日本脳炎ウイルス感染の注意報発令について

公開日 2018年08月17日

 高知県では、厚生労働省が実施する感染症流行予測調査事業として、毎年6月頃から9月頃まで、県衛生研究所でブタの血清中の日本脳炎ウイルスに対する抗体を測定し、日本脳炎ウイルスのまん延状況を調査しています。

 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを媒介する蚊(コガタアカイエカ)が、ウイルスに感染したブタの血液を吸血した後、さらにヒトを刺すことによりヒトが感染し、重篤な脳炎を発症する疾患です。なお、日本脳炎ウイルスがヒトからヒトへと感染することはありません。

 今回、8月14日に採取したブタの血清検査から、検査したブタの50%以上が日本脳炎ウイルスに感染していることが判明しました。

 このため県内における、ヒトに対する感染の危険性を否定できませんので、県民の皆様に注意喚起します。

 1 検査結果

   県内のと畜ブタ10頭から採取した検体について、日本脳炎ウイルスに対する抗体検査を実施した。

採血月日     HI抗体陽性率 流行地域判定の基準

8月14日

80 %

検査したブタのうち抗体陽性となったものが全体の50%以上かつ、新鮮感染抗体を有するブタが検出された場合

 2 全国の患者発生状況(平成30 年8月17日現在)

   患者発生:なし  

 3 高知県の過去の患者発生状況

   日本脳炎患者は全国で毎年数名発生しておりますが、県内では過去5年間での発生はありません。

 4 予防対策と注意事項

  (1)蚊(コガタアカイエカ)に刺されないように注意する。

  (2)予防接種を受ける。

 平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種については接種差し控えとなっていましたが、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。定期の接種対象者 のお子様は接種するようにしてください。

  定期予防接種についてはこちら →  定期の予防接種を受けましょう! 

連絡先

高知県 健康政策部 健康対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: がん・企画担当 088-823-9674
難病担当 088-823-9678
感染症担当 088-823-9677
周産期・母子保健推進室 088-823-9659
ファックス: 088-873-9941
メール: 130401@ken.pref.kochi.lg.jp