こんな事故が!事故事例集

公開日 2009年03月20日

交通事故の事例

 平成25年(1月から12月)、全国では62万9,021件の交通事故が発生し、4,373名の尊い命が失われ、78万1,494名の方々がケガをされました。 高知県内でも、2,959件の交通事故が発生し、死者が42名、ケガをされた方は3,310名を数えています。
 ここには交通事故の事例を掲載しています。ちょっとした気のゆるみと不注意が、大きな事故を呼びます。 交通事故は、被害者も加害者も、そしてそれぞれの家族にとっても、物心両面にわたって大きな負担となります。
 交通事故を起こさないためにも、遭わないためにも、交通法規を守りましょう。 


目次
1.自宅駐車場での事故 2.賠償金額が大幅に減額された自転車死亡事故 3.原付が駐車車両に衝突 4.薄暮時の高齢歩行者の事故 5.シートベルトは自分のためだけではありません 6.チャイルドシートの必要性
7.後部座席のシートベルトの必要性
(平成20年6月から全席シートベルトが義務化されました!)
8.飲酒運転で同乗者を死亡させてしまった 9.夜間の自転車事故 10.自転車が加害者となった事故 11.横断禁止場所を横断中に事故にあった 12.薄暮時の飛び出し事故

 



 

 

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 県民生活・男女共同参画課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 消費生活担当 088-823-9653
生活安全担当 088-823-9319
女性の活躍推進室 088-823-9651
NPO担当 088-823-9769
ファックス: 088-823-9879
メール: 141601@ken.pref.kochi.lg.jp