受動喫煙対策について

公開日 2019年01月24日

たばこは、喫煙者本人だけではなく、受動喫煙によりたばこを吸わない周囲の人々の健康にも影響を与えます。我が国では、受動喫煙が原因で、1万5千人が死亡していると推計されています。

こうした状況を受け、受動喫煙について、健康増進法(平成14年法律第103号)に基づき対策を進めてきたところですが、今般、「改正健康増進法」が成立し、平成30年7月25日に公布されました。

2020年4月1日の全面施行まで、段階的に施行されますが、第一段階として、国及び地方公共団体の責務等にかかる規定が平成31年1月24日から施行されます。

  改正健康増進法の詳細はこちら  ⇒ 厚生労働省のホームページ

 

高知県の状況

         喫煙率の推移                  年代別の喫煙率

  

    非喫煙者が受動喫煙の機会を有する割合                                  

  

    健康増進法25条(旧法)に規定されている施設の建物内禁煙実施状況

  

 

 

 

 

 

連絡先

高知県 健康政策部 健康長寿政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎4階)
電話: 企画調整担当 088-823-9666
庁舎整備担当 088-823-9666
健康長寿県づくり担当 088-823-9683
よさこい健康プラン21推進室 088-823-9675
ファックス: 088-823-9137
メール: 131601@ken.pref.kochi.lg.jp