健康被害発生後も継続利用を勧められる美容・健康商品等 ~「好転反応」等といわれても、健康被害が出たら利用を一旦中止しましょう!~

公開日 2014年12月16日

 美容・健康商品等を利用して健康被害が発生した後に、事業者から「好転反応」等の文言を使って継続利用を勧められ、更に状態が悪化したといった情報が、消費者庁に100件寄せられています(平成26年10月末現在)。
 健康被害が発生した商品等の利用を継続した場合、症状が大幅に悪化する可能性もあるため、商品の利用を一旦中止し、医師に相談することが重要です。
 このため、消費者被害の発生又は拡大の防止を図るため、消費者庁から消費者安全法(平成21年法律第50号)第38条第1項の規定に基づく情報提供がありました。
 美容・健康商品等を使用して健康被害が発生した場合は、「好転反応」等といわれても、商品の利用を一旦中止し、医師に相談するようにしてください。

 詳しい内容は、次の消費者庁ホームページをご覧ください。

 健康被害発生後も継続利用を勧められる美容・健康商品等

 

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 県民生活・男女共同参画課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 消費生活担当 088-823-9653
生活安全担当 088-823-9319
女性の活躍推進室 088-823-9651
NPO担当 088-823-9769
ファックス: 088-823-9879
メール: 141601@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード