牛海綿状脳症(BSE)の検査について

公開日 2017年12月07日

平成29年4月1日から、と畜場における健康牛のBSE検査が廃止となりました。

 

 

 平成13年に日本国内で初のBSE感染牛が確認されて以降、全国の食肉衛生検査所では、と畜場で処理される全ての牛についてBSEスクリーニング検査(以下「BSE検査」という。)を実施してきましたが、BSE発生リスクの低下に伴い、定期的に国内のBSE対策の見直しがなされ、平成25年7月からは、生後48か月齢超の牛についてBSE検査を行ってきました。

 そして、さらに見直しがなされ、平成29年2月13日付けで厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則が改正され、平成29年4月1日から健康牛のBSE検査を廃止することとなりました。

  日本では、平成14年1月生まれの牛を最後に、15年にわたりBSEの発生は確認されていません。

 なお、引き続き、24か月齢以上の牛のうち、生体検査において原因不明の神経症状又は全身症状を示し、疾病鑑別の観点から検査が必要である(BSEである可能性を排除できない)場合は、BSE検査を実施します。

 ※平成25年5月、日本はOIE国際獣疫事務局から、BSEの「リスクが無視できる国」に認定されています。

高知県の食肉衛生検査所における検査結果 H29、11月分[PDF:72KB]

連絡先

高知県 健康政策部 食品・衛生課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎4階)
電話: 食品保健担当 088-823-9672
動物・水道担当 088-823-9673
生活衛生担当 088-823-9671
ファックス: 088-823-9264
メール: 131901@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード