平成30年度年末年始の交通安全運動

公開日 2018年11月09日

平成30年度年末年始の交通安全運動

「平成30年度年末年始の交通安全運動」を「平成30年12月6日(木曜日)から平成30年12月15日(土曜日)」と「平成31年1月8日(火曜日)から平成31年1月17日(木曜日)」に実施します。

平成30年度年末年始の交通安全運動啓発チラシ[PDF:469KB]]

《運動の目的》

 年末年始は、交通量の増加や飲酒の機会が多くなるなどを原因として、交通事故の多発が予想されることから、県民一人ひとりが交通安全に対する意識を高め、交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践し、安全で安心な人にやさしい交通環境をつくることにより、交通事故を防止することを目的とします。

《運動の進め方》

  関係機関・団体は、相互の連携を密にして、地域の実情に応じた実効性のある運動、住民参加型の運動を実施するとともに、その効果が本運動終了後も持続できるように努めます。
 また、各種広報啓発活動を通じて、この運動が県民総ぐるみの運動として、幅広い層に浸透し、実践されるように努めます。

平成30年度年末年始の交通安全運動実施要綱[PDF:114KB]

【交通安全運動の重点目標】

1 子供と高齢者の交通事故防止
  ●運転者は子供や高齢者を見かけたら、思いやりのある運転をする。
  ●子供と高齢者は、道路を横断する際には、必ず安全を確かめる。
  ●高齢運転者は、高齢運転者標識の表示や昼間の前照灯点灯を行う。
  ●外出時は反射材等の着用を行う。

2 飲酒・暴走運転の根絶
  ●運転するなら酒を飲まない。
  ●酒を飲んだら運転しない。
  ●運転する人に酒をすすめない。
  ●酒を飲んだ人に運転させない。

3 自転車の安全利用の促進
  ●自転車は車道が原則であり左側を通行、歩道は例外
  ●歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  ●携帯電話を使用しながら運転しない。
  ●暗い時間は無灯火で運転しない。
  ●子供はヘルメットを着用

4 歩行者の保護
  ●運転者は「人に優しい運転」と「思いやり運転」を心がける。
  ●車両の直前直後の横断や飛び出しをしない。
  ●道路を横断する時は、信号機や横断歩道がある場所で、左右の安全を確かめてから渡る。
  ●薄暮時や夜間に外出する時は、明るく目立つ服や反射材を利用する。

 

 

 

 

   

担当

高知県文化生活スポーツ部県民生活・男女共同参画課 生活安全担当
   電話    088−823−9319
   ファックス 088−823−9879

 

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 県民生活・男女共同参画課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 消費生活担当 088-823-9653
生活安全担当 088-823-9319
女性の活躍推進室 088-823-9651
NPO担当 088-823-9769
ファックス: 088-823-9879
メール: 141601@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード