高知県糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改訂について(H31.1)

公開日 2020年02月25日

  高知県では、医療保険者による糖尿病性腎症重症化予防の取組を一層推進していくため、高知県医師会・高知県糖尿病医療体制検討会議・高知県の三者で「高知県糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を平成30年1月に策定しましたが、糖尿病治療において歯周病対策が重要となることから、早期の医科歯科連携などを追加するプログラムの改訂を行いました。

プログラム策定の背景 

 糖尿病が重症化すると、網膜症や腎症などの合併症を引き起こし、患者の生活の質を著しく低下させるだけでなく、医療経済的にも大きな負担となることが問題となっています。
 高知県には、平成27年末現在で約2,300人の人工透析患者がおり、平成27年に新たに透析が必要となった患者のうち、糖尿病性腎症の患者は約4割を占めています。このため、県民が地域で健康に暮らしていくためには、県内の医療関係者や保険者等が協力して糖尿病の重症化を予防する取組を進めることが重要となっています。

プログラム策定の目的

 糖尿病が重症化するリスクの高い医療機関未受診者・治療中断者を適切な受診勧奨によって医療に結びつけるとともに、糖尿病で通院する患者のうち、腎症が重症化するリスクの高い者に対しては、適切な時期に病診連携を行うことや保険者と医療機関が連携した保健指導等を行い、人工透析導入につながる腎症の重症化を予防し、県民の健康増進及び医療費の適正化を図ることを目的としています。

プログラムの対象者及び介入方法

・医療機関未受診者及び治療中断者に対し、受診勧奨及び保健指導を行います。(個別面談・個別訪問、電話、手紙送付など)

・糖尿病で通院する患者のうち、腎症が重症化するリスクの高い者に対し、対象者の状況に応じ医療と連携した保健指導等を行います。

平成31年1月の主な改訂内容について

・本文・・・ 関係者間の連携に歯科医師会等の役割を追加

・様式・・・ 「様式2プログラム連絡票イ」の様式見直しなど

・参考資料の追加

 

高知県糖尿病性腎症重症化予防プログラム(H31.1改訂版)[PDF:918KB]

     連絡票様式[DOCX:36KB] 

      情報提供書様式[DOCX:22KB]  

   高知県糖尿病性腎症重症化予防プログラム_参考資料[PDF:3MB] 

   (別表1)外来栄養食事指導協力医療機関一覧(令和2年2月現在)[PDF:134KB]

   慢性腎臓病(CKD)の診療可能な医療機関一覧(令和元年11月現在)[PDF:96KB]

 

医療機関向け活用ガイド[PDF:3MB]

  01 活用ガイド(A3二つ折り印刷用)[PDF:4MB]

  02-1中とじ資料(片面印刷1枚目)[PDF:106KB]

  02-2中とじ資料(両面印刷2枚目~6枚目)[PDF:349KB]

 

 慢性腎臓病_病期と対策[PDF:3MB]

     ・糖尿病腎症の指導にご利用いただけます。

     ・病期ごとに必要な対策をシンプルにまとめ、各対策ごとの目標や注意点を記載しています。

連絡先

高知県 健康政策部 国民健康保険課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎4階)
電話: 国保指導担当088-823-9646
国保財政担当088-823-9644
高齢者医療担当088-823-9629
保険医療担当088-823-9645
ファックス: 088-823-9137
メール: 131801@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード