高知県感染症発生動向調査事業に係る「感染症発生動向調査検査依頼票」様式等の変更について

公開日 2016年05月02日

高知県感染症発生動向調査事業に係る「感染症発生動向調査検査依頼票」様式等の変更について

 

1 病原体定点区分ごとの対象感染症及び、検体提出頻度について

 平成28年4月1日より病原体定点区分ごとの対象感染症及び、検体提出頻度を下表のとおりとさせていただきます。

病原体

定 点

医療機関

 

季節性インフルエンザ定点

小児科定点

眼科定点

基幹定点

 

 

 

インフルエンザ

(インフルエンザ様疾患を含む)

1)RSウイルス感染症

2)咽頭結膜熱

3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

4)感染性胃腸炎
5)水痘
6)手足口病
7)伝染性紅斑
8)突発性発疹
9)百日咳

10)ヘルパンギーナ

11)流行性耳下腺炎

1)急性出血性結膜炎

 

2)流行性角結膜炎

1)細菌性髄膜炎

 

2)無菌性髄膜炎

 

流行期

非流行期

内 科

毎週1検体

毎月1検体

小児科

上記の11対象疾病のうち概ね4疾病から月にそれぞれ少なくとも1検体

眼 科

必要に

応じて

基 幹

必要に

応じて

    ※対象の患者が発生しなかった場合は、検体提出の必要がありません。
       ただし、季節性インフルエンザ病原体定点医療機関におきましては、流行期は毎週、非流行期においては毎月最低限の検体数の提出にご協力お願いします。
    ※1週あたりの衛生研究所受け入れ総検体数が20検体を超えた場合、提出検体数の多い医療機関に次週の提出数についてご相談させていただく場合がありますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

 

2 感染症発生動向調査検査依頼票の変更点について

  (1) 患者氏名欄の廃止
           患者氏名欄を廃止しID(医療機関の患者の管理番号等)欄としました。
     ※検体容器へも同一のIDを赤色太字でご記入下さい。

  (2) 臨床報告欄に季節性インフルエンザ病原体定点記入欄を追加
           従来の「インフルエンザ定点(小児科・内科)」が見直され、新たに「季節性インフルエンザ定点」を指定しました。
           この見直しに併せて、「季節性インフルエンザ定点」医療機関に記入していただく欄を追加しています。

  (3) 臨床診断名を各定点医療機関種別に分類し、小児科定点に臨床診断名を追加
          従来は臨床診断名で一括りにしていた記入欄を「小児科病原体定点」「眼科定点」「基幹定点」の定点別に分類したうえで、小児科定点の臨床診断名に「RSウイルス感染症」「伝染性紅斑」「突発性発しん」の3疾患を追加しました。

 

3 感染症発生動向調査検査依頼票用紙について
     以下よりダウンロードいただけます。

  ・感染症発生動向調査検査依頼票(Excel形式)            感染症発生動向調査検査依頼票(Excel形式)

  ・感染症発生動向調査検査依頼票(PDF形式)              感染症発生動向調査検査依頼票(PDF形式)

  ・感染症発生動向調査検査依頼票記載例(PDF形式)   感染症発生動向調査検査依頼票記載例(PDF形式)

 

連絡先

高知県 健康政策部 衛生研究所
住所: 〒780-0850 高知市丸ノ内2丁目4番1号 保健衛生総合庁舎
電話: 総務企画課 088-821-4960
保健科学課 088-821-4963
生活科学課 088-821-4964
ファックス: 088-872-6324
メール: 130120@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード