スポーツシンガポールと2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の事前合宿に向けた覚書を締結しました。

公開日 2018年04月26日

 平成30年4月20日、高知県とスポーツシンガポールは「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてのシンガポール選手団の準備のための協力関係樹立を目的とした覚書」を締結しました。

 この覚書では、シンガポールが、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて事前合宿を行うための両者の協力関係の枠組みを定めるとともに、スポーツ振興において、コーチ、選手および役員が文化活動など他分野での活動に参加できるよう、相互に努力・協力をすることが盛り込まれています。

 

 「スポーツシンガポール」は、シンガポールのスポーツ振興を目的とする国家機関で、その傘下に組織されているシンガポールスポーツインスティチュートを通じて、同国の選手が国際的な競技会で優秀な成績をおさめることができるよう、スポーツ医科学面などから、選手の育成及びコーチへの支援を広範囲に渡って提供しています。

 

CIMG4410

門田 登志和 文化生活スポーツ部長(右)

トォ・ブン・イ  シンガポールスポーツインスティチュート チーフ(左)

CIMG4434

右から、伊藤博明(教育長)、門田登志和(文化生活スポーツ部長)、トォ・ブン・イ(シンガポールスポーツインスティチュートチーフ)、チャン・ホック・ウォン(スポーツシンガポール副最高経営責任者)

 

CIMG4447

CIMG4441

今後、覚書を基にしたシンガポール選手団の事前合宿に向けた具体的な話し合いを行う予定です。

 

 

 

 

 

 

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 スポーツ課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号
電話: 088-821-4712
メール: 141801@ken.pref.kochi.lg.jp