市町村本庁舎の受動喫煙防止対策について

公開日 2015年09月18日

 健康増進法第25条では「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理するものは、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」こととされ、本県においても公共的な空間の全面禁煙を推進しています。

 このたび、市町村本庁舎(官公庁)における受動喫煙防止対策の実施状況について取りまとめましたので公表します。

1.建物内禁煙を実施している市町村(27市町村)

室戸市、安芸市、須崎市、土佐清水市、香美市、東洋町、奈半利町、田野町、安田町、北川村、馬路村、芸西村、本山町、大豊町、土佐町、大川村、いの町、仁淀川町、佐川町、越知町、梼原町、日高村、津野町、四万十町、大月町、三原村、黒潮町

2.建物内に喫煙室がある市町村(7市町)

高知市、南国市、土佐市、宿毛市、四万十市、香南市、中土佐町

※建物内禁煙の取組予定

(1)今後、建物内禁煙に取組む予定

【香南市】 

本庁舎は、庁舎整備に伴い建物内禁煙を実施するものとし、喫煙室(完全分煙)を撤去する。分庁舎で建物内に喫煙室があるものについても、本庁舎の整備にあわせて廃止する。
(取組時期:平成31年4月頃)


【土佐市】 

庁舎全面禁煙とし、喫煙室を屋上に設置するなどの措置を行う。
(取組時期:平成28年4月頃)


【中土佐町】 

庁舎全面禁煙とし、喫煙室を屋外に設置するなどの措置を行う。 
(取組時期:平成27年10月1日予定)

 

(2)建物内禁煙を検討中

【四万十市】

支所では完全禁煙を実施しているが、本庁舎では完全に壁で仕切った喫煙室を設け、分煙の取扱いをしている。しかしながら、喫煙室の扉の開閉時に煙が漏れるなど完全分煙ではないとの指摘も受けていることから、現状の施設を利用した完全分煙化の可能性を探り、場合によっては建物内全面禁煙について検討したい。
(検討内容取りまとめ時期:平成29年3月頃)

 

(3)喫煙室の撤去予定なし

【高知市】

当市では、喫煙可能区域を設ける空間分煙によって受動喫煙防止に努めています。健康増進法及び労働安全衛生法の趣旨に沿い、定期的な効果測定を実施しながら、庁舎の実情に応じた効果的な受動喫煙防止措置を講じていくこととしており、現時点では建物内全面禁煙の取組予定はありません。


 【南国市】

喫煙者のニーズが一定存在する現状では、庁舎内に喫煙場所を設置せざるを得ないと考えており、当面、喫煙者に理解と協力を求めながら分煙を徹底することで対応したい。


【宿毛市】

本庁舎については、人の往来の少ない階に喫煙室を設置することで、すでに完全分煙を実施しており、分庁舎については、建物内全面禁煙を既に実施しているため。

 

 

平成27年8月現在

連絡先

高知県 健康政策部 健康長寿政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎4階)
電話: 企画調整担当 088-823-9666
庁舎整備担当 088-823-9666
健康長寿県づくり担当 088-823-9683
よさこい健康プラン21推進室 088-823-9675
ファックス: 088-823-9137
メール: 131601@ken.pref.kochi.lg.jp