 道明・岡林 康夫・安藤 徹

資料

No

課  題

担当者

高知県における感染症流行予測調査-2014年-

依光 昇子・谷脇 妙・戸梶 彰彦・松本 道明・岡林 康夫・安藤 徹

高知県におけるシロサバフグ、クロサバフグの毒性検査結果について(平成17年度~平成26年度)

影山 温子・林 奈保・德橋 慎介・小松隆志・平松 佐穂・荒尾 真砂

高知県の環境放射能調査-第29報 平成26年度-

林 奈保・德橋 慎介・影山 温子・植村 多恵子・平松 佐穂・髙宮 真美・岡林 理恵

 


 

各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。

 

連絡先

高知県 健康政策部 衛生研究所
住所: 〒780-0850 高知市丸ノ内2丁目4番1号 保健衛生総合庁舎
電話: 総務企画課 088-821-4960
保健科学課 088-821-4963
生活科学課 088-821-4964
ファックス: 088-872-6324
メール: 130120@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード